« 昨日は小学生、今日は中3生の学力テスト | トップページ | 一関学習塾のブログの読者層 »

2020年8月10日 (月)

相違点をおもしろがれるか

相手と何か共通点があれば、その人に対して親近感がわきます。共通点が見つけられたのなら、話のとっかかりはそれでよいでしょう。しかし、そればかりではいずれ行き詰まります。共通点よりも相違点の方が多いもの。相違点をおもしろがれるようになれれば、相手との距離はグッと縮まります。

人それぞれ考え方や価値観は異なるものです。『セロリ』の歌詞ではありませんが、育ってきた環境が違うのですから好き嫌いは違って当然なのです。意見が合う方が珍しい。

「セロリが好き」「あんなもののどこがうまいんだ」のような会話は対立しか生みません。

「私、セロリが好きなの」「俺は嫌いだよ」では、話がそこで終わってしまって広がっていくことがありません。

意見が合わない人に過度に反応してイラっとすることなく、違いをおもしろがれるようになれれば素晴らしい。でも、わかっていてもそれがなかなか難しいんだよなぁ……

« 昨日は小学生、今日は中3生の学力テスト | トップページ | 一関学習塾のブログの読者層 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日は小学生、今日は中3生の学力テスト | トップページ | 一関学習塾のブログの読者層 »