« かけ算九九について | トップページ | 中学校に勤めていた頃の生徒のお母さんに声をかけていただきました »

2017年10月10日 (火)

生誕80年 森本草介展

先日、一関市博物館に「生誕80年 森本草介展」を見に行ってきました。

森本草介は少年期のおよそ6年間を一関で過ごした洋画家です。“敬虔なる写実”と称されるその作品群は見事でした。

Itinoseki201709
優れた芸術作品というのは永遠を感じさせるものです。最も美しい瞬間を切り取り、永遠にそこに留める。いわば、時が止まったような感覚。有限な時間を生きている我々は、心のどこかで永遠なるものを求めているのかもしれません。

時間よ止まれ、おまえは美しい。

« かけ算九九について | トップページ | 中学校に勤めていた頃の生徒のお母さんに声をかけていただきました »

文化・芸術」カテゴリの記事

一関関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生誕80年 森本草介展:

« かけ算九九について | トップページ | 中学校に勤めていた頃の生徒のお母さんに声をかけていただきました »