« 記憶力に乏しいらしい | トップページ | 現代にも残る御成敗式目 »

2017年8月 3日 (木)

愚者は経験に学び、賢者は歴史から学ぶ

愚者は経験に学び、賢者は歴史から学ぶ。

これはドイツの鉄血宰相・ビスマルクの言葉です。愚か者は学ぶことなく行動し、その結果失敗して初めて間違いを知るが、賢明な者は先人の知恵及び知識から予め言動の是非を知り、実際に行動する際には失敗しない。

自分からどんどん行動し、そこから学ぶこともできますが、歴史(他人の経験)から学べば、余計な失敗をしないで済みます。結果的に、成功までの時間を短縮することにもなるでしょう。

「他人の経験」をいかに自分の糧とできるか。歴史から学ぶというのはそういうことだと思います。「自分の経験」からしか学ばない、あるいは、学べない愚者にはなりたくないものです。いい年をして、自分の武勇伝ばかりを自慢げに語るような人になったら終わりだと思います。

Bf7d5d85d385a5e6c85270a63ecb470b

« 記憶力に乏しいらしい | トップページ | 現代にも残る御成敗式目 »

学問・資格」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愚者は経験に学び、賢者は歴史から学ぶ:

« 記憶力に乏しいらしい | トップページ | 現代にも残る御成敗式目 »