« 現実をはっきり伝える | トップページ | 学力テストのキャッチコピー »

2018年10月12日 (金)

拠りどころ

強くなければ生きていけない、優しくなければ生きている資格がない。

これは、レイモンド・チャンドラーが生み出したハードボイルド小説の探偵、フィリップ・マーロウの有名なセリフです。

非常に説得力のあるセリフですが、同時に、その強さ、優しさの拠りどころとなるものは、他人や組織、物であっては絶対にいけないとも思います。

人は心変わりするものですし、組織にも組織の都合があります。また、形あるものはいつか必ず壊れます。このように極めて不確かなものを自分の核にすべきではありません。

他人や組織や物を拠りどころにしていると、必要以上にストレスを感じ、きっと強くも優しくもなれないでしょう。ひどい場合は、それが失われたときに自死を選んでしまうということにもなりかねない。己の拠って立つところは、あくまで自分自身に立脚したものでなければなりません。

 

 

 

 

« 現実をはっきり伝える | トップページ | 学力テストのキャッチコピー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拠りどころ:

« 現実をはっきり伝える | トップページ | 学力テストのキャッチコピー »