« 名を捨てて実を取る | トップページ | セレンディピティ »

2018年6月30日 (土)

伝統とは

一関一高は今年創立120年を迎えた、県内屈指の伝統校です。

ところで、伝統とは何でしょうか。実績と次代に伝えていくべき何か。これらがなければ、伝統があるとは言えないのではないでしょうか。

巨人から阪神にトレードされた小林繁氏は、阪神のチームメイトの前で、「巨人には伝統があるが、阪神に伝統はない。ただ古いだけだ」と発言したそうです。強烈なセリフではありますが、一理あると思います。

一高にはこれからも伝統校であってもらいたい。ただ古いだけの学校にはなってほしくない。OBの一人としてそう願います。

« 名を捨てて実を取る | トップページ | セレンディピティ »

一関関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伝統とは:

« 名を捨てて実を取る | トップページ | セレンディピティ »