« 我々の手腕が問われている | トップページ | 数検5級満点合格 »

2018年11月 2日 (金)

議事堂と近代日本の政治

986c2893b2703ab4d981c3b69b889784_4 写真に関連して、これは、1938年に大日本帝国憲法発布50周年を記念して議会内につくられた銅像で、議会の発展に寄与した政治家3人の像である。四隅におかれた4つの台座に対して銅像が3体しかない理由については、その真相は判明していないが、これら3体の銅像になっている政治家の名前として誤っているものを、次の①~④のうちから一つ選べ。(2009年 歴検日本史2級)
① 大久保利通  ② 伊藤博文
③ 板垣退助     ④ 大隈重信

修学旅行で国会議事堂を訪れると、地元の代議士が案内してくれて、「4人目になるのは○○(たいてい自分)」というのがお決まりのギャグになっていますね。それはともかく、①の大久保利通は議会開設前の1878年に暗殺されています(紀尾井坂の変)。

解答 ①

« 我々の手腕が問われている | トップページ | 数検5級満点合格 »

学問・資格」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議事堂と近代日本の政治:

« 我々の手腕が問われている | トップページ | 数検5級満点合格 »