« 「る」の識別 | トップページ | ☆☆☆2020年度夏期講習のお知らせ☆☆☆ »

2020年6月10日 (水)

中村俊輔選手の言葉から

497597_2 課題が出てこない試合なんてない。

これは、日本代表の10番を長きに渡って背負い、今も現役として活躍しているサッカーの中村俊輔選手の言葉です。

テストについても同じことが言えます。全教科満点の人でもない限り、課題は常に見つかるものです。見つかった課題に真正面から立ち向かう人になるか、課題から目をそらしてしまう人になるか。それがやがて大きな差になるのです。

私たちは成功している人を見ると、課題なんてないんだろうなとつい思ってしまいます。たとえあっても、才能があるから何でも楽にクリアしてしまうんだろうなとも。しかし、課題のない人なんていませんし、楽に克服できる人もいません。勉強に才能というものがもしあるのだとしたら、課題から逃げず、それに立ち向かい続けられることこそが才能だと言えるでしょう。

目先の点数よりも、課題を発見し、克服する姿勢があるかどうかにこだわってください。そうすれば、自ずと結果はついてきます。

« 「る」の識別 | トップページ | ☆☆☆2020年度夏期講習のお知らせ☆☆☆ »

スポーツ」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「る」の識別 | トップページ | ☆☆☆2020年度夏期講習のお知らせ☆☆☆ »