« けりをつける | トップページ | 『天才はあきらめた』 »

2020年5月17日 (日)

矛盾することわざ

短い言葉でためになることを教えてくれるのがことわざです。しかし、ことわざの中には相反する内容を持つものが存在します。

たとえば、二回失敗したらその次は成功するという意味の「三度目の正直」と、同じようなことが二度続いたら三度目も同じ結果になるという意味の「二度あることは三度ある」。あるいは、成功するかはさておき、とりあえず挑戦してみろという意味の「当たって砕けろ」と、慎重に慎重を重ねて物事に臨むという意味の「石橋を叩いて渡る」などです。

これら以外にも、矛盾することわざはあります。「一体どっちなんだ!」とツッコミを入れたくなる気持ちはわかりますが、ことわざはどれも真理に迫ったもの。どちらかが間違っているというわけではありません。どっちを信じるかは、時と場合、または、その人の性格によるのだと思います。

考えてみれば、生きていることというのは矛盾することだらけ。このことに気がつかせてくれるのもことわざのおもしろいところかもしれません。

« けりをつける | トップページ | 『天才はあきらめた』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« けりをつける | トップページ | 『天才はあきらめた』 »