« 塾の先生のなり方 | トップページ | 時間配分について »

2019年10月10日 (木)

塾の併用はあまりおすすめできません

正直申し上げて、塾の併用はあまりおすすめできません。一本化すべきです。

学習というのは「インプット→定着→アウトプット」という三つの段階を経て成立します。この三つの段階をきちんと踏まなければ、学力が高まることはありません。

塾が主に担っているのは、上記のうち「インプットの段階」の部分です(「定着」は家庭学習、「アウトプット」はテスト)。たとえば、普段通っている塾での解説が理解できないからといって、それを補うために別の塾に通ったりすると、「インプットの段階」にばかり時間をかけることになります。当然、「定着」のための家庭学習の時間が削られることになってしまい、結果として、成績はなかなか上がりません。

成績向上のためには、「インプットの段階」は一本化し、その分、「定着」に時間をかけた方がよいといえるでしょう。

 

 

« 塾の先生のなり方 | トップページ | 時間配分について »

塾での日々」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 塾の先生のなり方 | トップページ | 時間配分について »