« 今さらながらビリギャル考 | トップページ | 子どもじゃないのにお菓子をもらう »

2018年10月28日 (日)

塾っぽっくない塾を志向する気持ちは私にはありません

塾っぽっくない塾を志向する気持ちは私にはありません。

外観とか内装とか塾名とか、本質とは異なるところで個性を出してもしかたがないと思います。塾はオシャレと無縁でよいとまでは言いませんが、それよりも、一発で塾だとわかることや、周りに気をとられることなく落ち着いて勉強できる環境とかの方がずっと大切です。

私が教えているというのが、他には絶対まねのできない最大の個性です。ですから、元々センスがないというのもありますが、見た目だとかスタイリッシュさだとか、そういう部分で目立とうとは思わないのです。

結局、家のカレーが一番美味いように、オーソドックスが一番強い。塾らしい塾。大いに結構だと私は思います。

« 今さらながらビリギャル考 | トップページ | 子どもじゃないのにお菓子をもらう »

塾での日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塾っぽっくない塾を志向する気持ちは私にはありません:

« 今さらながらビリギャル考 | トップページ | 子どもじゃないのにお菓子をもらう »