« 自己改革ができれば | トップページ | 塾選びに関する格言 »

2019年8月24日 (土)

常識があれば

センター試験の中には、その科目の知識というより半ば常識で解けてしまう問題が含まれている場合があります。やはり、広い意味での教養があることは大切です。

 下線部(伏見城)に関連して、桃山文化について述べた文として誤っているものを、次の①~④のうちから一つ選べ。(2018年 センター試験日本史B)

① 三味線を伴奏に人形を操る人形浄瑠璃が始まった。
② 城郭内部の障壁画などに濃絵の手法が用いられた。
③ 小歌に節付けをした隆達節が庶民の人気を博した。
④ 簡素さよりも豪華さをたっとぶ侘茶が大成された。

簡素さを尊ぶからこそ侘(わび)茶という。

解答 ④

300x290

« 自己改革ができれば | トップページ | 塾選びに関する格言 »

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自己改革ができれば | トップページ | 塾選びに関する格言 »