« 『月刊 実況中継』創刊号 | トップページ | 自ら燃える »

2020年8月13日 (木)

万葉集

万葉集は、759年以降に成立したと考えられる我が国最古の歌集。古代からの貴族・農民・防人の歌など約4500首を収録。20巻からなる。編者は大伴家持か。近年では、「令和」の典拠となったことでも知られる。

⑶ 下線部(C)に関して、『万葉集』が載せた歌の数はどのぐらいか。次の中から1つ選べ。(2017年 上智大―外国語・神他)
① 約200首   ② 約750首   ③ 約1600首
④ 約3200首   ⑤ 約3800首    ⑥ 約4500首

問E 下線部へ(万葉集)に関連して述べた文として誤っているものはどれか。(2016年 早大―商)
1 全20巻である。
2 万葉仮名が用いられている。
3 巻14には東歌が収められている。
4 巻20などには防人歌が収められている。
5 大伴旅人によって編纂された。

⑶ 知っているかどうかで決まる。

問E 大伴旅人ではなく大伴家持。

解答 ⑶ ⑥  問E 5

« 『月刊 実況中継』創刊号 | トップページ | 自ら燃える »

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『月刊 実況中継』創刊号 | トップページ | 自ら燃える »