« 定期考査に向けて日曜日に塾を開放します | トップページ | 出川は一流や! »

2019年8月21日 (水)

好きな教科、得意な教科ばかり勉強してしまうということはありませんか?

好きな教科、得意な教科ばかり勉強してしまうということはありませんか?

もちろん好きな教科、得意な教科があるのはよいことです。しかし、そればかりに偏りすぎてはいけません。入試は1教科だけでは決まらないからです。

得意教科を思いっきり伸ばす時期があってもよいと思います。しかし、すでに安定して8~9割くらい取れる状態になっているなら、残りの1~2割のために注力する時間を他教科の勉強に回すべきです。得意教科といえども、あとの1~2割を伸ばすのはかなり大変ですし、入試に満点はいらないからです。仮に満点を取ったところで、他の教科がボロボロなら合格はできません。要は、バランスが大事だということです。

よく「長所を伸ばして短所を補う」と言いますが、それとて限界があります。それよりも、短所が長所を邪魔してしまうことの方が多いのではないでしょうか。バッティングだけは素晴らしいが、守備と走塁はからっきしという選手がいたとしましょう。その選手がバッティングの練習をいくらしたところで、守備と走塁が改善されなければレギュラーになることはできないでしょう。

長所はそれほど意識しなくてもよいですが、短所は意識しなければ治すことはできません。苦手を苦手のまま放置するのではなく、せめて人並みくらいにはしておく。

苦手教科があるにもかかわらず、好きな教科、得意な教科ばかりに勉強が偏りがちな人はぜひ参考にしてください。

 

 

« 定期考査に向けて日曜日に塾を開放します | トップページ | 出川は一流や! »

学問・資格」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 定期考査に向けて日曜日に塾を開放します | トップページ | 出川は一流や! »