« 知識があって損ということはありません | トップページ | 成績が学年平均より低い場合は »

2019年10月 7日 (月)

金田正一さん死去

プロ野球の国鉄(現ヤクルト)、巨人で投手として通算400勝を記録し、ロッテの監督も務めた金田正一(かねだ・まさいち)さんが6日午前4時38分、急性胆管炎による敗血症のため、東京都内の病院でお亡くなりになりました。86歳でした。

金田さんは、1950年(昭和25)、享栄商高(現・享栄高)3年夏に県予選で敗退した直後に中退して国鉄入り。同年8月23日の広島戦でプロ初登板。サヨナラ押し出しで敗戦投手になったが、10月1日の大洋戦でプロ初勝利。2年目には22勝をマークし、以後国鉄を退団する64年まで14年連続20勝以上は、いまだに破られない日本記録。沢村賞、最多勝、最優秀防御率は各3回、ノーヒットノーランと完全試合を1回ずつ達成。投手の記録という記録を塗り替えたプロ野球のレジェンドでした。

ご冥福をお祈りします。

Kne340jlp00715800

 

« 知識があって損ということはありません | トップページ | 成績が学年平均より低い場合は »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 知識があって損ということはありません | トップページ | 成績が学年平均より低い場合は »