岩手県

2020年5月15日 (金)

奥州藤原氏 ~マニアック編~

東北地方最大の河川、北上川。はるか昔より悠々と流れるこの大河は水上の道として利用されてきました。12世紀(平安時代末期)、北上川中流の平泉を拠点に東北地方を掌握していた奥州藤原氏は、太平洋の海運と北上川の水運を活かして遠隔地と結びつくことで、その繁栄を築いたといわれています。

その証拠の一つが、平泉の遺跡群から発見される東海産の常滑焼や渥美焼の出土品です。この時代に重くて壊れやすい陶器を900kmも離れた東海から東北まで大量に陸上輸送することは不可能。これらは船で太平洋を渡り、さらに北上川を遡って平泉にもたらされたと考えられるのです。

Yanaginogosho01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問 柳之御所遺跡から出土した陶器として適切なものはどれか。次の①~④の中から一つ選んでマークしなさい。(2015年 青山学院―教育人科・文)
➀美濃焼  ②渥美焼  ③備前焼  ④伊賀焼

解答 ②

2020年4月16日 (木)

県高総体、すべての競技中止

岩手県高体連は14日に盛岡市で理事会を開き、今年度の県高総体について、来月から再来月にかけて実施を予定していたすべての競技の開催を中止とする方針を固めました。17日の評議員会で正式に決定します。

会議の中で県高体連事務局は県高総体について「大会の開催には多くの選手の移動が伴い、新型コロナウイルスの感染が心配される」として、来月から再来月にかけて予定されていたすべての競技で開催を中止することを提案し、満場一致で承認されました。

中止が提案されたのは冬に行われるスキー、スケートと駅伝を除く31の競技で総合開会式も行わないとしています。7月下旬から全国21府県で分散開催を予定しているインターハイは開催の可否についてまだ決定しておらず、県高体連事務局は「県内からの代表選手の選考方法などは、インターハイの開催可否をふまえて検討したい」としています。

今の状況では致し方ない判断だと思います。高3生は残念でしょうが、気持ちを切り替えて、次のステージで頑張りましょう。

2020年4月12日 (日)

高総体地区予選は中止、県大会もか

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、例年4月中旬から行っていた県高総体地区予選会の中止がすでに決まっています。中止となるのは、陸上、卓球、バドミントン、ソフトテニス、テニス、弓道の地区予選。

例年5月下旬から約1カ月競技が実施される県高総体と総合開会式については、4月14日の理事・専門部委員長合同会議と同17日の評議員会で決めるとのことですが、今の日本の状況では実施は難しいだろうということは、高校生なら薄々わかっているはずです。

高3生にとっては最後の大会ですから、気の毒といえば気の毒ですが、そうなることを想定しつつ活動するしかありません。心の準備さえできていれば、徒に取り乱すことなく、次のステージに移行していくことができるはずです。同じことは、中総体を控えている中3生についてもいえるでしょう。

 

2020年4月 4日 (土)

一関高専、入学式など5月に延期

岩手県内の公立学校では、予定通り、来週から新学期が始まります。学校の再開を待ちわびていた人も結構いるのではないでしょうか。

一方、一関工業高等専門学校は、新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受けて、今月初めに予定していた入学式や始業式などを1か月あまり延期することを決めました。新型コロナウイルスの感染者が県内では出ていないものの、学生の安全が確保できないとして、入学式は今月4日から来月9日、始業式は今月6日から来月11日、授業開始は今月7日から来月12日に延期。学生には自宅での待機を呼びかけたということです。東日本大震災以来の延期となりますが、これはこれで致し方ない判断だと思います。

スポーツの大会やイベントも軒並み中止や延期が続いています。先行き不透明でストレスが溜まる日々が続いていますが、投げやりにならずに、それぞれの立場で今できることをしっかりやっていきましょう。

 

2020年3月13日 (金)

チロルのチーズケーキ

チロルのチーズケーキ。全国的にはどうかわかりませんが、岩手では有名。

バレンタインデーのお返しで取り寄せました。喜んでくれると思います。

Img_8451

2020年3月 7日 (土)

昨日の岩手日報に私の記事を載せていただきました

昨日の岩手日報に私の記事を載せていただきました。新型肺炎など暗い話題が多い中、少しでも明るい話題を提供できていたなら幸いです。

取材が2月20日だったので少し間が空きましたが、大きく取り上げていただきありがたく思います。また何かありましたらよろしくお願いします!

2020年2月22日 (土)

県立高校の倍率確定

21日、岩手県公立高校入試の倍率(調整後)が出ました。これで確定です。

受験生の皆さん、しっかり腹を決めて、最後までできるだけのことをやっていきましょう!!

 

 

 

2020年2月13日 (木)

一関シネプラザで岩手ゆかりの3作品上映

一関シネプラザでは、14日から全国公開される『影裏』を皮切りに、岩手県が舞台となっている映画3作品が順次公開されます。

上映されるのは『影裏』、『風の電話』、『星屑の町』。

『影裏』は、芥川賞を受賞した沼田真佑さんの同名小説を原作としたヒューマンミステリー。『風の電話』は、東日本大震災後、「天国に繋がる電話」として人々に広まった大槌町の私設電話ボックスにまつわるエピソードを映画化。『星屑の町』は、地方回りのムード歌謡コーラスグループの悲哀を描いた人気舞台「星屑の町」シリーズを映像化したものとなっています。

個人的には、特に『影裏』には興味があります。原作では難しい漢字が多く、読みにくい印象でした。映像だと違った印象を持つかもしれないので、観てみたいと思いますね。


8b0dd4c724ccf645e1572319518302

2020年2月 8日 (土)

昨日の岩手日日朝刊に私に関する記事を載せていただきました

昨日の岩手日日朝刊に私に関する記事が載りました。

6日に取材を受けたばかりだったので思っていたよりも早く、また、思っていたよりも大きく取り上げていただき、少し驚きました。

歴史能力検定協会に問い合わせなかったので、記事を読んで初めて知りましたが、2級満点は今回は私だけだったようです。

記事を見た塾生や保護者の方からもリアクションがあり、嬉しかったです。

ありがとうございました。また何か機会がありましたら、よろしくお願いします!

2020年2月 6日 (木)

岩手日日と一関テレビの取材を受けました

本日、歴検に関する件で岩手日日と一関テレビの取材を受けました。

テレビの方は早くも今日放送されました。新聞の方は記事が出るのはこれから。

ありがとうございました。また何かありましたら、よろしくお願いします!

より以前の記事一覧