« あえて「ノイズ」に触れる | トップページ | 3つの気質 »

2017年10月 2日 (月)

カタルーニャ独立?

ボーダレス化は一方でボーダーを強く意識させるという面があります。昨今のローカリズムの台頭はこのことを証明しているといえるでしょう。

複合民族国家であるスペインには国内にも「国境」が存在します。したがって、スペインでは、国民的娯楽であるフットボールにイデオロギーが色濃く投影され、それにより、リーガエスパニョーラは他の国にはない熱狂の渦を生み出してきました。たとえば、レアル・マドリードはカスティーリャ、バルセロナはカタルーニャ、アスレティック・ビルバオやレアル・ソシエダはバスク、デポルティボ・ラコルーニャやセルタはガリシアという言語も文化も異なる地域の想いを背負い戦っているのです。

1日に行われたスペイン・カタルーニャ州の独立を問う住民投票について、州政府は「独立賛成」が9割を占めたと発表しました。一方、スペイン政府は投票自体を認めていません。

これまでリーガの存在は民族主義を安定させる方策の一つとして機能してきました。世界的潮流となりつつあるローカリズムの波を止めることはもう誰にもできないのでしょうか。

4e1118b5

« あえて「ノイズ」に触れる | トップページ | 3つの気質 »

スポーツ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カタルーニャ独立?:

« あえて「ノイズ」に触れる | トップページ | 3つの気質 »