« センター試験と歴検2級② | トップページ | 中3学力テスト&小6三者面談 »

2017年10月15日 (日)

『空気の底』

手塚治虫作品に、『空気の底』という連作短編集があります。手塚先生が精神的にきつい時期に描かれたせいか、暗い結末の作品が多い。しかし、それがいいのです。

古代ギリシャの哲学者アリストテレスが説いたように、悲劇の本質はカタルシスにあります。救いのない結末によって逆に我々は救われているのです。

昨日放送された『世にも奇妙な物語2017秋』の中に、『空気の底』の中の一編「夜の声」がありました。それなりにおもしろかったのですが、できれば原作にもっと忠実にしてほしかったというのが率直な感想です。特に結末がややわかりにくいように感じました。

それにしても、約50年前の作品が今も通用する。手塚先生はやはり偉大です。

00640csi

« センター試験と歴検2級② | トップページ | 中3学力テスト&小6三者面談 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『空気の底』:

« センター試験と歴検2級② | トップページ | 中3学力テスト&小6三者面談 »