« 冠位十二階 | トップページ | 『移民の歌』というのもあるくらい »

2020年6月15日 (月)

人形浄瑠璃・歌舞伎の脚本

人形浄瑠璃・歌舞伎の作品のうち、町人を題材にしたもの(江戸時代の現代劇)を「世話物」といいます。近松門左衛門の『曽根崎心中』や『心中天網島』などが有名ですね。一方、江戸時代の庶民の日常からかけ離れた話題、すなわち遠い過去の出来事や、武家や公家の社会に起きた出来事などを扱ったものを「時代物」といいます。近松門左衛門の『国姓爺合戦』や竹田出雲の『仮名手本忠臣蔵』がこれに当たります。

江戸時代の文化に関する次の文章を読み、問いに答えよ。(2014年 立命館大―全・2月2日実施)

 ➀かれは、京都近くの武士の出であったが、若いころから文学に親しみ、人形浄瑠璃や歌舞伎の脚本を書いた。かれの作品には、当時の恋愛・心中・殺人などの世相に題材を求めた( A )や、歴史上の説話や伝説に題材をとった時代物などがある。( A )には、実際にあった心中を素材にした②1703年初演の『曽根崎心中』などがあるが、この作品では、義理と人情の葛藤のあげく心中した2人が、この世では得られなかった幸福を来世に求める姿が感動を呼んだ。

⒜ 下線部➀の「かれ」は誰か。もっとも適当な人物の氏名を答えよ。

⒝ 空欄( A )にあてはまる、もっとも適当な語句を下から一つ選び、記号で答えよ。
あ 世話物  い 武家物  う 白波物  え 黄表紙

⒞ 下線部②に関連して、この作品は当時下線部➀の「かれ」の作品を中心として上演していたある座の経営不振を救ったと言われている。義太夫節を創始した人物が経営していたこの座の名を答えよ。

すべて頻出。立命館にしては易しい。

解答 ⒜ 近松門左衛門  ⒝ あ  ⒞ 竹本座

歌舞伎では鶴屋南北の『東海道四谷怪談』や河竹黙阿弥の作品など、町人の日常生活を写実的にとらえた作品が人気をあつめた。

問 下線部で述べられている歌舞伎の脚本を何というか。漢字4文字で書きなさい。(2016年 慶大―商)

「漢字4文字で」となっているので、こちらは難問。文化文政期以降、特に写実性の強い生粋の世話物を生世話物(きぜわもの)または真世話物(まぜわもの)と称した。この問題を落としても差はつかないであろう。

解答 生世話物(真世話物)

« 冠位十二階 | トップページ | 『移民の歌』というのもあるくらい »

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冠位十二階 | トップページ | 『移民の歌』というのもあるくらい »