« 塾に通うメリットとは? | トップページ | もし大学受験に長文読解問題がなかったら »

2020年7月30日 (木)

岩手からの現代社会への問題提起

残念なことですが、岩手県のコロナウイルス感染者0状態が途絶えてしまいました。しかし、ここまで長く感染者を出さなかったのは岩手のみだったという事実は揺るぐことはありません。

宮沢賢治を例に出すまでもなく、岩手ほど、自然を畏れ敬い、自然を支配しようとするよりも共存しようとしてきたところは他にないように思います。

感染症も自然の驚異の1つ。簡単に勝てる相手ではありません。それゆえ、岩手はコロナに対しても、戦うというよりもむしろ避けるという方向で対処してきました。

近年のグローバリズム志向がコロナ禍をエスカレートさせたことはおそらく間違いないでしょう。岩手には伝統的に、経済的なうまみがあっても安易に飛びつかない、換言すれば、反グローバリズム的風潮があります。さらに、西洋的な科学を過信しないという風潮もあると感じます。そのような態度、県民性がコロナ感染者を出さなかった大きな要因だったのではないでしょうか。

田舎だと言ってしまえばそれまでかもしれませんが、都会人が失ってしまったものを多く残していることが岩手県民の命を守った。これは現代社会への問題提起だとは言えないでしょうか。

« 塾に通うメリットとは? | トップページ | もし大学受験に長文読解問題がなかったら »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 塾に通うメリットとは? | トップページ | もし大学受験に長文読解問題がなかったら »