« 先送りを防ぐためには | トップページ | 組織で学べること »

2019年8月18日 (日)

勉強した成果が表れるのは人によって時間差がある

夏休みにしっかり勉強した受験生は多いのではないでしょうか。

もちろん夏休み明けのテストですぐに結果が出れば言うことありませんが、勉強した成果が表れるのは人によって時間差がある。このことをわかっておいてください。

今まであまり勉強してこなかった人ほど、勉強したらすぐに成果が出ると思いがちですが、そんなに甘いものではありません。サボっていた時間が長ければ長いほど、結果が出るまでには時間がかかる。これが現実です。少しでも早く結果を出したいというのなら、今まで以上に勉強しましょう。それしか方法はありません。

一生懸命勉強したのに思ったような結果が出なかったりするとガックリしてしまうかもしれません。しかし、だからといって、「勉強しても無駄だ」などという短絡的な判断を絶対に下さないでください。

必要な知識が出そろい、脳の長期記憶に落とし込め、ある程度どんな設問がきても対応できるようになったとき、点数はグンと上がります。実力がつくというのはそういうことです。

すぐに結果が出ることを期待しすぎずに、コツコツと日々の勉強に取り組んでいきましょう。

 

« 先送りを防ぐためには | トップページ | 組織で学べること »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 先送りを防ぐためには | トップページ | 組織で学べること »