塾での日々

2020年9月14日 (月)

学びには段階がある

英単語をほとんど知らない人が英文を正しく読むことが不可能なように、学習には段階があります。いきなり高いところに到達することはできません。このことをまず理解してください。そうでないと、「自分が学びたかったこととは違う」とか「だまされた」とか、そういうことを言い出す輩に成り下がります。

率直に申し上げて、本当にゼロから教えてくれる塾や予備校は存在しません。一関学習塾には小4から入塾できますが、それだって小3までの内容がある程度身に付いていることが前提となっています。塾や予備校に入ったからそれで安心ということはありません。これらを利用するにしても、学校の授業を大切にしてください。地べたを這いつくばるような勉強を大切にしてください。そうでなければ、どこの塾や予備校に行こうと、お金と時間の両方を失うことになるでしょう。

逆に言えば、地道な学習を厭わなければ、塾や予備校は大きな味方になってくれるということです。学びには段階があるということを理解し、自分の持ち分をしっかり受け入れて頑張れるという人なら、一関学習塾は誰でも歓迎いたします。

2020年9月13日 (日)

英検3級、準2級合格おめでとう!!

今年の第1回の英検の結果です。関中3年生男子が3級、附中3年女子が準2級に合格しました。結果自体は少し前に聞いてはいましたが、合格証を見せられて改めて確認した形です。

塾でも過去問演習を行ったり、アドバイスもしましたが、ともに未習内容を含む級へのチャレンジ。ですから、一発合格という結果は素晴らしいですし、自信にしてよいと思います。今後の英語学習の励みにしてほしいですね。おめでとうございます!!

2020年9月 9日 (水)

今日、FMASMOの『COLORFUL』という番組で再び一関学習塾を取り上げてもらいました

今日、FMASMOの『COLORFUL』という番組で再び一関学習塾を取り上げてもらいました。

中継の20分前頃に塾に来たインタビュアーの方と軽く打ち合わせ。15時10分から生中継という流れでした。

事前に質問項目の紙をいただいていましたし、3月にも一度同じ方にインタビューを受けていたので、リラックスしてできました。あまりガチガチに決めすぎると余裕がなくなるので、こういうやり方でよかったと思います。

聴いていただいた方、どうもありがとうございます!!

2020年8月24日 (月)

雑談の重要性

全員ではないでしょうが、我々のような職業の者が授業時間、あるいは授業時間外で生徒と話す場合、以下のどれかに当てはまることがほとんどです。

1 授業内容に関係ないように思えて実は関係があり、理解を助ける話

2 生徒のモチベーションを高めたり、奮起を促す話(説教を含む)

3 おもしろい話(ためになる、笑える)

4 勉強のやり方に関する話

5 進路に関する話

6 主に受験生時代の自分の経験談

面談等で保護者の方と話をする場合もさして違いはありません。要するに、雑談(とりとめのない話)をしない、するとしても、たまにしかしないのです。

意味のない話をするのが悪だとまでは言いませんが、それに近い感覚はありました。しかし、雑談には人間関係をより強固なものにしたり、良好な関係を築くのにとても役立つという面があり、軽視してはいけないのではないかと思うようになりました。「雑談を頑張ろう」というと何か変な感じがしますが、今はそういう心境になっています。

2020年8月18日 (火)

個人の発信が力を持つ時代

現代ほど、個人の発信が力を持った時代はありません。

商品購入の際に、テレビCMの文言だけをそのまま真に受けて買う人は少ないのではないでしょうか。実際にその商品を購入した人に話を聞いたり、サイトなどで「購入者の声」などを見比べてから、購入するかどうか決める人が多いと思います。

現代のように情報過多だと、何を信じたらよいかわからないところがあります。そのような状況下では、組織よりも知っている人や特定できる個人の言葉の方が力を持ちます。

スーパーの野菜を見てください。生産農家の個人名を顔写真とともに出すケースが増えてきました。単なる「▢▢産の野菜」より「〇〇さんの野菜」が求められる時代が確実にやって来ているのです。

塾の世界も世の中と無関係ではありません。一人ひとりの顔の見えない大きな塾ではなく、顔の見える個人塾の方を志向する人たちがもっともっと増えていくのではないでしょうか。

Pickh20200207_m001400010eb00005-2

2020年8月16日 (日)

中1学力テスト8月号

中1学力テスト8月号実施中。

中1の塾生は全員模試受験を希望しました。中1から模試を受ける意識の高さは素晴らしいと思います。

塾内平均点も400点越えは確実。今年の中1は大いに期待できそう。楽しみです!!

2020年8月11日 (火)

一関学習塾のブログの読者層

Img_0061 月によっても多少異なりますが、一関学習塾のブログを読んでくれている年齢層は大体右のような感じです。

20代、30代が多いというのは、私が想定したブログを読んでほしい層と合致しているので素直に嬉しいですね。

20代、30代の次に多いのが40代というのもありがたいです。ベテランの親世代の方々も読んでくれているということを意味しますから。

10代の読者がもう少し増えてくれれば言うことないですが、それはぜいたくというものでしょうか。

2020年8月 9日 (日)

昨日は小学生、今日は中3生の学力テスト

昨日は小学5・6年生、今日は中学3年生を対象に、塾で学力テストを実施しました。

思ったほど取れなかった人はもちろんですが、良かった人でも、全教科満点でない限り、何かしら反省点はあるはずです。それらを今後の学習に活かしていってください。

勝負はまだこれからです。模試の結果に一喜一憂せず、やるべきことを着実に積み上げていきましょう!!

7b30f05430f4f18c0845b709c4d6832d

2020年8月 8日 (土)

学校や塾で出された宿題にいつ取り組むか

学校や塾で出された宿題にいつ取り組むか。

その日のうちにやろうが、締め切り直前にやろうが、変わらないと思いますか。変わらないと思っているとしたらそれは違います。早く取りかかる方が圧倒的にメリットが大きい。

教わった直後にやれば授業の記憶も新しいため、問題が解きやすく時間もそれほどかかりません。一方、締め切り直前に慌ててやれば取り組み方もどうしてもいい加減になってしまいます。やっつけ仕事のような感じで取り組んでも、たいして力にはなりません。

一般に、成績の悪い人ほど宿題を後回しにするものです。社会に出ても、できる人ほど仕事が早いもの。仕事が早いというのは、仕事に取りかかるのが早いとほぼ同義です。

成績が振るわない人は何かを変えていかなければなりませんが、まずは宿題にすぐ取りかかるところから始めてみてはどうでしょうか。

2020年8月 7日 (金)

今年の夏期講習が終わりました

73d4a620895c9489d704e74e4b96e194 今日で今年の夏期講習が終わりました。

A・B両日程とも参加してくれた生徒が例年より多く、全体的な人数もこれまでで最多でした。感謝申し上げます。

講習の成果は講習が終わった後に現れます。しっかり復習をして、少なくとも見たことがある、やったことがある問題は確実にできるようにしておきましょう!

皆さん、お疲れ様でした!!

より以前の記事一覧