経済・政治・国際

2019年1月13日 (日)

対立構造に風穴を開ける切り札

ユーモアの精神は、個人のレベルでも、国家のレベルでも、対立構造に風穴を開ける切り札になり得るかもしれません。

冗談を言ったり、ユーモアを受け入れる精神的余裕がほしいものです。特に、不寛容さが際立つ現代社会においては。

2018年11月 5日 (月)

右傾化する世界

直近だとブラジルですが、自国中心主義を強調する勢力の台頭が世界的に目立ちます。その背景には、グローバル化が進んだことへの反動や既成の政治への失望があると考えられます。また、二極化が進むと、いわゆる「負け組」の中には、「強者」の味方をすることで自分も強く思われたいという心理が働くようです。

ところで、SNS上で、やたらと自分の子どもやペットの写真を載せたり、キス写真などのリア充をアピールする女子は嫌われるそう。わかる気がしますね。

自分中心で他者への想像力を欠いているという意味で両者は共通します。右傾化する世界には鈍感だとしても、イタい女子には敏感な人は多いはずです。あなたと同じように他人も感じるとは限りません。一時の感情に支配されて、冷静な判断ができなくなるのは見苦しい。気をつけたいものです。

2018年11月 2日 (金)

議事堂と近代日本の政治

986c2893b2703ab4d981c3b69b889784_4 写真に関連して、これは、1938年に大日本帝国憲法発布50周年を記念して議会内につくられた銅像で、議会の発展に寄与した政治家3人の像である。四隅におかれた4つの台座に対して銅像が3体しかない理由については、その真相は判明していないが、これら3体の銅像になっている政治家の名前として誤っているものを、次の①~④のうちから一つ選べ。(2009年 歴検日本史2級)
① 大久保利通  ② 伊藤博文
③ 板垣退助     ④ 大隈重信

修学旅行で国会議事堂を訪れると、地元の代議士が案内してくれて、「4人目になるのは○○(たいてい自分)」というのがお決まりのギャグになっていますね。それはともかく、①の大久保利通は議会開設前の1878年に暗殺されています(紀尾井坂の変)。

解答 ①

2018年10月 2日 (火)

本庶佑教授にノーベル医学・生理学賞

スウェーデンのカロリンスカ研究所は1日、2018年のノーベル医学・生理学賞を京都大高等研究院の本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授と米テキサス大のジェームズ・アリソン教授の2氏に授与すると発表しました。

本庶氏は免疫の働きにブレーキをかけるたんぱく質「PD-1」を発見し、このブレーキを取り除くことでがん細胞を攻撃する新しいタイプの「がん免疫療法」の開発に結びつけた功績が評価されました。

日本人としては2年ぶり26人目の快挙です。がん治療が進んでいけばよいですね。

62e93_368_baa7f6888ef9b76ddc818df_2

2018年8月27日 (月)

薩長同盟

昨日の『西郷どん』は「薩長同盟」の回でした。

実際はどうだったかはわかりませんが、両藩が面子だとか意地を乗り越え、互いに手を取り合うシーンには、近代の夜明けを見た思いでした。

001_size6

2018年7月 7日 (土)

松本死刑囚ら7人の死刑執行

昨日、オウム真理教の一連の事件で死刑が確定した13人のうち、元代表の麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚ら教団の元幹部7人の死刑が執行されました。

一連のオウム事件、赤軍派によるよど号ハイジャック事件、日本赤軍のテルアビブ空港乱射事件、近いところだと、秋葉原通り魔事件。これらはすべて日本人が起こしたものです。

「日本はテロがなくて平和だ」というのは幻想にすぎません。日本はテロ先進国でもあるという一面を持っているのです。

2018年6月26日 (火)

演歌の起源

演歌の起源は古く、19世紀末の自由民権運動の時代に遡ります。

明治時代、国を批判するような演説は集会条例に違反し、厳しく処分されました。そこで、街頭で演説をする方法以外で、どうにかして自分の主張を皆に聞いてもらいたいと思っていた政治に熱い想いを持つ若者が、自分達の主張を歌にすればよいのではないかとひらめきます。

演歌は政府に反発する公開演説会に対する当局の監視が強くなった時、その圧力をかわすために政治を風刺する歌として生まれた。川上音二郎のオッペケペー節などがよく知られます。

演歌の「演」とは、演説の「演」なのです。

2018年5月 3日 (木)

憲法改正の前に

すべて権力を持つ者は濫用しがちであり、その限界まで権力を用いようとする。だからこそ、権力を分立させ、権力が権力を抑制するよう仕組まねばならない。モンテスキューは『法の精神』を著し、こう唱えました。

決裁文書の改ざんや虚偽答弁、記録の隠蔽など、いずれも行政をチェックすべき国会を欺く行為です。

憲法改正は安倍首相の宿願のようですが、その前にやるべきことがあります。

250pxmontesquieu_1_2




2018年5月 2日 (水)

明治の日本人

ゴローウニン事件(1811)で知られる、ロシアの海軍士官ゴローウニンは、「日本人は聡明で抜け目がない。模倣上手で忍耐強く勤勉だ。偉大な王者が君臨すれば、多年を要せず、全東洋に君臨する国家になる。短期間のうちにヨーロッパ列強の海軍と比肩できるに違いない」と述べました。この予言は日露戦争で現実のものに。

明治の日本人は、過去にとらわれず自らを変えることに躊躇しませんでした。現代の我々が見習わなければならないところだと思います。

2018年4月15日 (日)

働き方改革について ~ ニュース検定より ~

ニュース検定公式問題集2級の練習問題より。

 安倍晋三内閣が進める「働き方改革」の柱である「長時間労働の是正」と「同一労働同一賃金の実現」に関する記述として誤っているものを、次から一つ選びなさい。

①同一労働同一賃金は、安倍内閣が閣議決定した「日本1億総活躍プラン」で最重要課題に掲げられた。
②国際労働機関(ILO)は憲章の前文に「同一労働同一賃金」を掲げ、基本的人権の一つと捉えている。
③安倍内閣は、長時間労働を助長するとされる「高度プロフェッショナル制度」の廃止を目指している。
④労働者側からは、一つの勤務を終えて次の勤務に就くまでの休息時間を確保する「インターバル規則」を求める声が上がっている。

高度プロフェッショナル制度とは、労働者に対し労働時間数ではなく成果に対して賃金を支払うというもので、政府が導入を進めようとしています。 対象となる労働者は、高度専門職で一定の収入(年収1,075万円以上)がある者のみとされています。

この制度が適用されると、残業や休日労働をしても、その分の賃金は支払われないため、野党は「残業代ゼロ制度」と批判しています。

解答 ③

より以前の記事一覧