« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月31日 (日)

人は何を求めてインターネットを利用するか

人は何を求めてインターネットを利用するのでしょうか。それは、以下の3つに限られると思います。

① 役に立つ情報

② おもしろさ(笑えるものだけとは限らない)

③ エロ

毎回できているかどうかはわかりませんが、私が意識しているのは①と②です。私は芸能人ではありませんし、特別変わった日々を過ごしているわけでもないのですから、おじさんの日常を載せても仕方がありません。本当の友人や親類ならいざ知らず、それ以外の人で、私の日常に興味を持つ人など誰もいないでしょう。それに、私自身が読みたいのも①か②、またはその両方を満たした記事なり文章なのです。

2019年3月30日 (土)

「塾生の声」更新しました

ホームページの「塾生の声」更新しました。塾の様子を感じていただければ嬉しく思います。

S150_1175556_20150210203313_1

2019年3月29日 (金)

「東大至上主義」からの脱却

毎年この時期になると、『週刊朝日』や『サンデー毎日』等の週刊誌に東大合格者数ランキングが掲載されます。

東大合格者数ランキング上位校のほとんどを東京の私立中高一貫校が占めるため、私立中高一貫校の多い首都圏と地方とでは大きな教育格差があるようにどうしても見えてしまいます。

しかし、ここに、「世界大学ランキング日本版2019」で東大を抑え1位を獲得した京大や、近年人気の国公立大学医学部の合格者を加えると、様相は変わります。東大合格者数ランキングでは上位を独占していた東京の私立中高一貫校が、東大・京大・国公立大医学部のランキングとなると、トップ10に入るのは2校だけになるからです。

東大は東京にある大学なのですから、地元の学校から多くの合格者が出るのはある意味当然です。そして、その東京では、たまたま私立中高一貫校が優位にあるに過ぎない。

首都圏と地方とでは教育レベルに大きな格差があるというのは思い込みです。東京にある国立総合大学の一つである東大を特別視したり、必要以上に崇め奉るのはもうやめにしようではないですか。

Img_2c5e3235e2dbb1078aa74751573611175621

 

 

 

2019年3月28日 (木)

明治初期の東京

今年のセンター試験日本史Bで、以下のような問題が出題されました。

 下線部(東京)に関連して、明治初期の東京に関して述べて文として正しいものを、次の①~④のうちから一つ選べ。

① 戊辰戦争によって江戸城は焼失し、その跡に皇居が造営された。
② はじめての電信が、東京―新潟間に開通した。
③ 廃藩置県によって旧藩主は知藩事を罷免され、東京へ居住させられた。
④ 自由民権運動の全国的組織である愛国社は、東京で結成された。

①誤。江戸城は焼失していない。②誤。東京―横浜間。④誤。本部は東京だが、結成されたのは大阪。

解答 ③

 

 

 

 

2019年3月27日 (水)

公立中高一貫校も塾で対策しなければ合格できない

一関一高附属中学校のような公立中高一貫校では、たてまえ上、学力試験を行ってはいけないことになっています。したがって、実質上の入試のことを適性検査と呼んでいる。そのため、多くの場合、「中学受験」ではなく「中学受検」と表記します。

あくまで学力試験ではないため、国語、算数といった教科ごとの試験はありません。一問一答形式のようなダイレクトに知識を試す問題もほとんどなく、資料から読み取れることを記述させたり、本文を読んで自分の考えを文章で表現させたりします。

学校では教わらないようなハイレベルな知識を試す問題ではなく、読解力や思考力、表現力が主に問われる試験形式であるため、塾に行かなくても合格できるのではと考える人たちもいらっしゃることでしょう。

たしかに、塾に通わず附中に合格したという人の話をいくつか聞いたことがありますし、事実、私の親戚にもいます。しかし、その種の話は附中ができた直後の数年に限られ、今ではそういうケースは極めて珍しい。

私立中高一貫校のようなマニアックな出題や超難問は出ないとはいっても、実はそれほどじっくり考える時間が与えられているわけではありません。塾でテクニック的なものも含め、出題されやすい問題の練習を積んでおくとか、作文のネタをたくさん仕入れておくとか、それなりの対策をしなければ太刀打ちできないというのが実情です。 それが良いことかどうかはまた別問題ですが。

 

 

 

2019年3月26日 (火)

7年目のスタート

昨日から一関学習塾の春期講習が始まりました。

春期講習には、特に意識の高い皆さんが参加してくれていると感じます。良いスタートが切れるよう、しっかりバックアップしていきたいと思います。

お陰様で、一関学習塾もこの春で7年目を迎えることができました。幸運の年になるといいなぁ。そうなるように努力します。引き続きよろしくお願いいたします!!

Ad2650a7633090a2762a7fa88d2fd754_1

2019年3月25日 (月)

一関学習塾ってどんな塾?㊴

以下は、第1志望の高校に合格を決めた塾生の声です。塾の様子を少しでも感じていただければ幸いに思います。

塾に通って、家でも勉強しようという気持ちが生まれた。 過去問などをして力がついた。同じような問題が試験に出て、過去問をたくさんやってよかったと思った。

                                                                                                   (一関中 女子)

86f720320b77bb62311f0a4811db04fe_3

2019年3月24日 (日)

一関学習塾ってどんな塾?㊳

以下は、第1志望の高校に合格を決めた塾生の声です。塾の様子を少しでも感じていただければ幸いに思います。

分からない問題を詳しく教えて下さり、テストの点数が上がりました。苦手教科の成績も上げることができました。
                                                        (一関中 女子)

86f720320b77bb62311f0a4811db04fe_3

2019年3月23日 (土)

一関学習塾ってどんな塾?㊲

以下は、第1志望の高校に合格を決めた塾生の声です。塾の様子を少しでも感じていただければ幸いに思います。

自分の苦手なところを何回も言ってくださったことで身に付けることができました。また、一人ひとりに対して真剣に教えてくれました。なので、分からないところは質問をして、塾に通う前よりも成績を上げることができました。 
                                                                                                   (一関中 女子)

86f720320b77bb62311f0a4811db04fe_3

2019年3月22日 (金)

一関学習塾ってどんな塾?㊱

以下は、第1志望の高校に合格を決めた塾生の声です。塾の様子を少しでも感じていただければ幸いに思います。

この塾に通い教えていただいたことで、一高や高専、様々な検定に合格することができてとても良かったです。
                                                (桜町中 男子)

86f720320b77bb62311f0a4811db04fe_2

2019年3月21日 (木)

一関学習塾ってどんな塾?㉟

以下は、第1志望の高校に合格を決めた塾生の声です。塾の様子を少しでも感じていただければ幸いに思います。

塾に通い始めたら一気にテストの点数が上がった。塾で白ゆりテストや入試の過去問をやり、自分の欠点がわかり、家での勉強がやりやすかった。
                                                                                                (厳美中 男子)

86f720320b77bb62311f0a4811db04fe_3

2019年3月20日 (水)

東北新幹線発車メロディーにNSPの曲導入

本日3月20日より、NSPの代表曲「夕暮れ時はさびしそう」が東北新幹線の一ノ関駅の発車メロディーに使用されます。

NSPは一関高専の同級生3人によるグループで1972年にデビュー。当時の音楽シーンを代表するグループとして活躍しました。

今回導入される発車メロディーは、磐井川河川敷を舞台にした「夕暮れ時はさびしそう」のサビ部分を中心にシンセサイザー音を用いて約30秒にアレンジされたもの。

私は「記念樹」(メンバーだった天野滋さん作詞)の方をよく知る世代ですが、そんな私でもこの曲は聴いたことがあります。私より下の世代も含め、広く浸透していくといいですね。

51o24nr6ml_sy355_

2019年3月19日 (火)

『歴史能力検定 2018年実施全級問題集』が発売されます

3月末に、『歴史能力検定 2018年実施全級問題集』(河合出版)が全国で発売されます。

日本出版販売さんのご依頼で「合格者の勉強法」について寄稿したのが3年前。新しい本にも引き続き掲載されるということで、一足先に現物を送っていただきました。ありがとうございます。(こちらは保存用とし、勉強用は別で購入します)

『全級問題集』がシリーズ化し歴検受験者のバイブルとして定着したことを、多少なりとも携わった者として大変嬉しく思います。

190319_134415

2019年3月18日 (月)

一関学習塾ってどんな塾?㉞

以下は、第1志望の高校に合格を決めた塾生の声です。塾の様子を少しでも感じていただければ幸いに思います。

最後の最後までギリギリだった高校に、先生のお陰で無事に合格することができました。本当に感謝です。
                                                                                                  (桜町中 男子)

86f720320b77bb62311f0a4811db04fe_2

2019年3月17日 (日)

個人塾ならではのメリット

個人塾は資本力や知名度では大手塾には到底かないません。しかし、以下のような個人塾ならではのメリットもあります。

第一に、ブログやニュースレターなど、あらゆるメディアで個人を出せること。大手では個人を出すことはできません。私という人間の考えや人となりをある程度知ってもらったうえで塾に来てもらえることが多いから、いわゆるモンスターペアレントの被害にあうこともまずありません。この人に任せてみようかな。この人だからお願いしたい。人で選ばれることほど強いものはないと考えます。

第二に、機動性に優れていること。大手であればすぐに新しいことを始めることはできません。コンセンサスを得たり、全体に浸透させるのに時間がかかるからです。その点、個人塾では、塾長さえその気なら、今日にでも新しいことを試みることができます。

第三に、学生講師がいないこと。もちろん学生講師にも、生徒と年齢が近くて親しみやすいなどの良い点もありますが、仕事に対する責任感や経験に乏しいことは否定できません。はっきり申し上げて、大手は大半が学生講師です。大切なお子さんの将来を預けるのには心許ないと言わざるを得ません。

どこの業界もそうかもしれませんが、生き残るのは簡単なことではありません。個人塾のように小さなところは特に、本当に力がなければたちまち大手に吹き飛ばされてしまいます。残っている個人塾にはそれだけの理由がある。換言するならば、「はずれ」が少ない。そう考えていただいて結構だと思います。

14203190_1770102969930446_733670452 S150_1381220150829214836

 

 

2019年3月16日 (土)

チダイラ線ってどこを走る電車?

ドラえもん好きな人なら知っていると思いますが、のび太君は「チダイラ線ってどこを走る電車?」(地平線のこと)と言ってママに呆れられてしまいます。

もちろんマンガの中のギャグなのですが、ここまでではないにしろ、これに近い発言をする人たちが少なからずいるというのを知っておくことは、カルチャーショックを受けないためにも、無駄な衝突を避けるためにも、有効なことだと思います。それに、もしかしたら自分では思ってもみなかった新たな発想が得られるかもしれませんしね。

2019年3月15日 (金)

当たり前の努力の中にしか成功はない

当たり前の努力の中にしか成功はない。

これに心からご賛同いただける方にのみ、うちの塾に来てほしい。

裏技だとか楽して合格する方法だとか、そういったものを教えるつもりは私にはありません。

2019年3月14日 (木)

全員第1志望校合格

本日は公立高校一般入試合格発表の日でした。

午後3時を待って、一関市内の各高校に発表を見に行ってきました。全員第1志望校合格でした。なかには、一関高専に引き続き、一関一高にも合格した強者もいました。今はとにかく責任を果たせてほっとした気持ちです。

受験生の皆さん、おめでとう!! 支えてくれた親御さんや学校の先生への感謝を忘れずに、次の新たな目標に向かって歩んでいきましょう。合格を勝ち取ったからといって燃え尽きてはいけませんよ。君たちの人生はこれから始まるのですから。

Nanzanjyosichuugaku1

2019年3月13日 (水)

塾があることで学びに多様性が生まれている

学校の先生と塾の先生で解き方や教え方が違うということがしばしば起こります。これに対して混乱するのでよくないという意見がありますが、私は必ずしも悪いことだとは思いません。

学校で教わるような面倒くさいやり方を経ているからこそ、塾で教わるようなスマートな解き方の素晴らしさが実感できるのですし、時にはその逆ということもあるかもしれません。

いずれにせよ、どちらのやり方でも解けるのですから、両方知っておいて損ということはありません。実際の試験の際には、好きな方を選べばよいのです。この選択の幅によって、子どもたちの視野が広がっていくものと信じます。

同じ問題でも様々な考え方、解き方があるということを学んだうえで、学校あるいは塾のやり方に縛られることなく、自分に合った学習スタイルを選択する。それでよいのではないでしょうか。塾があることで学びに多様性が生まれている。そんな見方もできると思うのです。

2019年3月12日 (火)

日本選手初の総合優勝

スキージャンプ男子の小林陵侑選手が10日、ノルウェーで行われたワールドカップで5位に入り、5試合を残して日本選手で初めてのワールドカップ総合優勝を決めました。

1979年から始まったジャンプ男子のワールドカップで日本選手が総合優勝するのは初めてで、ヨーロッパ以外の選手が総合優勝するのも初めてです。

小林選手は岩手県八幡平市出身の22歳。素晴らしい快挙ですね。

96958a9f889de6e0e0eae0e7e6e2e3e3e2e

2019年3月11日 (月)

Win-Win(ウィン ウィン)

私がよく買い物をする個人商店の店主さんにお願いして、塾のチラシやパンフレットを置かせてもらうことがあります。

先日は、同じビルの3階にある書道教室に塾のチラシやパンフレットを置かせてもらい、1階の塾には書道教室のお知らせを置くということになりまりました。書道教室の先生が父の同級生だから話がしやすかったというのもありますが、このように隣近所で協力し合うのは、地方の、しかも個人塾ならではのことだと思います。個人を出せない大手や、隣に誰が住んでいるのかさえわからない都市部では難しいでしょうから。

これからも「Win-Win(ウィン ウィン)の関係」を広げていき、ある種の「共同体」を形成していきたい。そんな風に考えています。

190308_145701

2019年3月10日 (日)

あなたにピッタリの塾は? ~どんな塾を選んだらよいか~

指導内容、指導方式では、自分の現在の学力や、「他人と競って伸びるタイプ」だとか「コツコツやって伸びるタイプ」といった、自分のタイプに合ったところを選ぶことが大切です。でないと、時間とお金の無駄になりかねません。多くの塾は無料で体験授業をやっていますから、実際に体験授業を受けてから決めることをおすすめします。

規模別では、塾選びにあまり時間をかけたくないとか、知名度や立派な設備を求めるなら大手塾が向いています。逆に、塾選びに多少時間はかかっても、面倒見の良さや家庭的な雰囲気等を求めるなら、個人塾が向いています。

塾にとっても、生徒にとっても、ミスマッチは不幸以外の何物でもありません。もし通塾をお考えなら、見栄だとか友達が通っているからとかではなく、自分の実力や性格に見合った塾を選ぶようにしてください。

2019年3月 9日 (土)

ザ・デストロイヤ―死去

7日(日本時間8日)、テレビタレントとしても活躍し、バラエティー番組などではその明るいキャラクターでお茶の間の人気を集めたプロレスラーのザ・デストロイヤ―が亡くなりました。88歳でした。

足四の字固めを得意技に、トップレスラーと名勝負を繰り広げ、全日本プロレス時代はベビーフェイスとして活躍。しかし何といっても、彼の全盛期は、力道山らと名勝負を繰り広げたヒール時代でしょう。昭和38年に対戦した力道山との試合では、テレビの平均視聴率で64%もの高い数字を記録しました。

ジ・インテリジェント・センセーショナル・デストロイヤー、別名「白覆面の魔王」のご冥福をお祈りいたします。

Spo1712060001p2_2

2019年3月 8日 (金)

あなたにピッタリの塾は? ~規模別分類~

規模別でいうと、塾は以下の2つに分類されます。

1 大手塾

 いくつもの塾を全国的に展開しているのが大手塾です。派手なチラシやテレビコマーシャルを打ち、抜群の知名度を誇ります。資金力に優れているため設備も立派で、どこの教室でも同じようなサービスが受けられるのが特徴です。

2 個人塾

 中・小規模ながら、地域に密着し、独自の運営を行っているのが個人塾です。大手塾に比べて知名度では劣るものの、面倒見が良く、良心的な料金設定をしているところが多いです。口コミや兄弟姉妹による入会が多いのも特徴です。

一関学習塾は、この中でいうと、個人塾にあたります。

2019年3月 7日 (木)

あなたにピッタリの塾は? ~指導方式別分類~

指導方式別でいうと、塾は以下の3つに分類されます。

1 一斉指導型 

 黒板(ホワイトボード)を使っての講義型授業です。1クラス30~50名程度の大人数クラスと、10名程度までの少人数クラスがあります。お互いに刺激を受けながら、切磋琢磨できるのが利点です。

2 個別指導型

 1~3名の少人数の生徒に1名の講師がついて、問題演習中心の授業を行うのが個別指導です。わからない点をその場で解消しやすいという利点がありますが、一斉指導に比べて授業料が高いのが一般的です。

3 自立学習型

 自立学習とは、生徒が自分で勉強する内容や教科を決める方式です。講師の手助けはもちろんありますが、基本的には自らが主体となって進めるので、かかるストレスが少なく、自分のペースで勉強することができます。

一関学習塾は、この中でいうと、自立学習型にあたります。

2019年3月 6日 (水)

あなたにピッタリの塾は? ~指導内容別分類~

指導内容別でいうと、塾は以下の3つに分類されます。

1 補習塾 

 補習塾とは、学校の授業でわからなかったところをわかるようにすることを目的とする塾です。教科書をわかりやすく説明し、学校での疑問点を解消することが指導の中心です。

2 進学塾

 進学塾とは、希望の学校へ進学させることを目的として、学校の教科書よりもレベルの高い内容を指導する塾です。入塾の際には、テストを課すのが一般的です。

3 総合塾

 総合塾とは、補習塾と進学塾の両方の内容を併せ持つ塾です。学力別のコース分けを行っていたり、補習と進学の内容を同時に授業に組み入れたりと、文字通り、総合的に指導を行うのが特徴です。

一関学習塾は、この中でいうと、総合塾にあたります。

2019年3月 5日 (火)

明日は公立高校入試の日です

明日は公立高校入試の日です。

受験生にとっての本番とは明日しかありません。模試の判定がどうだったとか倍率がどうだとか、余計なことは考えず、持てる力を発揮することだけに集中しましょう。

合格に満点はいりません。取れるところで確実に取り、その積み重ねとして合格最低点を1点でも越えられればそれでよいのです。ですから、ある意味気楽に、これまで学校や塾、家庭でやってきたことを信じ、ベストを尽くしてきてください。

祈合格!! 応援しています!!

2019年3月 4日 (月)

岩手県公立高校入試について

水曜日には、いよいよ公立高校入試が行われますね。

公立高校の平均点はおそらく255~275点くらいになるでしょう。ここ数年は、数学と理科の平均点が低い状況が続いています。ただし、理科の平均点は年々上がっており、4年で12.5点もアップしています。4年前の理科の平均点は40点台でしたから、難易度を意図的に下げているのかもしれません。

理科以外の教科は変動が小さいです。ですから、平均点が高めの国語、社会、英語でなるべく点数をかせぎ、数学・理科は基本、標準問題で取りこぼしをしないというのが基本的な作戦になるかと思います。

もちろん、人によって得意、不得意がありますから、全員に当てはまるわけではありませんが、大まかな傾向は覚えておいて損はないでしょう。

受験生の皆さんの健闘を祈ります。

2019年3月 3日 (日)

高校入試直前講習ラスト

今日は高校入試直前講習のラストの日でした。1月27日から毎週日曜日を使って全6回。皆よく頑張ったと思います。

一人ひとりに対し、合格水準に達するだけのものはすべて伝えたつもりです。あとは、それらを十分消化、吸収して本番に活かせれば、必ず良い結果が得られます。

入試まであと数日ですが、最後の最後までできるだけのことをやって、当日を迎えてください。良い報告を待っています。

20160709104743

2019年3月 2日 (土)

ルサンチマンについて

「ルサンチマン」とは、簡単に言うと、「弱者が強者に対して持つ恨みや妬み」のことです。哲学者のニーチェがよく用いた語として知られています。

ルサンチマンに陥ってしまうと、思考が悪い方、悪い方へと向かっていき、無力な自分を正当化したり、あるいは強者を一方的に悪者にしたりして、陰謀論や過激な思想に染まりやすくなります。ひどい場合は、自傷行為や過激な運動に身を投じることにもなりかねません。

ニーチェはルサンチマンに陥ることを避けるためにささやかなことに喜びを感じること、価値観を転換させることの必要性を訴えました。

恨みや妬みを逆にパワーに変えたり、思考を柔軟に保つなどして、健全にルサンチマンを解消できるようにしたいものです。

Nietzsche1882

2019年3月 1日 (金)

移民政策考

日本の将来の姿を大きく変えるかもしれない法律が4月から施行されます。外国人労働者受け入れのドアを大きく広げる改正出入国管理法です。

この法律には重大な問題点があります。まず、どんな技能を持った人を、どの業界に何人受け入れるのか、具体的な中身が詰められていないこと。もう一つ大きな問題点は、日本で生活する外国人を社会に受け入れる方策を法律に明記せず、力を入れているように見えないことです。

ヨーロッパの移民政策が失敗だったことが明かになり、移民国家であるアメリカにおいてさえも様々な弊害が起きているというのに、日本において同じようなことを行おうとする意味がわかりません。

少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少を安い外国人労働者で補おうというのでしょうが、外国人労働者の受け入れにはもっと慎重でなければなりません。治安の悪化や賃金の低下など、リアルにかつ具体的に、デメリットのことを考えるべきです。

「外国人労働者の受け入れ」という名のもと、事実上の移民政策を進めることには懸念しかありません。規制というのは弱者のためにあるのです。規制緩和にも限度というものがある。日本に新自由主義は馴染みません。

 

 

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »