« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月31日 (木)

『西郷どん』の影響か

昨年のNHK大河ドラマは『西郷どん』でした。その影響か、昨年の歴検日本史2級で、次のような問題が出題されました。

 薩摩藩主島津斉彬は藩の改革に着手し、そのもとで、反射炉など、集成館と呼ばれる洋式工場群がつくられた。また、斉彬は⒜ペリー来航以後は幕府政治にも関与したが、1858年に死去した。
 島津斉彬の死後、島津忠義が藩主となった。忠義の父である島津久光は「国父」として薩摩藩の実権を掌握しただけでなく、幕府の改革にも関わった。しかし、薩摩藩内での久光の影響力は低下し、1860年代後半になると、薩摩藩は討幕勢力の中心となった。こうした動きに対し、⒝幕府でもふたたび改革が推進されていった

問1 下線部⒜に関連して、ペリー来航後に推進された安政の改革について述べた文として誤っているものを、次の①~④のうちから一つ選べ。
① 大船建造の禁を解いた。
② 江戸湾に台場を築いた。
③ 前水戸藩主徳川斉昭が幕政に参与した。
④ 会津藩主松平容保が京都守護職に任じられた。

問2 下線部⒝に関連して、徳川慶喜に幕政改革を進言したフランス公使の名前として正しいものを、次の①~④のうちから一つ選べ。
① パークス  ② オールコック  ③ ロッシュ  ④ プチャーチン

問1 ④は文久の改革の内容。

問2 ①と②はイギリス公使。④はロシア使節。

解答 問1 ④ 問2 ③

 

 

 

2019年10月30日 (水)

一関学習塾のトイレが生まれ変わりました(^_^)

一関学習塾のトイレが生まれ変わりました。みんなできれいに使いましょう!!

191029_134907

2019年10月29日 (火)

英検の結果について

塾生の英検の結果についてです。

中1の塾生が4級、中2の塾生が3級の1次試験にそれぞれ合格しました。まだ習っていない範囲もある中での合格は立派だったと思います。

もちろん3級の2次試験の練習もする予定。2次も1回で突破できるようにしたいですね。

2019年10月28日 (月)

田舎ではハロウィンが定着したとは言えないけれど

田舎ではハロウィンが定着したとは言えないけれど、お菓子をもらう。Aさん、ありがとう🎃

191027_214416

2019年10月27日 (日)

ご当地ポテトチップスに福田パン

カルビーが、盛岡市に店を構える福田パンの人気商品「あん・バター入りサンド」の味を再現したご当地ポテトチップスを開発しました。あんことバターの風味が楽しめる“岩手の味”として、東北など8県で12月下旬までの期間限定で販売します。

カルビーは、2017年度から47都道府県の地元の味をポテトチップスで再現し、数量・期間限定で発売するプロジェクトを展開。岩手の味として17年度に「盛岡じゃじゃ麺」、18年度に「ひっつみ汁」を売り出しています。

今年度も「まめぶ汁」など多彩な案が出されたが、今年で創業71年を迎える老舗・福田パンの「あん・バター入りサンド」が高い支持を得たため、商品化を決定。あんこなどを加工したパウダーをポテトチップスに降り掛け、あんことバターの優しい風味や、小麦の香りが口いっぱいに広がる味わいに仕上げました。

福田パンのあんバターは食べたことがありますが、ポテトチップスの方はありません。ミスマッチのような気がしないでもないですが、コンビニ等で見かけたら、一度は食べてみたいと思います。


Main10

2019年10月26日 (土)

不思議な言説

テレビなどで、「学校の勉強なんて全く役に立たない」あるいは「学校(もしくは塾)なんていらない」というコメントを言う人たちがいます。

彼らは人と違ったことを言わないと存在価値がありませんからあえて言っているのでしょうが、本音だとしたら疑問に思いますし、何より彼らの発言を真に受ける人たちがいるのが問題です。特に学力の低い層ほど真に受けがち。

もちろん知識それ自体が役に立つことは少ないかもしれません。しかし、各教科の勉強を通じて身に付けた理解力や表現力、読解力といったものは役に立ちます。というか、社会生活を営む上でこれらは欠くべからざるものです。

また、いくらきれいごとを言っても、就職活動で大手企業にエントリーする際には学歴フィルターが存在するのは周知の事実。

人間は選ぶ立場であると同時に選ばれる存在でもあるということを常に意識しておかなければならないと思います。

 

 

 

 

 

2019年10月25日 (金)

日本史と地理②

2014年の歴検日本史1級で、次のような問題が出題されました。

(略)

 さらにこの年(1973年)の10月には、第4次中東戦争が勃発した。中東戦争とはアラブ諸国とイスラエルとの間で展開された戦争をいい、イスラエルの(   )半島占領に対する反発から起こった第4次中東戦争は、世界を震撼させる第1次石油危機を発生させた。・・・

問 空欄にあてはまる語句を、カタカナで記せ。

シナイ半島はアフリカ大陸北東部とアラビア半島との間に位置する。

Sinaitizu

日本史をやるのに日本地理が必要なのは当然ですが、場合によっては、このように世界地理が必要になってくることもあります。日本史を日本史の中だけで完結させるような勉強はしないようにしましょう。

解答 シナイ

 

2019年10月24日 (木)

早急に改善を!!

平日も遅くまで練習しているのに、さらに土・日の両方がつぶれる。テスト期間にもかかわらず試合や練習がある。そのような部活が一関市内にもあります。プロならいざ知らず、ここまでやるのは、率直に言って、異常な状態だと思います。どこで勉強しろというのでしょうか。

部活がしたくて教員になった。部活のために学校に行っている。そのような人たちが一定数いることを知っています。しかし、当たり前ですが、学校は勉強をしに行くところです。

部活はあくまで教育活動の一環であり、生活・学習とのバランスの取れた活動でなければなりません。中学・高校問わず、週休2日、せめて1日の休養日はあって当然ですし、活動時間の上限も2時間程度が望ましい。

先に述べたような状態が続いている部活に入っている生徒やその保護者は何も感じないのでしょうか。泣き寝入りすべきではなく、早急に学校側に改善を求めるべきだと思います。

従来型の部活動のあり方は見直さなければなりません。大学入試改革よりも部活動改革の方が先だと思うのは私だけでしょうか。

2019年10月23日 (水)

誕生日

過ぎて行く 時間だけで 年をとったりしない

希望を失う時 若くても 死んでいる

2019年10月22日 (火)

どんなことがあってもやり抜く覚悟があるか

技術や体力も大事ですが、事の成否を決めるのは、やり抜く決意というか覚悟があるかないかではないでしょうか。それさえあれば、遅かれ早かれうまくいくと思うのです。逆に言えば、情熱や気概なしに成功することは難しい。たとえ一時的に成功したとしても、長く続けていくことはできないでしょう。

人間というのは偉大です。月に到達するということまで成し遂げてしまったのですから。しかし、アポロにしたって、「何としても月に到達する!!」という指導者の強い決意がなかったなら、人類が月に降り立つことはなかったように思います。

勉強や仕事も同じことです。どんなことがあってもやり抜く覚悟があるなら、その人やその企業は大きく伸びていけると思うのです。人のせいや周りのせいにしているようではいけません。

 

2019年10月21日 (月)

困難を作り出す必要はないけれど

調子の良い状態が続いていると、そのつもりはなくても、つい気が緩みがちになるものです。反対に、困難に出合うと、心がひるんだり恐れを抱くこともあるでしょうが、なんとか対処するために、いつも以上に知恵を働かせたり努力するということがあると思います。そういう意味では、困難なときほど人材が育つということがいえるのではないでしょうか。幕末にあれほどの傑物が一度に出たのも困難な時代だったからだともいえるように思うのです。

消費税が上がって、多少の混乱があったり、あるいは売り上げに影響が出ているところもあるかもしれません。しかし、不平、不満をこぼしても仕方がありません。これは成長または人材育成の好機だと積極的に捉えてはどうでしょうか。

好景気・不景気というのは気のものでもあるというのが私の考えです。たとえ不景気になっても、志さえ失わなければ、それは体質強化の絶好の機会になり得ます。それに、悪い状態がいつまでも続くということはありません。慌てないことが大事。そのくらいの大きな心を持ちたいものです。

 

 

2019年10月20日 (日)

学力テスト10月号を実施しました

本日、塾で学力テスト10月号を実施しました。受験した中3生の皆さん、お疲れ様でした。

点数が伸びた人もそうでない人もいますが、結果の如何に関わらず、近日中にしっかり復習をしてほしいと思います。テストは結果もですが、それ以上に復習が大切です。

とにかく最後まで気を抜かず、入試本番ギリギリまで努力を続けていきましょう。後悔だけはしないように。

2019年10月19日 (土)

日本史と地理①

2018年の歴検日本史2級で、次のような問題が出題されました。

(略)

 朝鮮通信使一行は、大坂までは海路、それより東は陸路をとり、大垣・名古屋・岡崎・浜松と進み、(   )を渡り、箱根をこえて江戸へと向かった。・・・

問 空欄にあてはまる下線の名称として正しいものを、次の①~④のうちから一つ選べ。
① 最上川  ② 渡良瀬川  ③ 利根川  ④ 大井川

最上川は東北地方、渡良瀬川や利根川は関東北部を流れる川であるため、西日本から江戸へ向かうルートで直面することはない。

Ooigawa03

日本史をやるのに日本地理がわからないというのでは話になりません。便宜上、地理と歴史、公民に分けられてはいますが、元々は同じ社会なのですから関連して当然です。日本史を日本史の中だけで完結させるような勉強はしないようにしましょう。

解答 ④

2019年10月18日 (金)

公中検模試11月号のお知らせ

一関学習塾から小学6年生の皆さんにお知らせです。

当塾では、11月9日(土)の10時30分から、小6生対象の公中検模試を実施いたします。一関一高附属中学校の適性検査と似た形式の試験です。附中を志望される方は、本番のシミュレーションの機会としてぜひご活用ください。

なお、塾生以外でも受験可能です。希望される方がいらっしゃいましたら、お早めにご連絡ください。

【連絡はこちらへ】
一関学習塾 0191-48-3897
        一関市大町7-7ニューよこや1F 

2019年10月17日 (木)

Trick or treat!

「命令文+ or ~」の形で「…しなさい、さもないと~」という表現があり、大学入試に出題されることもあります。

Hurry up, (  ) you will no be there in time.

① and    ② or    ③ till  ④ when      (立命館大)

解答 ②

ハロウィンで子どもが言う“ Trick or treat!”も「命令文+ or ~」の形になっており、元は“ Treat me or I'll trick you.” だったそう。

辞書を引いてもらえばわかりますが、“treat”は「~を扱う」の意味がよく知られていますが、「(人に)ごちそうする」という意味もあります。これを子ども風にすれば「お菓子をくれ」に。“trick”は「~をだます」の意味がよく知られていますが、「~にいたずらする」という意味もあります。ですから、“ Treat me or I'll trick you.”は「お菓子くれなきゃいたずらしちゃうぞ」になるわけです。

これが長い間に省略されたり、言いやすさのために語順が変わって、“ Trick or treat!”となって定着したようです。

 

Photo_20191014202301

2019年10月16日 (水)

音読のすすめ

岩手県の公立高校入試では、発音・アクセントの問題は出題されません。そのため、発音・アクセントを軽視する生徒が多いように感じます。

気持ちはわからなくもありませんが、あまり良い傾向とは言えません。発音・アクセント問題が出なくても、家庭学習の中に音読を組み込んでほしいと思います。

普段から新しい単語が出てきたときに声に出して読む癖がついていれば、記憶にも残りやすいですし、テスト前の負担も軽減されることでしょう。何より正しく読めなければ正しく聞き取ることはできません。リスニングは公立入試にも出題されるわけですから、ぜひ音読を実行してください。読めるスピードが聞けるスピードです。教科書本文をスラスラ読めるようになるまで繰り返すとよいでしょう。

このように、音読は発音・アクセントだけでなくリスニング、最終的には読解にも効果を発揮します。地味ですが、今まであまりやっていなかったという人は実践してみてください。

 

2019年10月15日 (火)

最後の「体育の日」

昨日は「体育の日」でした。実は、「体育の日」という祝日が存在するのは今年が最後。来年からは「スポーツの日」に変わります。

「体育の日」は今でこそ10月第2月曜日に制定されているが、2000年までは10月10日に定められていました。「体育の日」が誕生したのは1966年。1964年に開催された東京五輪の開会式が10月10日だったため、それを記念して定められたのです。

1964年、10月10日が開会式の日程に選ばれたのは、日本の気象の歴史の中で晴れが多いという特異な日付だったためだそう。気象庁の発表によると東京で「体育の日」に1mm以上の雨が降った回数は、1966年から2018年までの52年間でわずか9回。1964年10月10日も晴天でオリンピック開幕を迎えました。

そんな「体育の日」は再び東京でオリンピックが開催される2020年を前に、その役目を終えようとしています。来年は特例として、東京オリンピックの開会式が開かれる7月24日が「スポーツの日」に。2021年以降は、これまでの「体育の日」と同じ10月第2月曜日が「スポーツの日」となる予定です。

 

2019年10月14日 (月)

共存共栄

どの店に行っても良い品を適性な値段で売っているし、サービスもいい。だから安心して買い物ができる。このように言われる業界であってこそ、個々のお店も発展、繁盛していける。逆に言うと、業界の中に不健全な店が多ければ、信用を失い、業界全体として大きな損害を受けることになりかねない。どの商売もそうでしょう。もちろん塾業界も例外ではありません。

そう考えてみますと、自塾を健全に保つことがまず第一ですが、同時に、他の塾とも対立するのではなく、考えの近い所とは協調して、業界全体の信用を高めていくことも重要だと思います。

以前、他塾の先生から紹介されて、うちの塾に通うことになった生徒がいました。驚きましたし、大変ありがたく思いました。そのときの自分に同じことができたかと問われれば、正直申し上げて自信がありません。しかし、その方がその子のためであり、業界のためになると判断したならば、そうできる自分でありたいと今は思います。

2019年10月13日 (日)

通塾を考えるときに予め押さえておいてほしいこと

通塾を考えるときに予め押さえておいてほしいことが三つあります。

一つ目は、塾に通うだけでは成績は上がらないということです。塾に通うだけでみるみる成績が上がるのなら誰も苦労はしません。教わった考え方や解き方を身に付ける必要がどうしてもあります。小テストをしてくれる塾(一関学習塾もそうです)もありますが、それとて限界があります。いつまでも「お客さん」意識でいてはいけません。定着のために具体的に何をやればよいかがわからない場合は塾の先生にきいてみましょう。

二つ目は、塾の方針と違うことをやらないということです。塾はプロです。勉強面に関しては保護者さんよりも圧倒的に情報量が多い。効果的な勉強法や失敗しない受験校の選び方、志望校合格への道筋等については塾を信頼することです。そもそも体験授業や面談は、その塾が信頼できるかどうかを確かめるためにあると思った方がよい。お子さんとの相性も大事な要素かもしれませんが、たった1・2回の体験だけでわかるものではありません。そのような曖昧なものよりも、体験授業や面談を通じて、その塾が目標を達成させてくれそうな塾かどうかを見極めるようにしてください。

三つ目は、保護者さんには動かせないものがあるということです。塾はすでにそこにあり、指導理念もあり、生徒もいるわけです。お子さんが塾に通うことになったからといって、突然あなたに都合のよい塾に変わることはありません。もちろん生徒の都合を全く無視するというわけではありませんが、その塾がその塾であるために、あるいは、すでに長く通ってくれている生徒のために変えてはいけないものがあるのです。塾に通う前に、塾には動かせないものが必ずあるという認識を持っようにしてください。

 

2019年10月12日 (土)

丸つけの意味

丸つけをする際、間違えた答えを消しゴムで消し、正解を書き直して丸をつける人たちがいます。もしあなたがこのタイプなら、その癖は改めた方がよいでしょう。

普段の勉強では、丸がつくかどうかはあまり重要ではありません。すでに簡単にできることばかりやれば丸だらけになりますが、それにほとんど意味はない。たとえば、中学生が1桁の数の足し算の練習をしても、それを勉強とは呼びません。できないことをできるようにするのが勉強だからです。

丸は今自分がやったことができているかどうかの確認の印にすぎません。丸がつかないよりはついた方が気分が良いでしょうが、丸がつかなかった後の勉強の方が重要です。克服すべき自分の課題が見つかったということですから。

間違った答えを消しゴムで消し、正解を書き直して丸をつけるということは、課題発見の機会を自ら放棄しているようなもの。間違った問題はあなたにとって「宝の山」なのです。「宝の地図」を捨ててどうする。

単純に丸がつくかどうかを問題にすればよいのは入試本番だけです。それ以外は、丸がつかなかった問題をいかに克服するかが重要。そこを間違えないでください。

2019年10月11日 (金)

時間配分について

試験は、ある意味、時間との戦いでもあります。ですから、初めのうちはいいですが、本番が近づいてきたら時間配分に気を配ることも大切になってきます。

具体的には、時間を計って過去問を解きます。時間内に終わらなかったとしても最後までやり遂げてください。その場合、どのくらいオーバーしたかも確かめておきましょう。その上で、なぜ時間がかかってしまったかを分析してください。

全体的に解くのに時間がかかってしまう。マークシートを塗りつぶすのに時間をかけすぎている。論述問題に時間がかかりすぎてしまう。人によって要因は異なりますが、自分がどこでどのように時間がかかっているのかをきちんと把握し、改善を心がけて練習を積めば、時間内に間に合うようになるはずです。

一方、早くできても合格点に達していなければ話になりません。その場合は、大問ごとの正答率を確認して弱点の克服に努めたり、より時間をかけた方がよい問題はないかを考えるようにしてください。

2019年10月10日 (木)

塾の併用はあまりおすすめできません

正直申し上げて、塾の併用はあまりおすすめできません。一本化すべきです。

学習というのは「インプット→定着→アウトプット」という三つの段階を経て成立します。この三つの段階をきちんと踏まなければ、学力が高まることはありません。

塾が主に担っているのは、上記のうち「インプットの段階」の部分です(「定着」は家庭学習、「アウトプット」はテスト)。たとえば、普段通っている塾での解説が理解できないからといって、それを補うために別の塾に通ったりすると、「インプットの段階」にばかり時間をかけることになります。当然、「定着」のための家庭学習の時間が削られることになってしまい、結果として、成績はなかなか上がりません。

成績向上のためには、「インプットの段階」は一本化し、その分、「定着」に時間をかけた方がよいといえるでしょう。

 

 

2019年10月 9日 (水)

塾の先生のなり方

目指している人がどれだけいるかわかりませんが、塾の先生のなり方について述べてみたいと思います。

主要5科目の中で教えられるものがあれば、基本的には誰でもなれる可能性があります。ただし、予備校ではないので、1科目だけでの採用というのはめったにありません。複数できた方がよいです。学歴については有名大学出身の方が有利なのは事実ですが、いくら良い大学を出ていても、教える仕事に向いているかどうかは別物。結局は、本人の適性や資質、そして努力次第といえるでしょう。教員免許は持っているに越したことはありませんが、絶対に必要というわけではありません。

多くの学習塾では、面接の他に採用試験を実施しています。試験は、中学生メインの塾ならその塾のある都道府県の公立高校入試、高校生メインならセンター試験くらいの難易度だと考えてよいでしょう。

採用されると、まずは研修期間に入ります。授業の見学や、先輩講師からの指導、模擬授業の実践など、様々なノウハウを学んでからデビューとなります。塾によっては、教壇に立つまでに数ヶ月間かかることもあります。

他の職業に比べ、門戸は広い方だといえますが、長く続けられる人は少ないというのが実情です。また、教室責任者など、ある一定のところまで進むと、独立する人が多いのも特徴です。何かの参考になれば幸いに思います。

2019年10月 8日 (火)

成績が学年平均より低い場合は

当たり前ですが、自分のレベルや現状に合った塾を選ぶことが大切です。

成績が学年平均より低い場合は(=偏差値50未満)、個別指導の塾か家庭教師を検討すべきでしょう。というのは、平均以下の成績ということは、そもそも学校の授業が理解できていない可能性が高いからです。集団授業の塾では、学校と同レベルかそれ以上のレベルの授業が行われるので、学校でわからなかった箇所がそのままわからずに終わるということになりがちです。

さらに、つまずく箇所も人によって異なるもの。そのため、自分の弱点に合わせた指導を受けたり、勉強法を知って初めてそうした箇所を克服できるといえるでしょう。そうはいっても、すぐに成果が出るわけではありません。それなりに時間はかかります。ですから、できるだけ早く手を打つようにしてください。

仲の良い友達が通っているだとか、料金が安いという理由だけで塾を選ばないことが大切です。あくまで学力を伸ばすことが通塾の目的のはず。そこを間違えないようにしましょう。

2019年10月 7日 (月)

金田正一さん死去

プロ野球の国鉄(現ヤクルト)、巨人で投手として通算400勝を記録し、ロッテの監督も務めた金田正一(かねだ・まさいち)さんが6日午前4時38分、急性胆管炎による敗血症のため、東京都内の病院でお亡くなりになりました。86歳でした。

金田さんは、1950年(昭和25)、享栄商高(現・享栄高)3年夏に県予選で敗退した直後に中退して国鉄入り。同年8月23日の広島戦でプロ初登板。サヨナラ押し出しで敗戦投手になったが、10月1日の大洋戦でプロ初勝利。2年目には22勝をマークし、以後国鉄を退団する64年まで14年連続20勝以上は、いまだに破られない日本記録。沢村賞、最多勝、最優秀防御率は各3回、ノーヒットノーランと完全試合を1回ずつ達成。投手の記録という記録を塗り替えたプロ野球のレジェンドでした。

ご冥福をお祈りします。

Kne340jlp00715800

 

2019年10月 6日 (日)

知識があって損ということはありません

受験勉強では覚えなければいけないことがたくさんあります。特に大学受験は大変です。しかし、そこは乗り越えなければならない壁です。

テストでは知識問題も出題されますし、そういう問題は知らなければ点が取れません。数学にしたって様々な解法を知っていることがベースになってきます。

最近では覚えることを軽視する意見も散見されますが、インターネットで調べる場合でも、知識があった方がより精度の高い情報にアクセスできます。加えて、思考力のベースは何といっても知識です。知識がなければ考えようがありません。

学校生活のみならず、社会に出ても「知っている」ということはいろんな場面でその人本人を助けてくれます。資格を持っていたり、他の人が知らないことを知っているというのは信頼も築きやすい。知識があって損ということはありません。

 

 

 

 

2019年10月 5日 (土)

「塾友(じゅくとも)」という存在

その子の性格にもよりますが、通塾を始めると学校以外の交友関係が生まれます。塾の友人、いわゆる「塾友(じゅくとも)」は利害関係がなかったり、目ざす進路が近かったりするため、良い刺激を与え合ってともに成長できるところが学校の友達と一味違う点です。

学校の友達は進路の方向性の違いから卒業後に疎遠になってしまいがちですが、塾友は塾に通っている限り続きますし、なかには一生の付き合いになる場合も。

また、不登校の子どもが塾だけ行くというケースもあります。学校の授業を受けることができなくても、塾の授業を受けることで学力が低下するどころか、逆にハイレベルの学校を受験して合格するということもありえます。

塾友の存在が塾に行く楽しみの一つになっている子もいます。授業だけが塾のメリットではないのです。

2019年10月 4日 (金)

ニュースレターのバックナンバーあります(*^-^*)

これまで塾生及び体験授業を受けた方にのみ配ってきた一関学習塾のニュースレターが入手できるようになりました。

ニュースレターには、塾内の様子や教育に関する情報がまとめられてあります。

数回分まとめて塾前にありますので、興味がある方はお持ちください。


191004_150654

2019年10月 3日 (木)

自動詞と他動詞②

「~を(に)」にあたる語を目的語といい、目的語をとる動詞を他動詞という、と教わってしまうと、目的語=「~を(に)」がつくもの、という先入観を捨て切れなくなります。

英語の自動詞・他動詞を区別するのに、日本語で「~を(に)」がつくかどうかはあまり関係ありません。それよりも、目的語(名詞)をダイレクトにつけられるのが他動詞、後ろに名詞を続けたいときは前置詞をつなぎ役に使わなくてはならないのが自動詞、と押さえておくべきです。そうでないと、以下のような問題にひっかかってしまいます。

When did you (        ) that university?

①graduate            ②graduate at   
③graduate from     
④graduate of    (神奈川大)

graduate は自動詞。日本語だと「~を卒業する」なので、前置詞の from を忘れがち。

自動詞は訳語だけでなく、結びつく前置詞ごと覚えておかなければなりません。そういう意味では厄介なのですが、試験に出やすい動詞はある程度決まっているので、ちゃんとインプットしたうえで過去問で練習を積んでおくとよいでしょう。

解答 ③

2019年10月 2日 (水)

自動詞と他動詞①

「~を(に)」にあたる語を目的語といい、目的語をとる動詞を他動詞という、と教わってしまうと、目的語=「~を(に)」がつくもの、という先入観を捨て切れなくなります。

英語の自動詞・他動詞を区別するのに、日本語で「~を(に)」がつくかどうかはあまり関係ありません。それよりも、目的語(名詞)をダイレクトにつけられるのが他動詞、後ろに名詞を続けたいときは前置詞をつなぎ役に使わなくてはならないのが自動詞、と押さえておくべきです。そうでないと、以下のような問題にひっかかってしまいます。

Do you think he (        ) his father?

resemmbles      ②resembles after   
resemblles 
to    ④resembles with    (同志社大)

resemble は他動詞。したがって、resemble toresemble with という形にはなりません。

解答 ①

 

2019年10月 1日 (火)

大学入試の英語はどう変わるのか

これまでの大学入試センター試験では、英語は主に「聞く」「読む」の2技能が評価されてきました。今後は「聞く」「読む」に「話す」「書く」を加えた4技能が問われます。このため、2021年1月~2024年1月の4年間は、共通テストで「リーディング」と「リスニング」のテストが出題され、併せて4技能をはかるために、外部の資格検定試験の成績が大学入試センターから各大学に提供されることになります。したがって、この4年間の受験生の多くは、大学入試の英語において、共通テストと資格検定試験という2つの対策をする必要があるのです。

センター試験では「筆記」200点、「リスニング」50点という配点でした。これに対して、共通テストでは「リーディング(筆記)」100点と「リスニング」100点と同配点になり、「読む」「聞く」の配点が均等になります。

それでは、共通テストの英語ではどんな問題が出されるのでしょうか。まず、「リーディング」では、様々なテクスト(文章や文献がひとまとまりとなっているもの)から概要や要点を把握する力や、必要とする情報を読み取る力などを問うことをねらいとし、センター試験で出題されていたような、発音、アクセント、語句整序などを単独で問う出題はなくなります。次に、「リスニング」では、読み上げられる音声の回数が、問題により1回読みを含めたもの(センター試験は全て2回読みで実施)が出題されます。また、プレテストの傾向を見ても、知識量を問うだけでなく、4技能をバランスよく身につけることが求められていることがわかります。

これからの大学入試の英語は、英単語や文法事項などの知識を増やすことだけでなく、覚えた知識を活用してより実践的に英語でコミュニケーションをとる力が求められていくことになるでしょう。

Shutterstock_3078767061680x437

 

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »