« 脳は使うに限ります | トップページ | 数学検定協会への問い合わせが増えている背景 »

2019年7月 7日 (日)

「仁徳天皇陵古墳」など世界遺産へ

81306024009840 アゼルバイジャンの首都バクーで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は6日、世界最大級の墳墓である「仁徳天皇陵古墳」(大山古墳)を含む「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」(大阪府)を世界文化遺産に登録すると決定しました。天皇や皇族の墓として宮内庁が管理する「陵墓」の登録は初めて。

大阪で初の世界遺産となる百舌鳥・古市古墳群は、百舌鳥エリア(堺市)と古市エリア(羽曳野市、藤井寺市)にある計49基の古墳で構成。4世紀後半から5世紀後半、大陸と行き来する航路の発着点だった大阪湾を望む場所に築造され、墳丘の長さが486メートルもある国内最大の仁徳天皇陵古墳や425メートルの応神天皇陵古墳(誉田御廟山古墳)など大規模な前方後円墳が集中しています。

これで日本国内の世界遺産は23件目で、7年連続での登録となります。内訳は文化遺産が19件、自然遺産が4件。

 

 

 

« 脳は使うに限ります | トップページ | 数学検定協会への問い合わせが増えている背景 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 脳は使うに限ります | トップページ | 数学検定協会への問い合わせが増えている背景 »