« 1960年代以前の大衆文化 | トップページ | 文頭のof »

2020年7月22日 (水)

文章構成の型

文章の構成には、大きく分けて次の3つの型があります。読むときも書くときも、この種の型を知っているのとそうでないのとでは全然違います。たいして難しいことではありませんから、ぜひ早い段階で了解しておいてください。

・頭括型(結論→理由・具体例など)
・尾括型(具体例・理由など→結論)
・双括型(結論→具体例・理由など→結論)

結論から先に書くのが頭括型で、新聞記事などに多い型です。結論が先に来るので読者にとってストレスが少なく、したがって離脱率も低くなります。

結論を最後に書くのが尾括型で、序破急や起承転結を含みます。国語の読解問題で出題される文章の多くはこのパターンです。

尾括型と頭括型を組み合わせたのが双括型。結論を最後にもう一度アピールすることで読者に強く印象づけることができます。商品を売るための文章などによく見られる型です。

« 1960年代以前の大衆文化 | トップページ | 文頭のof »

学問・資格」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1960年代以前の大衆文化 | トップページ | 文頭のof »