音楽

2019年4月24日 (水)

夢をあきらめないで

私は世代ではありませんが、大学受験時にこの曲に励まされた人も多かったのではないでしょうか。

ぜひ病を克服し、もう一度ステージに立ってほしいと願います。

2019年3月20日 (水)

東北新幹線発車メロディーにNSPの曲導入

本日3月20日より、NSPの代表曲「夕暮れ時はさびしそう」が東北新幹線の一ノ関駅の発車メロディーに使用されます。

NSPは一関高専の同級生3人によるグループで1972年にデビュー。当時の音楽シーンを代表するグループとして活躍しました。

今回導入される発車メロディーは、磐井川河川敷を舞台にした「夕暮れ時はさびしそう」のサビ部分を中心にシンセサイザー音を用いて約30秒にアレンジされたもの。

私は「記念樹」(メンバーだった天野滋さん作詞)の方をよく知る世代ですが、そんな私でもこの曲は聴いたことがあります。私より下の世代も含め、広く浸透していくといいですね。

51o24nr6ml_sy355_

2018年11月10日 (土)

右に出る者はいない

この手の唄を作らせたら、彼らの右に出る者はいないと思う。

 

2018年10月 4日 (木)

勇気100%

今のはどうか知りませんが、昔のアニメはいい歌詞の歌が多かったような気がします。

大学受験前に、ある予備校の先生が『アンパンマンたいそう』を歌ってくれました。単純かもしれませんが、それでだいぶ気が楽になったことを覚えています。

この曲も若者の応援ソングになっています。歌詞が特に素晴らしいですね。

 

2018年9月12日 (水)

宇宙刑事ギャバン

メタルヒーローシリーズの元祖、宇宙刑事ギャバン。子どもの頃、よく見ていたものです。

若き日の叶和貴子が出演していたり、そのデザインは『ロボコップ』に影響を与えたことでも知られています。

加えて、主題歌がよかった。我々世代の男子なら、懐かしくて胸が躍るのではないでしょうか。なお、合いの手は「イー、イー」ではなく「ビーム、ビーム」だそうです。最近知りましたが。

2018年8月14日 (火)

一関学習塾の塾歌ができました

校歌のある学校はあっても、塾歌のある塾は珍しいと思います。

この度、神奈川のS塾のS先生のご厚意で、一関学習塾の塾歌ができました。

歌詞の一部は私が提案しましたが、ほとんどが先生とそのご子息によって作られたものです。

岩手の一関らしい歌を作っていただき、大変感謝しております。ありがとうございました。

歌を聴いてみたい方は、一関学習塾までぜひどうぞ。

一関学習塾のテーマ 

頭を鍛え 心を磨く

集う仲間は 一関

太平洋の架け橋とならん

遂げずばやまじ 我が理想

ああ 一関学習(学習)塾(塾)

勝利を祝い(岩井) 貫け自分流(竜)

人に知られし 一関

才能とは継続できる情熱だ

少数精鋭 いざ行こう

ああ 一関学習(学習)塾(塾)

ああ 君たちに栄光(栄光)あれ(あれ)

2018年8月 9日 (木)

音楽と学問は相性が良い

マサチューセッツ工科大学では音楽教育が充実していて、ピアノのある音楽教室がズラッと並んでいるそうです。

音楽は学問的構造を持つものだと言われます。言われてみれば、ソナタ形式は論文の形式そのものですよね。

我々の業界にも、楽器ができたり、歌のうまい先生が結構います。私は音楽の才能が全くないので実感があるわけではないのですが、音楽と学問は相性が良いのかもしれません。

 

Publicdomainq0005910aax

2018年6月26日 (火)

演歌の起源

演歌の起源は古く、19世紀末の自由民権運動の時代に遡ります。

明治時代、国を批判するような演説は集会条例に違反し、厳しく処分されました。そこで、街頭で演説をする方法以外で、どうにかして自分の主張を皆に聞いてもらいたいと思っていた政治に熱い想いを持つ若者が、自分達の主張を歌にすればよいのではないかとひらめきます。

演歌は政府に反発する公開演説会に対する当局の監視が強くなった時、その圧力をかわすために政治を風刺する歌として生まれた。川上音二郎のオッペケペー節などがよく知られます。

演歌の「演」とは、演説の「演」なのです。

2018年6月24日 (日)

SUNRISE

恥ずかしながら、最近まで『SUNRISE』が日本の曲であり、歌詞があることを知りませんでした。私にとって、この曲は完全にスタン・ハンセンのものだったからです。

 

2018年6月12日 (火)

若き血

『慶応義塾塾歌』(校歌)より有名なのが、早稲田の校歌に対抗する応援歌として生まれた『若き血』です。二番がないのが変わっていますが、今さらいらないのかもしれません。

歌詞の最後にある「陸の王者」とは元々、「六大学の王者」の意で「六(りく)の王者」となっていて、そこから「陸」に転じたとのことです。