日記・コラム・つぶやき

2019年6月26日 (水)

人の話を理解する

自分に近い考え方や価値観の人なら理解しやすく共感もしやすいですが、そういう人たちばかりではありません。全く異なる価値観の人たちもいます。

たとえ価値観の異なる人たちの意見でも、最初から拒絶するのではなく、言おうとしていることを理解するよう努めるべきです。そうでないと、説得も批判もできず、無用な衝突を招いたり、議論が平行線をたどることになってしまうからです。

もちろん受け入れられない価値観、なかには、突飛としか思えない考え方もありますが、自分の狭い価値観に閉じこもるよりはよいと思います。

様々な考え方があることを知っておくのは大事なことです。人の話を聞くだけでなく、本や新聞などを読んで、視野を広げる努力をしましょう。「言うは易く行うは難し」ではありますが。

2019年5月16日 (木)

上すぎる人たちと自分を比べない

友がみな われよりえらく 見ゆる日よ 花を買ひ来て 妻としたしむ

こんな短歌を石川啄木は詠みました。友と比べて自分の境遇を嘆く歌です。

ここで啄木が比べている友とは、国語学者の金田一京助や、作家の野村胡堂だったようです。たしかに、彼らは同じ岩手の盛岡中学(現・盛岡一高)出身ではありますが、とてもレベルが高く、ある意味、特別な人たちです。そういう人たちと比較したら、啄木でなくとも、自分の小ささに落ち込んでしまうのではないでしょうか。

女優やモデルと比べて、「私はブスだ」とか「デブだ」と悩んでいる女性がこれと似たケースです。冷静に考えれば落ち込むほどでは全くない。

心理学的にも、上すぎる人たちと自分を比べることはあまり好ましくないことがわかっています。自分をフル言い立たせるきっかけにするのならよいですが、落ち込んでしまうようならやめておきましょう。

137706163132213122240

2019年5月 8日 (水)

エネルギー不足に陥らないために

睡眠、食事、運動、遊び。いずれも過度になってはいけませんが、エネルギーを枯渇させないためには、これらが欠かせません。

しかし、いくらエネルギーを補っても、人を恨んだり、嫉妬したり、落ち込んだり、腹を立てたりなどのマイナス感情で頭がいっぱいになってしまうと、エネルギーがどんどん漏れていきます。

マイナス感情に支配されていると、勉強や仕事がはかどりませんし、とても疲れやすくなります。それは、エネルギー不足の状態に陥っているからです。

人間というのは、損得勘定で動いているところがあります。損になることはやりたくない。ですから、「マイナス感情に支配されると、なんにも得はなく、損が広がっていくだけだ」ということを強く意識するべきです。そうすれば、マイナス感情に陥ってしまったときに、それをできるだけ早く断ち切る方へと意識が向かうようになるでしょう。

 

2019年4月21日 (日)

水戸黄門の知恵

Ec0b56a5重要なことには集中して臨むけれども、小事にはついつい注意が欠けてしまいがちなもの。

水戸黄門こと徳川光圀は、「小なることは分別せよ、大なることに驚くべからず(小さな問題には慎重に対処しなさい。大きな問題には臆することなく堂々と取り組みなさい)」という言葉を残しました。

考えてみれば、大きなトラブルも幸福も、ある日突然やって来るものではなく、小さなことが積み重なって成るもの。難しいことではありますが、すべてに対して、大小関係なく思慮深く取り組みたいものです。

2019年3月31日 (日)

人は何を求めてインターネットを利用するか

人は何を求めてインターネットを利用するのでしょうか。それは、以下の3つに限られると思います。

① 役に立つ情報

② おもしろさ(笑えるものだけとは限らない)

③ エロ

毎回できているかどうかはわかりませんが、私が意識しているのは①と②です。私は芸能人ではありませんし、特別変わった日々を過ごしているわけでもないのですから、おじさんの日常を載せても仕方がありません。本当の友人や親類ならいざ知らず、それ以外の人で、私の日常に興味を持つ人など誰もいないでしょう。それに、私自身が読みたいのも①か②、またはその両方を満たした記事なり文章なのです。

2019年3月16日 (土)

チダイラ線ってどこを走る電車?

ドラえもん好きな人なら知っていると思いますが、のび太君は「チダイラ線ってどこを走る電車?」(地平線のこと)と言ってママに呆れられてしまいます。

もちろんマンガの中のギャグなのですが、ここまでではないにしろ、これに近い発言をする人たちが少なからずいるというのを知っておくことは、カルチャーショックを受けないためにも、無駄な衝突を避けるためにも、有効なことだと思います。それに、もしかしたら自分では思ってもみなかった新たな発想が得られるかもしれませんしね。

2019年2月25日 (月)

人間らしさや人間味といったもの

大型店での買い物には、世間話や個人的なやり取りはありません。そんなことをしていたら、レジが混み合ってしようがなくなるでしょう。一方、個人商店での買い物には、それが好きかどうかはともかく、世間話や個人的なやり取りがつきもの。

もちろん、すべての買い物が個人商店式だと、日常生活が煩わしくなります。自動精算は時代の流れでしょう。しかし、あらゆるものに合理性を求めていくと、日常会話のような無意味に思われるものはどんどん排除されていくことになります。

私も計算通りにいかなかったり、事がスムーズに運ばないと、イライラしてしまうことがあるのであまり偉そうなことは言えませんが、無駄だとかうっとうしさだとか面倒くささ、そういったものこそが人間らしさや人間味なのだろうと思います。コンピューターやAIの時代だからこそ、そういったものが求められる。近年のカセットテープやインスタントカメラの売上増はその傍証かもしれません。

2019年2月13日 (水)

虚と実の間

すべては虚と実の間にあるんだから。特にチョコレートてなもんは。

190212_140356_2

2019年1月29日 (火)

人は理性よりも感情で行動する

2020 1973年の第一次石油危機の際、トイレットペーパーが買えなくなるというデマが日本中に広がり、主婦が買い占めるということがありました。冷静に、論理的に考えれば変だということがわかりそうなものですが、しばしばこういうことが起こります。

要するに、理性的、論理的なものより感情的なものの方が広まりやすいし、人々を行動にかきたてるのは、理性ではなく感情だということなのでしょう。

プラスなものにせよ、マイナスなものにせよ、人は理性よりも感情で行動する。私は職業柄か、感情よりも理性を重視しがちですが、このことは忘れてはならないと思います。

2019年1月26日 (土)

努力は成功の必要条件だが

私は偶然性を排除し、再現性を高めることを目指しています。いわゆる運頼み、運任せみたいな状態は望むところではない。しかし、成功にも失敗にも偶然の要素が伴い、それをゼロにすることはできません。つまり、どこまでいっても運次第というところがある。

運次第だからといって、努力しても無駄だというのではもちろんありません。努力したら必ず成功するわけではありませんが、成功している人は必ず努力しているからです。たまたま成功したのだとしても、努力なしに成功を持続させることは不可能です。

成功は自分の努力の賜物であり、失敗した人は努力しなかった人だ。成功した人ほどそう思ってしまいがちですが、それは誤りです。能力があり、努力もしたけれど、うまくいかないことだってある。

成功にも失敗にも偶然が関与する。そのことを認めつつ、努力を続ける。これが賢明な態度ではないでしょうか。

より以前の記事一覧