« センター数学ⅡBで失敗しないために | トップページ | 読書はバランスが重要 »

2019年9月 1日 (日)

絶対よいと思うんだけど

日本史の勉強をする際には、いきなり細部の暗記から入るのではなく、おおまかな流れや全体像を捉えることから始めるのがおすすめです。その方が記憶にも残りやすくなりますし、応用も利くからです。

おおまかな流れや全体像を把握するのに一番よいのは教科書ですが、教科書だと挫折しそうだという人は、学習まんがの類や『実況中継』のような教科書風の学参を利用するとよいでしょう。

あくまでおおまかな流れや全体像をつかむのが目的ですから、暗記しようと思って読む必要はありません。できるだけ短期間で通読し、それを何回か繰り返すだけで十分です。

通史ではありませんが、『日出処の天子』のような歴史を扱ったマンガ、受験まで余裕がある人には、歴史小説や大河ドラマもおすすめです。

歴史小説も大河ドラマも、はまればおもしろいのですが、難点は長いこと。原始から現代までの日本通史ドラマがあればよいのに。NHKが作ってくれないかなぁ。総時間は24時間ぐらい。1日2時間で全12話。絶対よいと思うんだけど。

« センター数学ⅡBで失敗しないために | トップページ | 読書はバランスが重要 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« センター数学ⅡBで失敗しないために | トップページ | 読書はバランスが重要 »