« 「象徴」とは? | トップページ | 指示語について »

2020年6月30日 (火)

素直で行動が早い人になろう

塾に来て成績を大きく伸ばす人たちはどのような人たちでしょうか。学校で教わるような基礎的な内容をおろそかにしない。それはもちろんですが、性格的なことでいえば、素直で行動が早い人たち。こういう人たちはしっかり成果を出します。

自分のやり方に固執する人は、いつまでたっても、予想の範囲内かそれを下回る結果しか出せません。今までのやり方でうまくいかないところがあった、あるいは、勉強のやり方がよくわからなかったから塾に来たはず。それにもかかわらず、自己流から抜けられない人は、あるレベルから上に行くことは絶対にありません。

私の塾では、やり方もいくつか紹介していますし、使う教材も限定しているわけではありません。ですから、それほど窮屈ではないはずです。たしかに、初めは違和感があったり、面倒くさいと思うこともあるかもしれません。しかし、私の言ったことをまず1つでも実行してみるかどうか。それが何より重要なのです。そこさえきちんと守ってくれれば、すぐには無理でも、いずれ予想を超えるような結果を出すことができるでしょう。

素直で行動が早いというのは、人に好かれる条件でもあります。塾生には、勉強を通じて、広い意味での「生きる力」を身に付けてほしい。私はいつもそう考えています。

 

 

 

« 「象徴」とは? | トップページ | 指示語について »

塾での日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「象徴」とは? | トップページ | 指示語について »