スポーツ

2018年6月20日 (水)

日本代表が初戦に勝利

日本代表は19日、ロシアW杯のグループリーグ初戦でコロンビア代表と対戦し、2対1で競り勝ちました。

前半6分、MF香川真司のPKで先制。同39分に直接FKで追いつかれたが、後半28分、CKからFW大迫勇也が決勝ヘッドを決めました。

前回大会8強、FIFAランキング16位のコロンビアを倒す金星。初戦で大きな勝ち点3をもぎ取った日本は24日の第2戦でセネガルと対戦します。グループリーグ突破に向けて、次も勝利を願います。

1111logo214x214

2018年6月19日 (火)

サイン

ワールドカップ盛り上がっていますね。

私が持ってる唯一の有名人のサインがこれです。

180617_113802_2

2018年6月13日 (水)

最後のテストマッチに勝利

スタンドに人気サッカー漫画「キャプテン翼」のキャラクターが登場しました。日本代表のユニホームを着た主役の大空翼ら6枚の巨大応援フラッグが掲げられたのです。

吹き出しには翼が「優勝はおれたちの夢なんだ」、日向小次郎は「どんなことをしても勝つ」、石崎了は「目の前の敵から逃げるな」などと西野ジャパンにゲキを飛ばしていた。

ゲキがきいたのかどうかわかりませんが、日本代表はワールドアップ前最後のテストマッチでパラグアイに4対2で勝利。本大会でも勝利を重ねてほしいですね。

Tsubasa_4

2018年6月 1日 (金)

ワールドカップメンバー決まる

昨日、ロシアワールドカップに出場する日本代表メンバー23人が発表されました。メンバーは以下の通り。賛否両論色々あると思いますが、決まった以上は頑張ってほしいですね。

【GK】

川島永嗣(35=メッス)

東口順昭(32=G大阪)

中村航輔(23=柏)

【DF】

酒井宏樹(28=マルセイユ)

酒井高徳(27=ハンブルガーSV)

長友佑都(31=ガラタサライ)

槙野智章(31=浦和)

植田直通(23=鹿島)

昌子源(25=鹿島)

遠藤航(25=浦和)

吉田麻也(29=サウサンプトン)

【MF】

長谷部誠(34=フランクフルト)

山口蛍(27=C大阪)

原口元気(27=デュッセルドルフ

宇佐美貴史(26=デュッセルドルフ)

大島僚太(25=川崎F)

柴崎岳(26=ヘタフェ)

香川真司(29=ドルトムント)

乾貴士(29=エイバル)

本田圭佑(31=パチューカ)

【FW】

大迫勇也(28=ブレーメン)

岡崎慎司(32=レスター)

武藤嘉紀(25=マインツ)

2018年5月29日 (火)

イニエスタが日本にやって来た

5月24日、J1リーグのヴィッセル神戸は、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)と正式に契約しました。

もっとも、それだけの選手を日本に連れてくるのですから、相当の資金が必要になります。3年契約で、年俸は推定33億円。

今のJ1リーグの選手の平均年俸は2000万円強であることを考えると、年俸33億円は飛び抜けて高く思われます。

しかし、イニエスタがJリーグのクラブに入団するというニュースの発信力は当然凄まじく、日本中だけでなく、世界を駆け巡りました。その波及効果は計り知れません。加えて、イニエスタのプレーは比類のないものです。1つのパスにメッセージが込められ、触った瞬間、味方に活路が与えられる。たとえボールを触らなくても、彼が立ち位置を変えるだけで相手は幻惑される。それは魔法に近い。決して高い買い物ではないような気がします。

Thumb12136033567sports_l

 

2018年5月25日 (金)

日大ブランド失墜

連日、テレビ等を騒がせている日本大学アメリカンフットボールト部悪質タックル問題。

当初はアメフト部における問題だった本件が、対応のまずさで火に油を注ぎ続けた結果、「日大グループ」そのものへ影響を及ぼし始めています。大学はもとより、付属の小・中・高校の受験をやめる、またはやめさせる人が相次いでいるのです。

広報部の目論見とは裏腹に、日大のブランド価値は地に落ちてしまいました。

信頼を得るには時間がかかりますが、失うのは一瞬です。反面教師にしたいものです。

2018年5月17日 (木)

深い「闇」

小学校受験や中学校受験に対する批判は昔からよくありましたが、近年になるまで部活やスポーツに対する批判はあまり聞かれませんでした。

しかし、昨今のスポーツ界を巡る様々な不祥事により、これまで美談の陰に隠されていた「闇」が明るみになってきました。その「闇」は受験を巡るそれなど問題にならないくらい深そうです。とても残念なことですが。

2018年5月 4日 (金)

事実上の引退?

メジャー通算3089安打を放ったマリナーズのイチロー外野手(44)が球団の特別アドバイザーに就任しました。

選手としては今季の残り試合に出場せずベンチ入りの25人枠から外れるが、球団と生涯契約を結んでチームに同行し、練習しながら選手らをサポートする。

報道によると来季以降は試合出場も可能とのことですが、本当にそうなるかはわかりません。来期も選手としてプレーしてくれれば嬉しいですが、これは事実上の引退なのではないでしょうか。だとしたら、非常に残念です。

周りがとやかく言うことではありませんが、メジャーではなく現役にこだわり、最後は日本でプレーしてもよかったのでは、というのが嘘偽らざる感想です。

2018年4月25日 (水)

「鉄人」逝く

広島東洋カープの元内野手で「鉄人」と呼ばれ、2215試合連続出場の世界記録(当時)を樹立、国民栄誉賞を受賞した衣笠祥雄さんが死去したことが24日、わかりました。71歳でした。

声に変調をきたし、体調不良が心配されていた衣笠さん。指導者としてユニフォームを着ることなく亡くなってしまったことが、十分その資格があったと思われるだけに、とても残念です。ご冥福をお祈りします。

201804240000358w500_0

2018年4月22日 (日)

羽生結弦凱旋パレード

平昌五輪でフィギュアスケート男子66年ぶりの2連覇を達成した羽生結弦(23=ANA)の祝賀パレードが22日に故郷の仙台市で行われ、実行委員会は今回のパレードの観客数を10万8000人と発表しました。4年前の9万2000人を1万6000人上回った格好。

これだけ人気と実力を兼ね備えたスケーターはいなかったと思います。改めて、金メダルおめでとうございます!!

20180327oht1i50025t_2



より以前の記事一覧