« ソニーから見た戦後史 | トップページ | 大学入学共通テスト説明会を実施しました① »

2019年5月18日 (土)

文系でメジャーな学部 ③経済学部

経済学部で学ぶ内容は、大きく3つに分けられます。

1つ目は、経済活動のモデルを作り数理的に分析していく「理論経済学」です。ミクロ経済学やマクロ経済学などが当てはまります。ミクロ経済学は、消費者、生産者のよりミクロな(小さな)個別の行動に着目して分析する学問で、マクロ経済学は、GDPや失業率など、よりマクロな(大きな)観点から分析する学問です。

2つ目は、「応用経済学」です。応用経済学では、既存の様々な経済学分野を融合、発展させて、より広域的、多角的な分野の研究を行います。

3つ目は、経済学の「思想と歴史」です。経済史、政治経済学、経済思想などが当てはまります。この分野では、社会科学系統よりもむしろ、人文科学系統よりの内容を学びます。

文系の学部の中で一番数が多い学部が経済学部です。また、理論経済学や応用経済学では数学を使いまくるので、数学に抵抗のない人向きの学部です。

 

« ソニーから見た戦後史 | トップページ | 大学入学共通テスト説明会を実施しました① »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソニーから見た戦後史 | トップページ | 大学入学共通テスト説明会を実施しました① »