« 英検3級合格 | トップページ | まっ白ミルクのスフレプリン »

2019年7月14日 (日)

失敗しない人は常に何事もなしえない

失敗しない人は常に何事もなしえない。

これは、アメリカの外交官で弁護士でもあったエドワード・ジョン・フェルプスの言葉です。

勉強にも同じことが言えます。問題を解き間違えたり、ケアレスミスをしたり、覚えたはずのものが出てこなかったりすると、不愉快な気分になったり、落ち込んだりするものですが、実はそれらは貴重な経験でもあるのです。いや、貴重な経験にしなければなりません。

失敗したら、なぜ失敗したのか原因を考え、解決策を講じることが肝心です。それでも失敗したら、また次の手を考えればよい。その繰り返しによって、記憶は強化され、つまらないミスをしなくなっていくのです。

ですから、たまたま山が当たったりしてテストで良い点数を取ったとしても、それは決してプラスにはなりません。逆に言えば、テストで悪い点数を取ってしまったとしても、必要以上にクヨクヨしなくてもよいということです。個別のテスト結果よりも、反省を活かす心と実行力、ある種の楽天性を持つことが大切なのだと思います。

« 英検3級合格 | トップページ | まっ白ミルクのスフレプリン »

学問・資格」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 英検3級合格 | トップページ | まっ白ミルクのスフレプリン »