« 比喩について | トップページ | 自分一人ではなかなかやる気が出ないというなら »

2019年4月24日 (水)

君死にたまふこと勿れ

以下の史料に関する関連する、後の問に答えなさい。(2013年 青山学院―文)

【史料】
君死にたまふこと勿れ( A 口包囲軍の中に在る弟を嘆きて)
あゝをとうとよ君を泣く
君死にたまふことなかれ
末に生れし君なれば
親のなさけはまさりしも
親は刃をにぎらせて
人を殺せとをしへしや
人を殺して死ねよとて
二十四までをそだてしや
堺の街のあきびとの
旧家をほこるあるじにて
親の名を継ぐ君なれば
君死にたまふことなかれ
(以下略)

問9 空欄Aは、半年以上の包囲攻撃の末ようやく陥落させた要塞が所在する地名であるが、その地名を記しなさい。

問10  発表時の掲載紙を記しなさい。

問11  この詩の作者は、情熱的な短歌でもよく知られている。その歌集を、次の選択肢の中から選び、マークしなさい。
➀ 浮雲  ② みだれ髪  ③ 若菜集  ④ 不如帰

日露戦争への反戦詩を取り上げた、いかにも文学部らしい問題。問9・問10は、どれだけ有名史料を読み込んでいるかで決まる。問11の「この作者」とは、与謝野晶子のことである。

Img_1_20200423032101 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答 問9 旅順  問10 明星  問11 ②

« 比喩について | トップページ | 自分一人ではなかなかやる気が出ないというなら »

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 比喩について | トップページ | 自分一人ではなかなかやる気が出ないというなら »