« 大学入試でみる新紙幣の肖像② | トップページ | 「平成」最後の日に »

2019年4月29日 (月)

大学入試でみる新紙幣の肖像③

先日、ある女性と会話した際、新紙幣の肖像となった三人が一般の人にはあまりよく知られていないということを知り、少し驚きました。私にとっては、三人とも有名人だったからです。そこで、新紙幣となった三人について、大学入試における日本史を例に取り上げてみたいと思います。

次の文を読んで、下記の設問A・Bに答えよ。(立教・改)

1889年、ドイツに留学していた( 1 )が、破傷風菌の純粋培養に成功し、さらに翌年には、( 2 )を発見した。( 1 )の共同研究者のベーリングは、( 2 )に関する業績で第1回ノーベル医学・生理学賞を受けた。帰国後の( 1 )は福沢諭吉の援助を受けて、私立の伝染病研究所を設立した。

A 文中の空所( 1 )にあてはまる人名を記せ。

B 文中の空所( 2 )にあてはまる語句を、次の a ~ e から1つ選び、その符号を答えよ。
   a ビタミンB1     b スクアレン      c 血清療法  
   d 人口発がん  e タカジアスターゼ

北里柴三郎はジフテリアと破傷風の血清療法を創始した。Bはやや難か。

Origin_1

解答 A 北里柴三郎  B c

 

 

« 大学入試でみる新紙幣の肖像② | トップページ | 「平成」最後の日に »

学問・資格」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大学入試でみる新紙幣の肖像② | トップページ | 「平成」最後の日に »