« 文系でメジャーな学部 ②法学部 | トップページ | ソニーから見た戦後史 »

2019年5月16日 (木)

上すぎる人たちと自分を比べない

友がみな われよりえらく 見ゆる日よ 花を買ひ来て 妻としたしむ

こんな短歌を石川啄木は詠みました。友と比べて自分の境遇を嘆く歌です。

ここで啄木が比べている友とは、国語学者の金田一京助や、作家の野村胡堂だったようです。たしかに、彼らは同じ岩手の盛岡中学(現・盛岡一高)出身ではありますが、とてもレベルが高く、ある意味、特別な人たちです。そういう人たちと比較したら、啄木でなくとも、自分の小ささに落ち込んでしまうのではないでしょうか。

女優やモデルと比べて、「私はブスだ」とか「デブだ」と悩んでいる女性がこれと似たケースです。冷静に考えれば落ち込むほどでは全くない。

心理学的にも、上すぎる人たちと自分を比べることはあまり好ましくないことがわかっています。自分をフル言い立たせるきっかけにするのならよいですが、落ち込んでしまうようならやめておきましょう。

137706163132213122240

« 文系でメジャーな学部 ②法学部 | トップページ | ソニーから見た戦後史 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 文系でメジャーな学部 ②法学部 | トップページ | ソニーから見た戦後史 »