« 個性が死んじゃう | トップページ | 自戒を込めて »

2017年11月21日 (火)

直前期に暗記に走るのは失敗するパターンです

中学生も高校生も同じですが、教科によって比率が異なるとはいえ、理解する部分と暗記する部分が必ず出てきます。

まずは暗記しなければいけない部分を明確にしましょう。数学であれば公式、英語であれば単語、国語であれば漢字といった具合にです。このように、その時々のテスト範囲において暗記しなければいけないことを早いうちに洗い出しておきましょう。

暗記というのは机に向かわずとも、通学中などに少しずつ行うこともできます。まとまった勉強時間では「理解」の方に時間を割くために、暗記しなければいけないものは隙間時間に覚えるような工夫をしておくと効率的です。

入試もそうですが、直前期に暗記に走るのは失敗するパターンです。覚えなければいけないものは普段から覚えるようにし、テスト前は問題演習や弱点の克服などに多くの時間をかけられるようにしていきましょう。

« 個性が死んじゃう | トップページ | 自戒を込めて »

一関関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 直前期に暗記に走るのは失敗するパターンです:

« 個性が死んじゃう | トップページ | 自戒を込めて »