« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月30日 (月)

私大専願の受験生へ

私立大学専願の人、特に都市部の大学を第1志望にしている人は注意が必要です。2016年から始まった「私立大学の定員厳格化」の影響が大きいからです。

今年の入試は前年度に比べ、2000名以上合格者数を減らした大学は、東洋大学、日本大学、法政大学、南山大学、京都産業大学、立命館大学、関西大学、関西学院大学の8大学。これ以外にも1000名以上合格者数を減らした大学が10校近くあります。

収容定員が8000人以上の大規模大学では、これまでは定員をオーバーしてもよい割合は1.2倍でした(定員100名の場合、120名まで入学させても良い)。これをオーバーすると、大学は国からの助成金がカットされるため、各私立大学は戦々恐々としているわけです。

この割合が、1.17倍(16年度)、1.14倍(17年度)、1.1倍(18年度)と徐々に厳格化され、多くの私立大学が合格者数を減らさなければいけなくなりました(収容定員が4000人以上、8000人未満の中規模大学では1.2倍)。

高校生の皆さん、浪人するつもりがないなら、合格ラインを高く見積もって勉強するとともに、志望校選びを慎重に行いましょう。第一志望は多少高望みでもよいかもしれませんが、第2志望以下は合格可能性が80%以上ある大学と、念のためほぼ100%に近い大学も受けておく。このくらいの慎重さがいると思います。

 

 

2019年9月29日 (日)

勉強と行動

勉強してから行動するか、行動しながら勉強するか。

どちらでもよいのですが、いずれにしろ、現状を打破したり、今よりも高みを目指すなら、勉強も行動もどちらも必要です。

どちらかに極端に偏っていたり、途中でやめてやらなくなってしまうと、成果を出すことはできません。

学んだことを実際に自分でやってみると、何かしらの気づきや新たな学びが得られます。頭でわかっているだけではダメなのです。このように実体験と関連させていくと、本当の意味で勉強になりますし、役に立ちます。

一生懸命勉強して有名大学に入ったとしても、ニートをやっているようではしようがないと思いませんか。学んだことや身に付けた能力は社会に還元してこそ意味があります。そのためにも、勉強家の人は行動を、行動派の人は勉強を重視するべきだと思います。

 

2019年9月28日 (土)

「勉強=遊び」という理想的な心境に達しやすいのは

理科・社会の受験勉強は直前からでも間に合う。こんなデマを誰が言い出したのでしょうか。絶対に真に受けてはいけません。

どちらかといえば英数国は2次元的ですが、理社は身近な世界とつながっている3次元の世界だといえます。したがって、理科・社会は特に好奇心や経験値がものをいう。直前期から勉強するような受験生が、『Newton』を購読しているような子や、戦国武将や幕末にやたら詳しいような子に勝つのはまず不可能でしょう。

理科や社会が好きな受験生には大きなアドバンテージがあります。過酷ともいえる受験勉強の中で楽しみを見出せるからです。数学や英語の勉強に疲れたら理科や社会へ。すると、気分転換や息抜きにもなり、結果として長い勉強時間を維持することができます。

そればかりに偏らないように注意する必要はありますが、「勉強=遊び」という理想的な心境に達しやすいのが理科・社会が好きな子といえるのではないでしょうか。

 

2019年9月27日 (金)

大学入学共通テストの変化のポイント③

2020年1月の実施を最後に大学入試センター試験が廃止され、2021年1月から大学入学共通テストが始まります。2019年度の高校2年生から受験することになる新しい大学入試は、高校生はもちろん中学生以下の学年にも大きな影響があります。また、共通テストが始まって数年は、出題傾向なども流動的になることが予想されます。最新情報をチェックして、早めの対策に取り組みましょう。

共通テストの変化のポイントは大きくいって3つあります。3つ目は、国語と数学で記述式の問題が導入されるということです。

従来のマーク式に加え、国語と数学の一部で記述式の問題が出題されます。共通テストのプレテストでは、国語と数学でそれぞれ3問ずつ記述式の問題が出題されました。このような記述式の問題では、知識を覚えるだけでなく、覚えた知識を活用して考え、自分の言葉で表現する力が求められます。

また、高校の新課程に対応する2025年1月の共通テスト以降は、記述式の出題を社会や理科の分野にも広げる方針が出されています。これから大学受験に挑戦する人は、記述式の対策を早めに始めておくことが合否を分けるポイントの一つになるでしょう。

2019年9月26日 (木)

大学入学共通テストの変化のポイント②

2020年1月の実施を最後に大学入試センター試験が廃止され、2021年1月から大学入学共通テストが始まります。2019年度の高校2年生から受験することになる新しい大学入試は、高校生はもちろん中学生以下の学年にも大きな影響があります。また、共通テストが始まって数年は、出題傾向なども流動的になることが予想されます。最新情報をチェックして、早めの対策に取り組みましょう。

共通テストの変化のポイントは大きくいって3つあります。2つ目は、英語は外部の資格検定試験を併用。4技能が問われるということです。

センター試験では英語は「聞く」「読む」を中心に問われてきましたが、新しい大学入試では外部の資格検定試験を活用して「話す」「書く」を加えた4技能が問われることになります。また、センター試験では英語受験者には「筆記」「リスニング」が課されていましたが、「筆記」は「リーディング」に名称が改称されるとともに、配点が200点から100点に変更されます。一方、「リスニング」の配点は50点から100点に変更され、「リーディング」と同配点になります。なお、2021年1月から4年間は、共通テストの英語と外部の資格検定試験が併用され、2025年からは外部の資格検定試験に一本化される予定です。

外部の資格検定試験の成績は、資格検定を実施する各団体から大学入試センターに送られ、そこから各大学に提供されます。使えるのは、高校3年生の4月~12月に受けた資格検定試験の2回までの結果です。しかしだからといって、「高2までに外部の資格検定試験を受けても無駄」と考えているなら、それは間違いです。使えないのは、あくまでも「共通テストで使う検定試験」としてです。私立大学や推薦入試などには相変わらず有効です。ですから、3年生から検定対策を始めるのではなく、2年生までに英語4技能の検定対策を完成させるくらいの気持ちで準備を進めましょう。これからは、英語の前倒し学習が受験生の重要な課題になってくるのです。

 

 

 

2019年9月25日 (水)

大学入学共通テストの変化のポイント①

2020年1月の実施を最後に大学入試センター試験が廃止され、2021年1月から大学入学共通テストが始まります。2019年度の高校2年生から受験することになる新しい大学入試は、高校生はもちろん中学生以下の学年にも大きな影響があります。また、共通テストが始まって数年は、出題傾向なども流動的になることが予想されます。最新情報をチェックして、早めの対策に取り組みましょう。

共通テストの変化のポイントは大きくいって3つあります。1つ目は、「知識・技能」に加え「思考力・判断力・表現力」を問われるテストに変わるということです。

従来の「知識・技能」を中心に問うテストから、「思考力・判断力・表現力」を重視したテストに変わります。共通テストのプレテストでは、多くの教科で問題文として複数の資料を読み解いて答える問題が出題されました。さらに、センター試験では一問一答だったマーク式でも、プレテストでは複数マークしないと正解にならない問題が出題されています。このような出題傾向から、身に付けた知識・技能を活用して考え、判断する力を問う問題が出題されると予想されています。

 

 

2019年9月24日 (火)

付加価値を生み出すには?

人と同じことをしているだけでは、これからの社会で生き抜いていくことは難しいと思います。常に景気は右肩上がりで、皆が共通の「物語」を信じられた時代は終わったからです。「いくらでも代わりのきく人材」ということであれば、残念ながら、待遇も評価もそれなりのものにしかならないでしょう。

その人でなければならない理由や、自分が一番うまくできること、独自のアイデアを持っている人は強いです。しかし、オリジナリティーを発揮したり、何かで抜きん出た結果を残すのは相当ハードルが高いこと。

そこでおすすめしたいのが、何かと何かを組み合わせて付加価値を生み出すというやり方です。わかりやすい例でいうと、「美人すぎる〇〇」みたいなこと。

組み合わせるものはできるだけギャップがあった方が効果的だと思いますが、そこにこだわりすぎなくてもよいでしょう。これだって簡単なわけではありませんが、オリジナリティーや何かで抜きん出た結果を残すよりはハードルが低いと思います。

2019年9月23日 (月)

親御さんにしていただきたい声がけ②

授業だけでは成績を上げることは難しい。復習を行うことでどれだけ定着させられるかがポイントです。つまり、最終的には自習が勝負を決めるのですが、家庭学習がちゃんとできていない子もいます。

そこで、お子さんに「勉強しなさい!」と言う代わりに、「塾に自習に行ったらどう?」と提案してみてはどうでしょうか。家でなかなか勉強しない子を勉強させようと思ったら、塾に送り出してしまうというのも一つの手です。というか、おそらくそれが最適解でしょう。

静かで娯楽もない塾内であれば、集中して勉強するしかありません。宿題をやるのもいいですし、やることがわからなければ、何をやるのがよいか、先生に聞けばよいのです。お子さんにふさわしいプリントなどを用意してくれるはずですよ。

塾での自習のメリットは、勉強していてわからないところが出たらすぐに質問できるということです。頼られて嫌な気がする先生はいませんから、遠慮なく質問しましょう。塾で自習するのが習慣になると、最初は自分からなかなか質問できない子どもでも、やがて積極的に質問できるようになっていきます。

 

2019年9月22日 (日)

親御さんにしていただきたい声がけ①

学習した内容を覚える最も良い方法は誰かに教えることです。教えるには、その内容を頭の中で整理したり、話す順番を工夫する必要があります。そういうことを繰り返していくと、その内容が印象的なものとして教えている本人の記憶に残るのです。

「先生はよく覚えていられますね」と生徒に言われることがたまにありますが、教えているから覚えていられるという面が少なからずあるのです。

ですから、学校や塾で習ってきた内容を子どもにしっかり定着させたければ、一言こう言えばいいのです。

「今日はどんなことを習ってきたの?」

子どもは自分の知っていることなら、喜んで親御さんに話すことでしょう。お忙しいかとは思いますが、ぜひ面倒がらずに聞いてあげてください。要所要所でリアクションしてあげるとなおよしです。それを続けるだけで学習効果はかなり違ってくることでしょう。

2019年9月21日 (土)

公中検模試10月号のお知らせ

一関学習塾から小学6年生の皆さんにお知らせです。

当塾では、10月12日(土)の10時30分から、小6生対象の公中検模試を実施いたします。一関一高附属中学校の適性検査と同じ方式の試験ですので、附中を志望される方は、本番のシミュレーションの機会としてぜひご活用ください。

なお、塾生以外でも受験可能です。希望される方がいらっしゃいましたら、お早めにご連絡ください。

【連絡はこちらへ】
一関学習塾 0191-48-3897
        一関市大町7-7ニューよこや1F 

2019年9月20日 (金)

第4文型をとれそうでとれない動詞

I  (  ) to him that he would have to wait a little longer for the bus.

explained informed told convinced           (大東文化大)

①以外は第4文型がとれる動詞です。explain suggest は第4文型がとれそうですがとれません。「人に」と言いたいときは ゛to 人”の形をとります。

大学入試でも英検でも動詞の語法の問題はよく出題されますから、ややこしいですが覚えておきましょう。

正解 ①

2019年9月19日 (木)

第22回「全国地ビールフェスティバル in 一関」について

一関市の夏の恒例イベントとして8月23日~25日に開かれた第22回「全国地ビールフェスティバル in 一関」の来場者、販売実績がまとまりました。今回は販売数量は前回を下回ったものの、3日間を通して概ね天候に恵まれたこともあって、来場者は3万3000人超えで過去最多。

同フェスは、地ビールの普及と一関地方のPRを図る目的で毎年夏に開催され、各都道府県とドイツの69社が参加。同市大手町の一関文化センター前広場を会場に、例年と同様につまみコーナーも設けられ、地元の食材を使った自慢の料理を販売し、好評を博しました。

地ビールフェスはすっかり夏の風物詩として定着した感がありますね。これに合わせて帰郷する人たちも多い様子。実際、この時期に合わせて帰郷する元教え子と再会し、飲みに行くのが決まりごとになりつつあります。

残念ながら、私は仕事で地ビールフェスに参加したことはありませんが、一度は行ってみたいですね。

67188354_489661865172285_164201358549843

2019年9月18日 (水)

定期テストの範囲表は単なる範囲表ではない

一関市内では、中学校のテストが近づいてきています。

定期テストの範囲表はテスト勉強の参考になります。教科書の範囲のページや提出課題はもちろんですが、学習のポイントとしてどういったところを押さえおいたらよいのか書いてある場合が多いからです。あるいは、授業の中でどこから出すと明言している先生もいるかもしれません。

学校の先生たちからの「ここから試験に出すぞ!」というメッセージをしっかり受け取めましょう。そして、そこから優先的に勉強するのです。一通りやるのは当然ですが、出るとわかっているところは暗記するくらいやり込みましょう。成績が下位の人たちは徹底度合いが甘いのだと思います。時間の許す限り、しつこく繰り返しましょう。

定期テストの勉強を頑張ることは入試対策にもつながります。やれることはすべてやって、ぜひ自己ベストを更新してください。結果を残せれば自信が持てますし、やる気もアップします。

190919_142841

2019年9月17日 (火)

「できる」だけで満足しないようにしよう

数学に特に言えることですが、「わかる」と「できる」は違います。

理解できたからそれで「よし」としてはなりません。必ず問題演習を積んで実際に自力で解けるところまでもっていきましょう。

では、実際に問題演習をして教科書の例題や類題レベルの問題を時間をかけ、なんとか自力で7割くらいは解けるようになったとしましょう。大きな進歩ではありますが、このレベルまでの学習で終わりにしてしまうとまだ不安は残ります。

一口に「できる」と言っても、そこには「どの程度できるのか」というレベル差があります。そのレベルが甘ければ、テストでも高得点は望めません。ですから、テストで80点とか90点以上を取ろうと思うのなら、そこからさらに踏み込んで、例題や類題レベルの問題は見た瞬間に解法が浮かび、素早く正確に解けるようにしておく必要があります。

入試で基礎・標準問題が多く出題される公立高校を目指すのであれば、全分野についてこのレベルまで高めるのが理想です。「できる」段階で満足せず、「スラスラできる」という段階まで行くことを目標に学習をしていきましょう。

2019年9月16日 (月)

探してもらえる塾に

JR一ノ関駅から徒歩10分程度、一関第一高等学校から徒歩5分ほどに位置するジャズ喫茶がベイシーです。

店名の由来はカウント・ベイシーに因んでおり、実際にベイシー本人もここを何度も訪れているほど。マスターの音に対するこだわりは半端なく、学研刊『ジャズの教科書』では、「日本一のジャズ喫茶」と紹介され、「日本一音の良い喫茶店」として知られています。

日本のみならず、海外からも多数のジャズ愛好家が訪れ、有名なところでは、作家の村松友視さんや、実際に一関に移り住んでしまった色川武大さん、大学の後輩であるタモリさんらがいます。

知らない人はいないであろうコカ・コーラでさえ今もCMを流しているのですから、塾の認知活動は続けていかなければなりません。しかし、向こうから探して来てもらえるのなら、それが理想です。簡単なことではありませんが、そういう人が一人でも増えるような塾にしていけたらと願います。ベイシーのように。

 

Th

2019年9月15日 (日)

やる気がない子への対処法

やる気がなくダラダラしてしまう子への対処法としては、予め「区切り」を決めた状態で取り組ませることが重要です。問題を解く制限時間を決めたり、〇時までに問題集の△ページまでやると決めてから取り組ませましょう。

また、やる内容や教材を「絞る」ことも重要です。本当は色々やらせたいところですが、特に重要なものに絞って、せめてそれだけはやらせるようにしましょう。

家庭学習の習慣がない子は必ず伸び悩みます。やる気のない子に対しては、初めは周りがある程度お膳立てしてあげる必要があるかもしれません。

取り組み方をしっかりさせて結果がついてくれば、そのことがやる気につながっていき、あとは本人が自分に合ったやり方を見つけていくはずです。それまでは本人も周りも我慢が必要です。

 

 

 

2019年9月14日 (土)

一流のバッターのように

国語でも英語でも、読解問題に強くなるには、一流のバッターのようになることです。そのくらい共通点が多いと感じます。

第一に、基礎的な技術がしっかりしていること。読解でいうなら、語彙力や文法的な力が充実していることが大切です。

第二に、読みが鋭いこと。もちろん読みははずれることもありますが、一流のバッターほど過去の経験やここまでの配球から勝負球を間違えることが少ないように思います。読解も同じ。これまでの経験や論理的思考力を駆使して、先の展開を予測しながら文章を読みましょう。読みがはずれていた場合はまた修正すればよいのです。とにかく、「読まされる」のではなく「読む」ことが大事です。

第三に、視線を早く切らないこと。一流のバッターになればなるほどボールを長く見ることができるものです。問題文や本文は時間の許す限りよく読みましょう。ダメなバッターと一緒で、視線を早く切ってしまうと、結果もろくなことになりません。

2019年9月13日 (金)

「三年殺し」の目に合わないために

「1次方程式の利用」や「連立方程式の利用」で出てくる速さや割合を扱った文章題で、思っていた以上に苦しむ人たちがいます。

小5で習う割合や小6で習う速さや比の単元を何となく通りすぎてしまうと、こういうことになりがちです。

本来、方程式は文章題が苦手な人にとって「救世主」となり得るもの。方程式の文章題で苦しむのは、小学内容がものになっていない証拠だといえます。

小学校のテスト問題はさほど難しくないので、感覚的に数字を組み合わせて計算しても正解してしまうことがあったかもしれません。それに、問題自体も少ないため、基礎的な計算ができていれば、文章題を落としたとしても点数としてはそれほど低くならない。それがいけないのだと思います。小学校のときに気づけていれば、中学校で苦しむことはなかったでしょう。むしろ、方程式のありがたさがもっともっと実感できたはずです。

中学受験をしない人でも小学内容を軽視してはいけません。国語・算数は特にです。でないと、「三年殺し」の目に合うことになるでしょう。

 

 

2019年9月12日 (木)

『オズの魔法使い』

カンザスの大平原から大竜巻で家ごと見知らぬ土地に飛ばされたドロシー。ヘンリーおじさんとエムおばさんが待つ故郷へ戻りたい一心で、どんな願いも叶えてくれるという偉大なる魔法使いオズに会いにエメラルドの街を目指します。

道中、知恵がほしいカカシ、心がほしいブリキの木こり、勇気がほしいライオンに出会い、仲間とともに困難を乗り越える旅へ。

結局、願いを叶えてくれるはずだったオズの魔法使いは、何の願いも叶えてくれませんでした。カカシもライオンもブリキの人形も、ほしかったものはすでに自分自身の中にあったのです。ドロシーも自分で切り開くことによって、自分の願いを自分自身で叶えることに成功しました。

願いは誰かに叶えてもらうものではなく自ら叶えるものであるということ、そして、自分の中にすでにあるものに気がつくことが大切。

童話とバカにするなかれ。童話を大人になってから再読してみると、子どものときとはまた違ったおもしろさを発見できるかもしれません。

Photo_20190912012401

2019年9月11日 (水)

塾に問い合わせいただく前に

塾に問い合わせいただく前にお願いしたいことがあります。それは、お子さんの同意を得ているかご確認いただきたいということです。

保護者の方が子どもの成績を心配して塾に問い合わせをし、面談の日時まで決めたものの、子どもの方が勝手に決められたことにヘソを曲げてしまい、ドタキャンするということがたまにあります。逆の立場になればおわかりいただけるかと思いますが、ドタキャンされていい気分になる人はいません。

さらに言えば、子どもの同意を得ずに塾に問い合わせをしたことによって、子どもが自分の殻に閉じこもってしまう可能性さえあります。

今のままではダメだということはわかっていたとしても、成績不振の子ほど他のところでプライドを保とうとするため、自分の意志をないがしろにされることに強い反感を抱くものなのかもしれません。

ですから、問い合わせをいただけるのは大変ありがたいことなのですが、その前に必ずお子さんの同意を得てください。重ねてお願い申し上げます。

 

2019年9月10日 (火)

「百舌鳥(もず)・古市古墳群」に関連して

今年、世界遺産に登録された「百舌鳥(もず)・古市古墳群」に関連して、昨年の歴史検定日本史1級で、次のような問題が出題されました。

問 下線部(畿内のほか、地方にも巨大な前方後円墳が偏在する)について述べた文として誤っているものを、次の①~④のうちから一つ選べ。

① 出現期における、畿内最大規模の古墳として、奈良県の箸墓古墳や西殿塚古墳があげられる。
② 地方にみられる巨大な古墳として、岡山県の造山古墳や群馬県の太田天神山古墳があげられる。
③ 前方後円墳のうち、国内最大とされているものは、大阪府羽曳野市にある百舌鳥古墳群の大仙陵古墳である。
④ 出現期の古墳では、西日本においては前方後円墳が多かったのに対し、東日本では前方後方墳が多かった。

百舌鳥古墳群は大阪府堺市にある。羽曳野市にあるのは古市古墳群。

解答 ③

Lif1905140004p1

2019年9月 9日 (月)

小学生のうちから塾に通う理由は?

一関学習塾は小学4年生からが対象です。小学生のうちから塾に通う方の理由は以下のどれかにあたります。参考にしてください。

1 中学受験をする

   塾なしで中学受験を突破するのはかなり難しいというのが現実です。6年生からではなく、小4または小5から塾を利用するのがオーソドックスなパターンです。

2 学校の授業についていけてない

 小学校の進度自体はスローペースでテストも非常に易しいので、80点以上取れるのが普通です。それに満たない場合は、このままほったらかしにしていると、中学校以降はさらにきつくなる場合がほとんど。子どもの将来を考えるなら、早急に何か手を打つべきでしょう。

3 その他

 「中学受験をするわけでも、学校の授業についていけてないわけでもないけれど、少しでも上を目指したい」や、「小学生のうちに学習習慣をつけて、中学以降の負担を減らしたい」などの理由から通塾させるご家庭もあります。

2019年9月 8日 (日)

as far as と as long as の紛らわしさを解消する

as far as と as long as という表現があります。

2つの表現で混乱してしまうのは、どちらも「~する限り」と訳せてしまうからです。ですから、「~する限り」で考えているうちは紛らわしさは解消しません。

as far as は「範囲」、as long as は「時」「条件」と押さえましょう。要するに、「~する間」か「~しさえすれば」に置き換えて意味が通じれば as long as、通じなければ as far as ということです。

例文で確認しましょう。言っている意味がおわかりいただけるかと思います。

(A) As long as I live, I love her forever and ever.(生きている限り、彼女を永遠に愛し続ける)

(B) As far as I knew, he was not a man to do such a thing.(私が知る限り、彼はそんなことをする人ではなかった)

違いは以上ですが、as long as に比べ、as far as は受験で出てくる表現が限られています。それを利用し、as far as が使われる表現を覚えておいて、それ以外は as long as と判断するという手もあります。

as far as I know(私が知る限り)→私が知っている“範囲”を表す

as far as I’m concerned(私に関する限り、私の意見では)→私が関わる“範囲”を表す

この2つが as far as が使われる主な表現です。これら以外は as long as だと考えてもほぼさしつかえないでしょう。

 

 

 

 

2019年9月 7日 (土)

かつての私がそうだったように

私は予備校の先生方の影響を受けています。

下手な大学教授よりも学識があるのではないかと思う先生もいましたし、生徒を勇気づけたり、やる気にさせる言葉を持っている先生もいました。大げさに言えば生き方を教わったところもありましたし、高いレベルの内容をわかりやすく教える技術には感動すら覚えたものです。

正直申し上げて、学校の授業しか知らなければ学ぶことの深さやおもしろさを知ることはおそらくなかったでしょうし、今の仕事にも就いていないと思います。

AO入試の台頭や格差の拡大は、学生の「安全志向」「地元志向」を強くしました。「下剋上」の風潮が薄れてきたこと、目の色を変えて必死に勉強する人が少なくなってきたことに一抹の淋しさを感じます。

小さい頃からコツコツ勉強してきた子が順当に難関大学に合格する。もちろんそれはそれで素晴らしいことですが、勉強は「できる子」だけのものであってはなりません。私はいわゆる「できる子」ではありませんでした。一関学習塾がきっかけとなって変わる子や、「下剋上」に燃え、それを達成する子が一人でも増えてくれれば大変嬉しく思います。

2019年9月 6日 (金)

ラーメンマンのコーチング能力

第20回超人オリンピックで、ラーメンマンがブロッケンマンをキャメルクラッチで真っ二つにするシーンはかなりのインパクトがありました。あまりに残虐すぎるためか、アニメ版ではラーメンにして食べてしまうシーンに変更されましたが、これはこれで不気味でした。

後に正義超人となったラーメンマンはブロッケンマンを殺めてしまった贖罪として、ブロッケンJr.の後見人のような存在となり、その一環として、「未完の大器」と言われるブロッケンJr.を一人前の正義超人にすることを己に課している節があります。そのため、「過去最大の難敵」のような「ブロッケンマン賛辞」を口にすることがある。しかし、正直言ってブロッケンマン以上の難敵はいたわけであり、これは若者をその気にさせるためのリップサービスだと言わざるを得ないでしょう。それでも、自分が目標とする存在に父親のことを良く言われれば悪い気はしません。「さあ行け! 我が最高最大の難敵の息子よ!」と言われれば、それは奮起しようというものです。

現在連載中の『キン肉マン』で、ブロッケンJr.はかつてよりも明らかに成長し活躍しています。こうしてみると、ラーメンマンのコーチング能力というのは大したものなのかもしれません。

Cwctp9w0aahadi

2019年9月 5日 (木)

良い塾がダメになる典型的なパターン

良い塾がダメになる典型的なパターンがあります。それはトップの金への執着です。

「あの塾がまた校舎を増やした」「塾長が高級外車に乗っている」なんて話を聞くと、羨ましさよりも、「これは長いこともたないな」「いずれ大幅に縮小するな」と思ってしまいます。というのは、金への欲が先に立つようになると、そのうち生徒・保護者との深刻なトラブルや、塾内スタッフの分裂が確実に起こるものだからです。

最初から資金に余裕があるところや規模を大きくすることを考えているところなら別かもしれませんが、それにしたって、「誰でもいいから生徒がほしい」のように、塾を立ち上げた当初の理念や方針からずれたことをやっていると、結局はうまくいかなくなるように思います。

「一生懸命やっていたら、いつの間にか収入が増えていた」くらいがちょうどよい。もちろん喉から手が出るほど生徒がほしいときもあります。それでも、「いつでも、誰でも受け入れる」は違う。開塾当初の思いや理念から外れる行為は避けなければなりません。そうでなければ、その塾を創った意味はないと思います。

 

 

 

 

2019年9月 4日 (水)

日本史論述問題対策

日本史の論述問題が課せられる大学や歴史検定1級を目指す人はもちろんですが、そうでない人も論述問題に取り組むことは日本史に対する理解力が深まるのでおすすめです。

まずは原稿用紙を用意しましょう。1回毎にいちいち字数を数えるのは面倒ですし、時間のロスにもなりますから。

答案を書く際には、いきなり書き始めるのではなく、簡単でよいので構成メモを作ることを癖づけましょう。そうすることで、論述が組み立てやすくなると同時に、答え合わせをする際にどのポイントが抜けていたかがはっきりします。

答案はできれば先生にも見てもらいましょう。思わぬ箇所で指摘を受けるなど新たな発見があって、より客観性が増します。

解いた問題は必ず復習もしてください。採点のポイントが何かを意識しつつ、それらを中心に模範解答を暗記していくと効果的です。答案のまとめなど細かい言い回しの部分でも、使える表現はどんどんいただいちゃいましょう。

題数は多ければ多い方がよいのですが、定評のある論述問題集1冊と志望校の過去問には必ず取り組みましょう。

 

 

2019年9月 3日 (火)

銀の球

511oll1o 星新一のショートショートに『処刑』という作品があります。

流刑星とも呼べる赤い惑星で、罪人である主人公が生きていく話。

罪人には銀の玉が1つ渡される。この銀の玉は1度ボタンを押すたびに周囲の空気を急激に圧縮させることでわずかな水を作り出す。気温が高く乾燥しているこの赤い星ではまさに水は命。

しかし、この星は罪人を処刑するための星である。この銀の玉は1度押すたびにわずかな水を生み出すが、その何回目かにボタンを押すと爆発を起こし、罪人を死に至らせるというものなのだ。そしてその爆発は何回目のボタンかはわからない。

主人公の男は初め恐怖に怯えながらボタンを押していましたが、やがて気づくのだ。このボタンを押すことと地球での生活が変わらないということに。

いつ死ぬかわからない。自分で死の原因を手繰り寄せているかもしれない。我々は罪人ではありませんが、同じように「銀の球」を持って、日々を過ごしているのです。だからといってびくつくのはよしましょう。恐怖に怯えていたら何もできません。灰色の時間に縛られるのだけはごめんです。

2019年9月 2日 (月)

読書はバランスが重要

読書はバランスが重要です。易しい本ばかり読んでいても、暇つぶしにはなるかもしれませんが、自己の成長や語彙力アップにはつながりません。

入試で出題される文章は、中学入試なら小6、高校入試なら中3、大学入試なら高3といった年齢相応より歯ごたえのある文章が出題されるのが普通です。普段簡単なものばかり読んでいた子は入試問題の難文には対応しきれません。読書好きなのに国語の点数が上がらないとしたら、読書傾向を少し変えてみることをおすすめします。

新書や、小説にしても、エンターテインメント系ではなく純文学も読んでみましょう。戦前の旧制高校の学生みたいに見栄を張って哲学書を紐解くといった、難しい文章を読むことが格好良いという風潮は廃れてしまいましたが、時には難しい本にじっくり取り組んでみることも大切です。

 

 

2019年9月 1日 (日)

絶対よいと思うんだけど

日本史の勉強をする際には、いきなり細部の暗記から入るのではなく、おおまかな流れや全体像を捉えることから始めるのがおすすめです。その方が記憶にも残りやすくなりますし、応用も利くからです。

おおまかな流れや全体像を把握するのに一番よいのは教科書ですが、教科書だと挫折しそうだという人は、学習まんがの類や『実況中継』のような教科書風の学参を利用するとよいでしょう。

あくまでおおまかな流れや全体像をつかむのが目的ですから、暗記しようと思って読む必要はありません。できるだけ短期間で通読し、それを何回か繰り返すだけで十分です。

通史ではありませんが、『日出処の天子』のような歴史を扱ったマンガ、受験まで余裕がある人には、歴史小説や大河ドラマもおすすめです。

歴史小説も大河ドラマも、はまればおもしろいのですが、難点は長いこと。原始から現代までの日本通史ドラマがあればよいのに。NHKが作ってくれないかなぁ。総時間は24時間ぐらい。1日2時間で全12話。絶対よいと思うんだけど。

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »