« 岩手銀行赤レンガ館で「ゴルゴ13」展 | トップページ | 永遠の男の憧れ »

2018年7月31日 (火)

またか

国内のアマチュアボクシングを統括する日本ボクシング連盟(山根明会長)が、日本スポーツ振興センター(JSC)からオリンピック強化選手ら個人に支給される助成金を不適切に使っていたことがわかりました。

関係者によると、2015年度分の助成で、16年リオデジャネイロ五輪代表の成松大介選手(28)の口座に240万円が振り込まれましたが、成松選手は山根会長から別の2選手にも分配するように命じられ、それぞれの口座に80万円ずつ振り込んだという。

その後、成松選手は東京の同連盟事務所に呼ばれ、副会長と理事の2人から「人に言わないで」「(助成金は)何に使ってもいい。女に全部やってもいい」「自分の意思で分けてやったということにしてほしい」「会長の命令でやったとなるとおかしくなる。本来の趣旨と違うとなり(助成金が)セーブされる」などと言われたという。

スポーツの世界くらい清廉潔白であってほしいものですが、どの競技もそうはいかないようですね。

 

 

« 岩手銀行赤レンガ館で「ゴルゴ13」展 | トップページ | 永遠の男の憧れ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またか:

« 岩手銀行赤レンガ館で「ゴルゴ13」展 | トップページ | 永遠の男の憧れ »