文化・芸術

2020年6月28日 (日)

浮世絵に関する難問

浮世絵に関する難問を紹介します。はっきり言って、これらは必須の知識ではありません。1問でも正解できればそれでよし。仮にすべて落としたとしても、他でちゃんと取れていれば合否に影響はないでしょう。

対策というほどではないですが、教科書の写真や図版の類もおろそかにせずに、暇な時間などに眺めるようにしましょう。

次の文を読んで、問に答えなさい。(2015年 早大―文)

(略)19世紀に入ると、浮世絵版画による日本諸国の風景画にも民衆の人気が集まるようになり、葛飾北斎のb「富嶽三十六景」と、歌川広重のc「東海這五十三次」シリーズが相次いで世に出た。なお、広重が属していた歌川派はその後も浮世絵の最大派閥としての地位を保持した。dその命脈は明治初頭の開化錦絵や近代の画家にも及んでいる

問4 下線bについて。このシリーズのうち俗に「赤富士」の名で知られる作品はどれか。1つ選びなさい。
ア 凱風快晴  イ 甲州石斑沢  ウ 尾州不士見原 エ 山下白雨  オ 神奈川沖浪裏

問5 下線cについて。このシリーズの冒頭を飾り、大名行列の出立や魚売りを描いている作品の題名を何というか。漢宇3宇で記入しなさい。

問6 下線dに関して。近代の東京における歌川派の末流として、江戸の風情を色濃く伝える美人画を描いた日本画家は誰か。1つ選びなさい。
ア 菱田春草  イ 竹久夢二  ウ 上村松園  エ 鏑木清方  オ 岸田劉生

解答 問4 ア  問5 日本橋  問6 エ

2020年6月15日 (月)

人形浄瑠璃・歌舞伎の脚本

人形浄瑠璃・歌舞伎の作品のうち、町人を題材にしたもの(江戸時代の現代劇)を「世話物」といいます。近松門左衛門の『曽根崎心中』や『心中天網島』などが有名ですね。一方、江戸時代の庶民の日常からかけ離れた話題、すなわち遠い過去の出来事や、武家や公家の社会に起きた出来事などを扱ったものを「時代物」といいます。近松門左衛門の『国姓爺合戦』や竹田出雲の『仮名手本忠臣蔵』がこれに当たります。

江戸時代の文化に関する次の文章を読み、問いに答えよ。(2014年 立命館大―全・2月2日実施)

 ➀かれは、京都近くの武士の出であったが、若いころから文学に親しみ、人形浄瑠璃や歌舞伎の脚本を書いた。かれの作品には、当時の恋愛・心中・殺人などの世相に題材を求めた( A )や、歴史上の説話や伝説に題材をとった時代物などがある。( A )には、実際にあった心中を素材にした②1703年初演の『曽根崎心中』などがあるが、この作品では、義理と人情の葛藤のあげく心中した2人が、この世では得られなかった幸福を来世に求める姿が感動を呼んだ。

⒜ 下線部➀の「かれ」は誰か。もっとも適当な人物の氏名を答えよ。

⒝ 空欄( A )にあてはまる、もっとも適当な語句を下から一つ選び、記号で答えよ。
あ 世話物  い 武家物  う 白波物  え 黄表紙

⒞ 下線部②に関連して、この作品は当時下線部➀の「かれ」の作品を中心として上演していたある座の経営不振を救ったと言われている。義太夫節を創始した人物が経営していたこの座の名を答えよ。

すべて頻出。立命館にしては易しい。

解答 ⒜ 近松門左衛門  ⒝ あ  ⒞ 竹本座

歌舞伎では鶴屋南北の『東海道四谷怪談』や河竹黙阿弥の作品など、町人の日常生活を写実的にとらえた作品が人気をあつめた。

問 下線部で述べられている歌舞伎の脚本を何というか。漢字4文字で書きなさい。(2016年 慶大―商)

「漢字4文字で」となっているので、こちらは難問。文化文政期以降、特に写実性の強い生粋の世話物を生世話物(きぜわもの)または真世話物(まぜわもの)と称した。この問題を落としても差はつかないであろう。

解答 生世話物(真世話物)

2020年5月 7日 (木)

安達ケ原

昔、京都の公卿屋敷に「岩手」という名の乳母がいて、姫を手塩にかけて育てていました。その姫が重い病気にかかったので易者にきいてみると「妊婦の生き肝をのませれば治る」ということでした。そこで岩手は生き肝を求めて旅に出て、安達ケ原の岩屋まで足をのばしました。

木枯らしの吹く晩秋の夕暮れ時、岩手が住まいにしていた岩屋に、生駒之助・恋衣(こいぎぬ)と名のる旅の若夫婦が宿を求めてきました。その夜ふけ、恋衣が急に産気づき、生駒之助は産婆を探しに外に走りました。 この時とばかりに岩手は出刃包丁をふるい、苦しむ恋衣の腹を割き生き肝を取りましたが、恋衣は苦しい息の下から「幼い時京都で別れた母を探して旅をしてきたのに、とうとう会えなかった・・・」と語り息をひきとりました。ふとみると、恋衣はお守り袋を携えていました。それは見覚えのあるお守り袋でした。なんと、恋衣は昔別れた岩手の娘だったのです。気づいた岩手はあまりの驚きに気が狂い鬼と化しました。以来、宿を求めた旅人を殺し、生き血を吸い、いつとはなしに「安達ケ原の鬼婆」として広く知れわたりました。

紀州の僧侶である祐慶が安達ケ原を旅し、ある岩屋で宿を求めることになりました。岩屋には老婆が独りしかおらず、喜んで祐慶を招いたようです。夜であるため薪を取りに行くことにし、祐慶を残して出かけました。奥の部屋は決して覗かないようにと言い残して。
しかし祐慶が覗くと、たくさんの白骨死体がありました。旅人を殺して肉を食う鬼婆の噂を思い出し、祐慶は岩屋から逃げ出します。戻ってきた老婆は、祐慶がいないことに気づき、必死になって追いかけました。捕まりそうになった祐慶は、菩薩像を荷物から取り出し、経を唱えました。すると菩薩が表れ、矢を射って鬼婆を仕留めました。

祐慶は阿武隈川の近くに墓を作り、鬼婆を埋葬しました。その墓が黒塚と呼ばれるものです。

Vjar2kkg_20171118222902

能の『黒塚』も、長唄・歌舞伎舞踊の『安達ヶ原』、歌舞伎・浄瑠璃の『奥州安達原』もこの黒塚の鬼婆伝説に基づいています。

ちなみに、マンガでは、能の『黒塚』を下敷きにして描かれた手塚治虫の『安達が原』というSF短編があります。衝撃のラストに胸打たれる素晴らしい作品です。まだの方はぜひご一読を。

2020年5月 4日 (月)

続・日本史と歌舞伎

問 下線部(歌舞伎)に関する記述として、正しいものを1つ選びなさい。(2015年 早大―文)
ア 江戸時代の芝居小屋は花道や回り舞台もなく、簡素な造りであった。
イ 「義経千本桜」は時代物と呼ばれる。
ウ 18世紀になると、芳沢あやめのような女性でも歌舞伎を演じられるようになった。
エ 坂田藤十郎は荒事で有名な上方の役者であった。
オ 寛政の改革で中村座・市村座・森田座は浅草に移された。

日本史と歌舞伎は相性が良く、歴検でも大学入試でもよく出題されます。アやオはやや細かいが、日本史受験者は歌舞伎にある程度詳しくなっておいた方がよい。

ア 花道や回り舞台は江戸時代から存在。
ウ 芳沢あやめは女形(つまり男)。
エ 荒事ではなく和事。
オ 寛政の改革ではなく天保の改革。

解答 イ 

 

2020年3月19日 (木)

「風神雷神」から見た絵画史

早稲田大学の文学部の日本史では文化史が必出。それもなかなかの難問が出題されます。志望者は踏み込んだ学習を心がけましょう。

次の文を読んで、問に答えなさい。(2018年 早大―文)

 日本絵画史上の作品のなかで、もっとも人々の心をくすぐる「ゆるキャラ」のひとつに、俵屋宗達の描いた『風神雷神図屛風』(国宝)があげられる。この作品は京都五山のひとつである( A )に所蔵されるもので、これを原本として、同じ図様の『風神雷神図屛風』(東京国立博物館蔵)をa尾形光琳が描き、さらにそれを継承するかたちで酒井抱一や鈴木其一が同じ画題を手がけた。血縁や師弟関係をともなわない「琳派」が流派の証しとした、いわば血統書のような画題であった。 (以下、略)

〔問〕
1 空欄Aに入る言葉は何か。1つ選び,マーク解答用紙の該当する記号をマークしなさい。
ア 建仁寺  イ 相国寺  ウ 天龍寺  エ 東福寺  オ 南禅寺

2 下線aについて。光琳の代表作『燕子花図屛風』は、ある人物が三河国八橋で「かきつばた」の5文字を和歌に詠みこんだという故事にもとづく(折句)。その典拠である文学作品の題名は何か。漢字4字で記述解答用紙の解答欄に記入しなさい。

 

1 教科書掲載レベルの絵画は関連事項も含めて徹底チェックする姿勢が大切であることを教えてくれる問題。

2 いかにも文学部らしい問題。古文の授業等で、『伊勢物語』の中の「東下り」の一節を読んだことがあればなんとか正解に辿り着けるかもしれないが、難問といってよいだろう。「ある人物」とは、もちろん「在原業平」を指す。

Photo_20200315193801

解答 1 ア  2 伊勢物語

2020年2月27日 (木)

『竹取物語』のこと

『竹取物語』は、同じ平安時代に書かれた『源氏物語』の作中にも「物語の出で来はじめの祖(おや)なる竹取の翁」とあるように、日本最古の物語であり、世界最古級のSF作品でもあります。

私の場合、原作の一部は古文で読みましたし、現代語訳は星新一氏のものを読みました。また、高畑勲監督の遺作となったアニメーション映画『かぐや姫の物語』も観たことがあります。

時代を問わず、日本人にとって馴染み深い『竹取物語』ですが、実は作者やかぐや姫の正体など、未だ解明されていない謎ばかり。だからこそ、読者によって多種多様な想像を膨らませられる“余白”が存在する作品であるともいえます。その余白を埋めるかのように、今も昔も様々な作家が現代語訳や映像化に挑んでいる。それだけ魅力のある作品だといえるのでしょう。

825009

 

 

2020年1月18日 (土)

本質まで突き詰めていけば

文化大革命(1966~76)とは、中国での政治・思想・文化にかかわる大闘争です。主導したのは毛沢東で、大衆を直接指導することで、自分と敵対するグループから中国共産党の実権を奪い取ろうとするものでした。

当時の中国では、農民や労働者階級が知識階級を反革命分子だと敵視し、ひどい弾圧を加えました。そのため、この文化大革命時に多くの知識階級に属する人々が前途に絶望して自殺したといいます。しかし、こうした状況の中で、歴史学を学んでいた者だけが自殺といった投げやりな行動に出なかった。

これはある本で読んだエピソードですが、私はとても興味深く感じました。歴史を深く学んでいると、先のことが見通せるようになります。おそらく彼らが自殺という行為に走らなかったのは、このような異常な状況がいつまでも続くはずがないと見切っていたからでしょう。

「落語とは、人間の業の肯定である」と言ったのは立川談志です。その談志が、あるとき、「自殺する落語家は落語の本質がわかっていない」という意味の発言をしたことがあって、「なるほど」と思ったものです。歴史も落語も、本質まで突き詰めていけば、自殺のような不幸な行動に走らなくて済むものなのかもしれません。

2019年12月 3日 (火)

歴検と文学②

江戸時代後期の出版に関する次の文章を読み、あとの問いに答えなさい。(2019年 歴検日本史1級)

(略)

 出版事業が活発化する一方、出版を統制する動きもみられた。11代将軍徳川家斉のもとで松平定信が完成の改革に着手すると、風俗粛清の動きが強まり、出版統制令が出された。政治批判や風俗を乱す内容の書物が取締りの対象となり、『( ア )』などの作品で知られる洒落本作家の山東京伝、『金々先生栄花夢』などの作品で知られる黄表紙作家の( イ )、出版元の( ウ )らが弾圧された。

問6 空欄( ア )・( イ )にあてはまる語句の組み合わせとして正しいものを、次の①~④のうちから一つ選べ。
① ア 仕懸文庫   イ 恋川春町  ② ア 仕懸文庫   イ 為永春水
③ ア 春色梅児誉美 イ 恋川春町  ④ ア 春色梅児誉美 イ 為永春水

問7 空欄( ウ )にあてはまる人物の名前を、漢字5字で記せ。

問6 『春色梅児誉美』は、天保の改革で処罰された、人情本作家である為永春水の作品。

問7 今回の記述問題の中では一番難しかったかもしれないが、1級受験者なら正解したいところ。

解答 問6 ①  問7 蔦屋重三郎

 

2019年12月 2日 (月)

漱石

Bc5454b4 夏目漱石の「漱石」という雅号は、「漱石枕流(そうせきちんりゅう)」という故事に由来します。

昔、中国の孫楚という人物が「川の流れで口を漱ぎ(すすぎ)、石を枕にするような質素な生活を送りたい」と言おうとしたのを間違えて、「石で口を漱いで(すすいで)、川の流れを枕にしたい」と言ってしまいました。友人に間違えを指摘された孫楚は、間違えを認めずに「歯を丈夫にするために石で口を漱ぎ、耳の中をきれいにするために流れを枕にするんだ」という強情な負け惜しみを言ったそうです。そこから「漱石枕流」というのは、「負け惜しみが強く、頑固」という意味になりました。

夏目漱石は自分が頑固者だという意味合いを込めて「漱石」を雅号としたそうです。

こういうエピソーードを知っておくと、少しは文学史を身に付ける役に立つかもしれません。参考にしてください。

 

2019年12月 1日 (日)

明治時代の美術

9 下線部(欧米における日本の伝統美術への関心の高さや、お雇い外国人らの活動など)に関する文として誤っているものを、次の①~④のうちから一つ選べ。(2019年 明大―文)
➀ フェノロサは、文人画を中心とする日本美術の復興を主張した。
② 1867年のパリ万国博覧会には日本から幕府、薩摩藩、佐賀藩が初参加し、フランスでジャポニスムが起きた。
③ 大森貝塚を発掘したモースは、日本滞在中、数多くの陶磁器の収集をおこなった。
④ 開国後、浮世絵は海外にひろく紹介され、とくにヨーロッパの印象派の画家たちに影響を与えた。

➀ 「文人画を中心とする」が誤り。

解答 ➀

ちなみに、選択肢の④に関連して、同じ年の立教大(異文化コミュニケーション・経済・法)で、次のような問題が出題されています。

8 歌川(安藤)広重の「名所江戸百景」の「大はしあたけの夕立」や「亀戸梅屋敷」などの絵を模写したことで有名な画家はどれか。次の a ~ d から1つ選び、その記号をマークせよ。
a ゴッホ  b マネ  c モネ  d ルノアール

解答 a

より以前の記事一覧