« 人間教育 | トップページ | 2019年度冬期講習のお知らせ »

2019年11月18日 (月)

わかることを重視してください

歴史能力検定1・2級では、高等学校用日本史教科書の全範囲を対象に、その背後にある世界をも射程に収めた問題が出題されます。

覚えることなしに成立する学問は存在しません。ですから、日本史に限らず、覚えなければならないものは覚えなければならないのですが、丸暗記一辺倒の勉強はあまりすすめられません。そうしたやり方では全範囲をカバーすることがそもそも困難ですし、歴史の持つ多様な連関を遮断してしまうことになりかねません。そして、何よりおもしろくない。

暗記のみの勉強は労多くして得るところの少ない勉強だと言わざるを得ません。わかることを重視してください。あるいは、完全理解は難しくてもわかろうとしてください。この姿勢さえ崩さなければ、歴史のイメージを描くことができるようになり、多くの知識を有機的に結びつけられるようになるでしょう。そのような勉強が暗記の負担を軽減するとともに、長期記憶を可能にします。それは必ずあなたの実力を支えてくれますし、もっと言えば、受験後もあなたを助けてくれる力となることでしょう。

« 人間教育 | トップページ | 2019年度冬期講習のお知らせ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間教育 | トップページ | 2019年度冬期講習のお知らせ »