« 知っていることを捨てる勇気が持てるか | トップページ | 三者面談&テスト前塾開放終了 »

2019年6月 9日 (日)

近世の金銀貸借

次の文を読み、後の問に答えなさい。(2019年 早大―法)

(略) 
 江戸時代に数回発布された( D )も、借金をめぐる訴訟を受け付けないことを内容とする法令である。その目的は、債務者の救済というよりも、貨幣経済の発達に伴うf金銀貸借についての訴訟の激増を受けた、幕府の司法制度の立直しが中心であったとされている。
 江戸時代の法令で、債務者とくに借金にあえぐ旗本や御家人の救済の目的で発布されたのは棄捐令である。その救済方法は、札差に6年以前の貸金債権を放棄させ、5年以内の貸金債権については、返済方法を低利率の年賦返済とすることを命じる内容だった。( E )の施策の1つとして発布されたものである。なお,その後、( F )においても、類似の法令が発布されている。

〔問〕
8 下線fにいう訴訟をなんというか。漢字で記入しなさい。

9 空欄Dに入る語を記入しなさい。

10 空欄E・Fに入る語の組み合わせとして正しいものを1つ選び、記号をマークしなさい。
あ E享保の改革・F天保の改革
い E正徳の治・F寛政の改革
う E元禄時代・F田沼時代
え E寛政の改革・F天保の改革
お E田沼時代・F文化文政時代

 

8 やや難。差がつく問題。他学部も含め、過去問研究をしっかりやっていた人は正解できたかもしれない。

9 基本。これは落としてはいけない。

10 棄捐令は、寛政の改革のみならず天保の改革でも出されている。これも基本。

解答 8 金公事  9 相対済し令  10 え

« 知っていることを捨てる勇気が持てるか | トップページ | 三者面談&テスト前塾開放終了 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 知っていることを捨てる勇気が持てるか | トップページ | 三者面談&テスト前塾開放終了 »