« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月31日 (火)

2019年の大晦日に

間もなく2019年も終わろうとしています。今年も何とか1年を乗り切ることができました。皆様に感謝申し上げます。

年初に立てた目標のうち、達成できたものもあれば、達成できなかったものもありました。

目標達成のためには、技術的なことや勉強はもちろん大切ですが、それ以上に、肉体的にも精神的にもコンディションを整えることが大切だという気が今はしています。それさえ整えられれば、いい仕事ができる。すなわち、目標を達成できるという予感があります。

これまで私はコンディションを整えることにどちらかといえば無頓着な方でしたが、来年以降は重要視していこうと思います。食事や睡眠に気を配るとともに、ストレスをできるだけ溜めないようにする。これらを意識して日々を過ごしていくつもりです。

来年以降も、一関学習塾にぜひご期待ください!!

 

2019年12月30日 (月)

寅さんが若い世代に人気

Dmyueexucaao3mu登場人物たちの今とデジタル修復によってよみがえる車寅次郎の映像が紡ぎ合う新たなストーリー。初公開から50周年にして50作目『男はつらいよお帰り寅さん』(松竹)が、公開されています。

49作目が公開されて22年にもかかわらず、映画をリアルタイムで見ていない若い世代のファンが増えており、東京都葛飾区柴又にある寅さん記念館の来館者の約3割が若いファンなのだそう。

古き良き日本を知らない人たちにとっては逆に新しいのかもしれませんし、偉大なるマンネリズムの力ということができるのかもしれません。祖父母と一緒に見ていたからというケースも多いようです。

山田洋次監督は若い世代に観てもらうことを望んでいましたから、きっとこれは良い傾向だといってよいのでしょうね。

2019年12月29日 (日)

来年もよろしくお願いいたします!!

今日で一関学習塾の冬期講習A日程が終了しました。今年はこれで仕事納めとなります。

明日、明後日で年賀状作成とタイヤ交換等、しようと思っていてできていなかったことをしようと思います。

年明けは3日からB日程開始。

1年間ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします!!

 

2019年12月28日 (土)

アフォーダンス

「アフォーダンス」というのは、「与える、提供する」という意味の英語、アフォード(afford)からきており、知覚心理学者であるアメリカのジェームス・J・ギブソンによって作られた造語です。

アフォーダンスとは、環境に実在する動物(有機体)がその生活する環境を探索することによって獲得することができる意味であると定義されます。

たとえば、引き手のついたタンスを想像してみましょう。"私"はタンスの取っ手を引いて開けることができるということを知っています。それは、タンスの取っ手が"私"に対し「ここを引っ張ればタンスが開くよ」と語りかけているからだ、という解釈をするのが、アフォーダンスの理論に基づいた考え方だということができるでしょう。

したがって、アフォーダンスを「経験によって得られたその物の持つイメージ」と言い換えても間違いではないでしょう。

2019年12月27日 (金)

高校入試の過去問について

毎年のことですが、冬期講習前後から塾で高校入試の過去問演習をする機会が増えていきます。

塾だけでも入試までに少なくとも2・3年分はやる形になるはずですが、できれば過去問は購入し、個人的にも時間を計って解くようにしてほしいと思います。というのは、5教科分をフルでやる時間を塾で取ることはできないからです。

過去問を買う際、問題はどこも同じなので、ポイントとなるのは解説です。同じ解答でも出版社によって解き方が違う場合があります。自分にとってわかりやすいもの、しっくりくるものを選ぶようにしましょう。また、解説はできるだけ詳しい方がよいです。特に記述問題の根拠等が詳しく書かれてあるかをチェックしましょう。

間違っても値段で選ばないでください。そんなところでケチってもろくなことはありません。

 

 

2019年12月26日 (木)

日本出版販売さんからのメール

1か月前に終わったばかりだというのに、来年刊行される『歴史能力検定 2019年実施全級問題集』(河合出版)に、以前書いた原稿をまた使ってよいかというメールがきました。動きが早いですね。

日本出版販売さんのご依頼で「合格者の勉強法」について寄稿したのが約3年前。ありがたいことに、毎年新しい本が出る度に現物を送っていただいています。ですから、買わなくてもよいといえばよいのですが、送っていただいた本は保存用とし、勉強用は勉強用で別に購入しています。

『全級問題集』も次で4冊目。このシリーズもすっかり定着したといってよいと思います。『全級問題集』はこれからも歴検受験者のバイブルとしての役割を果たしていくことでしょう。

M19640352854_1_20191226001301

2019年12月25日 (水)

『スターウォーズ』考

『スターウォーズ』は、よく言われる通り、「ハイテクな昔話」だと思います。映画冒頭の「遠い昔、遥か彼方の銀河系で…」というテロップから現在進行形で起きてる物語ではないことがわかります。

『スターウォーズ』は科学的根拠に基づいたハードなSF映画というよりは、桃太郎が鬼退治に行くようなアドベンチャー、鶴の恩返しのような義理尽くし、かぐや姫のような故郷に馳せる想いなどをミックスし、さらに登場人物の成長や愛など不変のテーマを盛り込んだストーリーなのです。また、魅力的なキャラクターも多いですよね。だからこそ、子どもから大人まで楽しめる作品なのだと思います。

『スターウォーズ』は、どはまりして全作品を観るか、最初から全く観ないかのどちらかになりやすい作品のような気がします。私のように、中途半端に何作品かだけ観ているという人はむしろ少ないのではないでしょうか。

426083

 

 

2019年12月24日 (火)

冬期講習が始まります

今日から一関学習塾の冬期講習が始まります。

受験生の皆さんは最後の追い込みをしましょう。それ以外の方も、休み明けの実力テストや模試に向けて、2学期の復習をしっかり行いましょう。

クリスマスに浮かれることなく、冬休みも頑張る皆さんは本当に素晴らしいと思います。

2019年12月23日 (月)

『実力をつける100題』は必須か?

社会の問題集の一つに、Z会の『実力をつける100題』シリーズがあります。難易度、網羅性、解説の充実度が非常に高いことで知られる問題集であると同時に、入試の過去問ではなくオリジナル問題で作られているため、賛否の分かれる問題集でもあります。

構成は、それぞれの章内にいくつかのテーマが設けられ、合計100テーマから成る形をとっています。章の初めには簡単な知識整理がついており、その範囲の概要を確認できますが、一から勉強することを想定したものではないため、初学者のための教材としては不向きです。もしかしたら中級者でも苦労するかもしれません。

『実力をつける100題』は、難関私大を目指していて、社会で高得点を狙って相当量の演習をこなしたい上級者には良い問題集だと思います。しかし、それ以外の人たちにとってはこなしきれないか中途半端に終わる可能性が高いので、手を出さない方が無難でしょう。

復習も含めてきっちりやりこむことができないのであれば、どんなにい良い問題集であっても宝の持ち腐れとなります。見栄を張らずに、自分の目的やレベルにあった問題集を選ぶようにしましょう。

41oy8xpelil_sx355_bo1204203200_ Photo_20191222171101

2019年12月22日 (日)

冬休みの宿題について

もうすぐ冬休みですね。すでに冬休みの宿題を渡されているところも多いのではないでしょうか。我々の頃に比べて、中学・高校の宿題が増えているというのが率直な感想です。

宿題というと自力が当たり前という考えがあります。たしかに本人が確実にできるのであればその方がよいですが、生徒全員に一律で出されたものとなると、どうしてもできない問題も出てくることでしょう。そういった場合は、変に真面目にならずに気軽に周りの力を借りましょう。今時ならネットで調べてもよいですね。

もちろんテストでは人の力を借りることはできませんが、それ以外の場面では、先生や友人、ネット等の力を借りてでも不明な点をなくすことの方が大切。肝心なのは、宿題を自力で解くことや終わらせることでなく、自分の実力を伸ばすことです。そのために何をすべきなのかを考えて、冬休みの勉強に励んでください。応援しています。

2019年12月21日 (土)

depending on

2012年のセンター試験第2問Aで、次のような問題が出題されました。

Could you show me how to make my mobile phone ring differently, (  ) who's calling me?
① depending on  ② in spite of  ③ on behalf of  ④ relying on

単純に depend on ~ =rely on ~ とだけ押さえていると、①・④の両方を切って間違えるか、偶然の正解に期待するしかなくなります。

depend on ~ には、rely on ~ と異なり、「~次第である、~による」という意味があります。It depends.「それは状況(条件)次第です」という定型表現などを想起すればよいでしょう。知らなければ覚えておきましょう。

なお、② in spite of は「~にも関わらず」の意味。③ on behalf of は「~のために、~を代表して」の意味。④ relying on は「~をあてにして・~に頼って」の意味です。

解答 ①

 

2019年12月20日 (金)

二本柱は失われたけれど

2020年度から大学入試センター試験に代わって始まる大学入学共通テストでの記述式問題の導入延期が決まりました。これで、大学入試改革の象徴でもあった共通テストは英語民間試験の活用と記述式問題の導入という二本柱を失う形となります。

当初に比べてかなりトーンダウンした感は否めませんが、それでも、高い読解力などが求められるため、共通テストは現行のセンター試験よりも難しくなるだろうということは忘れてはいけません。

そうなると、共通テストは敬遠しようとか、私立大専願、または、簡単そうな推薦・AO入試で、と考える受験生も出てくるかと思います。

しかし、私立大は入学定員の厳格化の影響で難関大だけでなく、中堅以下の大学もそれぞれ倍率が上昇しています。特に、東京都内の私大は大きな影響を受けています。また、読解力重視の流れは、一般入試のみならず、推薦・AO入試でも進んでいます。ですから、私大だから、推薦・AO入試だから楽ということはありません。このことは知っておくべきでしょう。

 

2019年12月19日 (木)

そういう動機もある

一関一高附属中学校を目指す小6生と話していて、そういう動機もあるんだなぁと興味深く思ったことがあります。

それは、話の合う友達を見つけたいというもの。その子は海洋生物が好きなのですが、海洋生物に限らず、生物について語れる同じ年の友達が周りにいない。実は、その子のお姉さんも小学生のとき同じような状態にあり、それが附中に入って解消されたとのこと。だから、充実した中学校生活を送るためにも、附中に入りたいのだと。

なるほどなぁと思いました。その子にしてみれば、『人間失格』の大庭葉蔵じゃないけれど、普段の学校生活では、周りに合わせて「道化」を演じている面があるのかもしれません。話が通じなかったり、白けてしまうのは嫌なものですからね。そのくらい、話の合う、話の通じる同じくらいの年の人間が周りにいるかどうかというのは大きい。自然体の自分でも受け入れてもらえる。そういう環境を彼は欲しているのでしょう。

2019年12月18日 (水)

mighty

問 下線部の発音が、ほかの三つと異なるものを、下の①~④のうちから一つ選べ。(2012年 センター本試)

① enough  ② laughter  ③ mighty  ④ rough

gh の発音を聞いている。③のみ「黙字」で、他は「フ」(発音記号でいうと[f])である。

mighty は「強力な」という意味の形容詞。重要単語というほどではないので、知らない人もいるかもしれません。

塾の授業でこの問題を取り上げたときに、綴りにはあるが発音はしないという「黙字」の話をすると同時に、プロレスラーの「マイティ井上」にも触れました。意味を覚えるのにちょうどよい例だと思ったのですが、相手が女子高生ということもあって、ポカーンという感じでした。プロレス好きではないと通じない例だったかなぁ。

70726f647563742f32303136303431315f313535

2019年12月17日 (火)

忘年会について

忘年会を欠席する人が増えているそうです。

上司と飲みに行くのは気疲れするという若い人だけでなく、若い人からそういうふうに思われていると感じる40代・50代の人たちも、忘年会に参加するのは気が進まなくなっているようです。会費も昔と違って自腹というケースが増えており、給料がなかなか上がらない現状では、忘年会をスルーしたくなる気持ちもわかるような気がします。

世代が違えば、会話する内容も難しいものです。仕事の話ばかりだと白けてしまうかもしれない。かといって、下手にプライベートなことを尋ねたり、下ネタを言ったりすればセクハラ扱いされるかもしれない。もちろん酔った勢いで暴言を吐いてもいけない。

私は個人塾を営んでいるため、上司も部下もいません。したがって、忘年会をすることもないわけですが、以前は参加したこともありました。そのときの気持ちをいえば、年が明けてからも職場の人間関係は続いていくわけなので、とにかく波風を立てないようにしようというのが正直なところです。

良いか悪いかは別にして、もう「飲みニケーション」が成立する時代ではないのかもしれませんね。

 

2019年12月16日 (月)

学力テスト12月号を実施しました

昨日、塾で学力テスト12月号を実施しました。

点数的には、それぞれが第一志望校でB判定かA判定がつくくらいは取れていました。そういう意味ではよかったですが、まだまだつまらない失点も散見されます。そのような取りこぼしをなくしていけばあと20点くらいは上乗せできるはずです。

今日のを含め、これまで受けた模試の復習をするとともに、残りの期間でさらに得点力を上げられるよう、一日一日を大切に過ごしていきましょう。

2019年12月15日 (日)

東関親方死去、東山にも悲しみ

As20191214000983_comml 大相撲の東関親方(元幕内潮丸、本名佐野元泰、静岡県出身)が亡くなったことが14日、わかりました。41歳でした。相撲関係者によると、以前から病気療養しており、13日に死去したとのこと。

東関親方は1994年春場所で初土俵を踏み、2002年秋場所新入幕。突き押しやもろ差しでの寄りを武器に、幕内を12場所務めた。09年夏場所を最後に引退し、同年6月に横綱曙らを育てた師匠の元関脇高見山から部屋を継承していました。

東関親方が13日に死去したことは、毎年夏に合宿を行っている一関市東山町松川の関係者にも伝えられました。部屋の力士を精力的に指導し、41歳の若さで他界した親方。一関市に多少なりともゆかりのある親方だけに大変残念です。ご冥福をお祈りします。

2019年12月14日 (土)

「丸い」と「円い」

「丸い」と「円い」はどう使い分けるのでしょうか。

「丸い」は「球」(立体的)、「円い」は「円」(平面的)に使う、というのが原則です。

ただ原則としてはそうであっても、実際に使うときには一筋縄ではいかない部分もあります。

たとえば、「まるつけ」の「まる」はどうでしょうか。先生が赤ペンで書き込むのは球ではなく円です。しかし、「円をつける」という表記には違和感があります。やはり、この場合は「丸」の方がしっくりくる。

「丸い」は一般的、「円い」は限定的ということができると思います。つまり、「丸い」には「円い」の意味を一部包括するような幅広い用法がある。

したがって、「まるい窓」とか「まるい人柄」など、迷うものには「丸い」を使うようにするとよいでしょう。

2019年12月13日 (金)

二高生から修学旅行土産をいただきました

一関二高に通う塾生から修学旅行土産をいただきました。気遣いありがとうございます!

定番の品なのかもしれませんが、私は関西には行ったことがないので大変嬉しく思います。

191212_224820

 

2019年12月12日 (木)

お帰りなさい

西武に14年ぶりに復帰する松坂大輔投手(39)が11日、東京都内で入団記者会見を開き、「ライオンズに戻って来られて家に戻ってきた感覚。リーグ3連覇、日本一の力になれるようにやっていきたい」と意気込みを話しました。

スーツ姿で登場し、中日の退団が決まった後に「すぐに声を掛けていただいたのがライオンズだった。何も迷うことはなかった」と復帰の経緯を説明。残り30勝としている日米通算200勝へ「僕自身も終わりというものがだんだん近づいている中で、達成したい気持ちが強くなっているのは確か。諦めずに200という数字を目指してやっていきたい」と意欲をのぞかせました。

これが最後のユニフォームというつもりでやってくれるでしょう。過剰な期待はすべきではありませんが、投げられさえすれば、投手力が課題のライオンズにとって戦力となってくれるはずです。やはり、松坂にはライオンズのユニフォームが一番合っています。

Spo19121114160041p1

 

2019年12月11日 (水)

就職希望だから勉強はしなくてもよい?

自分は就職希望だから、高校の勉強はあまりしなくても、とにかく卒業さえできればよい。

たしかに、これまではこういう考え方でも通用してしまっていたかもしれません。しかし、時代は確実に変わってきています。

一度就職してもなんらかの理由で退職せざるを得なくなることもあるでしょうし、退職しなかったとしても、新しい知識や技術を身に付けていかなければ、遅かれ早かれ活躍の場はなくなっていくことでしょう。高校を卒業して一度就職してしまえば「逃げ切れる」などというのは幻想です。

高校で勉強した内容が社会に出て直接何かの役に立つことはないかもしれませんが、努力をして成果を出した経験は今後の人生で大きな強みになります。

努力をし、成功した経験があれば、それは仕事にも応用できます。一方、そういう経験がなければ、社会人になってから相応の苦労を要します。

学生時代に頑張れなかった者が社会人になってから頑張れるとは思えません。小さくてもいいから成功する体験を学生のうちにいっぱいしてください。そして、そういう体験をするのには勉強が最も適しているのです。

2019年12月10日 (火)

ON

ONの偉大なところは、長きに渡って両雄が並び立ったところです。あれほどの例を私は他に知りません。

2019年12月 9日 (月)

静電気対策

静電気対策には、体への帯電を抑える方法や、帯電した静電気を放電する方法があります。簡単にできる方法を3つ紹介します。参考にしてください。

1 ドアノブに触れる前に壁や地面を触る

電気を通しやすい金属系に触れる前に、ゆっくり電気を通す素材に触れましょう。セルフ式のガソリンスタンドでは「はじめに触ってください」などと書かれた静電気除去シートがありますが、これも同じ理屈です。

2 金属製の鍵などを媒介して触れる

「バチッ!」という静電気の痛みを感じる時は、体に蓄積した電気が指先など一箇所から一気に放電するためです。その対策として、鍵や金属性のボールペンなどをしっかり持って金属に触れましょう。「バチッ!」となるのは握っている金属の先端部なので、痛みを感じにくくなります。

3 部屋の加湿を心がける

部屋が乾燥していると、空気中の水分が少ないので電気が水分を通して逃げることができなくなるため、行き場のなくなった電気が体に溜まりやすくなります。加湿を心がけ、電気を体に溜めないようにしましょう。

2019年12月 8日 (日)

公中検模試&三者面談&直前講習

昨日は公中検模試と通常授業を実施。今日は三者面談と中学受験・大学受験の直前講習を行う。

これから入試が終わるまでこういう日々が続く。体調を壊さないように、成果を出せるように、頑張りたい!!

2019年12月 7日 (土)

静電気が冬場に発生しやすい理由

あらゆる物質・物体は必ずプラスとマイナスの電気を持っていますが、力や摩擦などが原因でそのバランスが崩れることがあります。プラス電気はマイナス電気と結合する習性があります。したがって、体にプラス電気が帯電している状態でドアノブなどに触れると、金属のマイナス電気と引き合って静電気が発生してしまう。冬場によくありますよね。

湿度の多い梅雨や夏の時期は、空気中の水分を通して電気が空気中に流れていくので静電気は発生しにくくなります。夏に静電気が起きていないわけではなく、電気が溜まる前に自然に逃げてしまっているのです。

一方、冬のように湿度が低く、暖房の影響もあって乾燥していると、空気中の水分が少ないので電気が水分を通して逃げることができなくなるため、行き場のなくなった電気が体に溜まりやすくなります。加えて、冬は夏より衣服を着こみますので、摩擦などで静電気が起きやすいと考えられます。



 

 

2019年12月 6日 (金)

共通テスト、記述式も延期か

2020年度から始まる大学入学共通テストで導入される国語と数学の記述式問題について、政府・与党は5日、実施を延期する方向で調整に入りました。今後、政府は自民、公明両党との調整を本格化させ、年内に結論を出す見通しのようです。

記述式問題をめぐっては、約50万人の受験生の答案を採点するため、採点者が8千~1万人必要となり、採点者の質を担保できるのか。約2週間という短い期間で正確な採点ができるのか。記述式問題は自己採点が難しく、受験生が自らにふさわしい大学を選べるのか。こういったことが問題点として指摘されていました。

政府は11月1日に共通テストの柱だった英語民間試験の活用の見送りを表明しており、もう一つの柱である記述式問題の導入も延期されれば、大学入試改革は振り出しに戻ることになりますが、それでよいのではないでしょうか。不安な点が解消されないまま、実施してもよいことはないと思います。

というか、そもそも論ですが、センター試験はどうしても廃止しなければならないのでしょうか。問題の改変ではいけないのでしょうか。「新しい学力」の背景にある「生きる力」は、従来の受験勉強でも十分身に付けられる、というのが当初から変わらぬ私の考えです。

2019年12月 5日 (木)

「即効」と「速効」

「速攻」や「即行」は字から意味がわかるので迷いませんが、「即効」と「速効」はどう違うのでしょうか。

「即効」とは「すぐに効き目が現れること」です。育毛剤でも、トレーニングなどの運動でも、すぐに効果がありますと謳う時にはこの「即効」を使用します。「即効性」や「即効薬」など、「即効」は効果が出る場合に使用するには一般的な言葉です。

それでは、「速効」はどうでしょうか。「速効」の意味も「すぐに効き目があること」で、「即効」とほぼ変わりませんが、「速効」を使用できるものは、肥料や一部の医療分野の物に限られます。ですから、速効性の肥料や、速効性のインスリンなどと言ったような使い方をし、それ以外で使うことはまずないと思って間違いないでしょう。

なかなかややこしい使い分けではありますが、覚えておくとよいでしょう。

 

 

2019年12月 4日 (水)

美しき狼たち

力石戦は一つのハイライトだったと思う。令和に聴いても、いいものはいい。

2019年12月 3日 (火)

歴検と文学②

江戸時代後期の出版に関する次の文章を読み、あとの問いに答えなさい。(2019年 歴検日本史1級)

(略)

 出版事業が活発化する一方、出版を統制する動きもみられた。11代将軍徳川家斉のもとで松平定信が完成の改革に着手すると、風俗粛清の動きが強まり、出版統制令が出された。政治批判や風俗を乱す内容の書物が取締りの対象となり、『( ア )』などの作品で知られる洒落本作家の山東京伝、『金々先生栄花夢』などの作品で知られる黄表紙作家の( イ )、出版元の( ウ )らが弾圧された。

問6 空欄( ア )・( イ )にあてはまる語句の組み合わせとして正しいものを、次の①~④のうちから一つ選べ。
① ア 仕懸文庫   イ 恋川春町  ② ア 仕懸文庫   イ 為永春水
③ ア 春色梅児誉美 イ 恋川春町  ④ ア 春色梅児誉美 イ 為永春水

問7 空欄( ウ )にあてはまる人物の名前を、漢字5字で記せ。

問6 『春色梅児誉美』は、天保の改革で処罰された、人情本作家である為永春水の作品。

問7 今回の記述問題の中では一番難しかったかもしれないが、1級受験者なら正解したいところ。

解答 問6 ①  問7 蔦屋重三郎

 

2019年12月 2日 (月)

漱石

Bc5454b4 夏目漱石の「漱石」という雅号は、「漱石枕流(そうせきちんりゅう)」という故事に由来します。

昔、中国の孫楚という人物が「川の流れで口を漱ぎ(すすぎ)、石を枕にするような質素な生活を送りたい」と言おうとしたのを間違えて、「石で口を漱いで(すすいで)、川の流れを枕にしたい」と言ってしまいました。友人に間違えを指摘された孫楚は、間違えを認めずに「歯を丈夫にするために石で口を漱ぎ、耳の中をきれいにするために流れを枕にするんだ」という強情な負け惜しみを言ったそうです。そこから「漱石枕流」というのは、「負け惜しみが強く、頑固」という意味になりました。

夏目漱石は自分が頑固者だという意味合いを込めて「漱石」を雅号としたそうです。

こういうエピソーードを知っておくと、少しは文学史を身に付ける役に立つかもしれません。参考にしてください。

 

2019年12月 1日 (日)

明治時代の美術

9 下線部(欧米における日本の伝統美術への関心の高さや、お雇い外国人らの活動など)に関する文として誤っているものを、次の①~④のうちから一つ選べ。(2019年 明大―文)
➀ フェノロサは、文人画を中心とする日本美術の復興を主張した。
② 1867年のパリ万国博覧会には日本から幕府、薩摩藩、佐賀藩が初参加し、フランスでジャポニスムが起きた。
③ 大森貝塚を発掘したモースは、日本滞在中、数多くの陶磁器の収集をおこなった。
④ 開国後、浮世絵は海外にひろく紹介され、とくにヨーロッパの印象派の画家たちに影響を与えた。

➀ 「文人画を中心とする」が誤り。

解答 ➀

ちなみに、選択肢の④に関連して、同じ年の立教大(異文化コミュニケーション・経済・法)で、次のような問題が出題されています。

8 歌川(安藤)広重の「名所江戸百景」の「大はしあたけの夕立」や「亀戸梅屋敷」などの絵を模写したことで有名な画家はどれか。次の a ~ d から1つ選び、その記号をマークせよ。
a ゴッホ  b マネ  c モネ  d ルノアール

解答 a

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »