« 日本はなぜユダヤ人を助けたのか | トップページ | some と several の違い »

2017年7月17日 (月)

勝負はその先

「この人勉強してるなあ」と感じられる人に惹かれます。勉強してる人は前向きですし、未来に向かって生きているオーラが出まくっているからです。直接にしろ間接にしろ、そういう人と出会うためには、自分も常に勉強していなければなりません。

自分が考えること以上のことは実現できないのですから、もっと頭が良くなりたいですし、いくつになっても、当人さえその気なら成長できると思います。

仕事を一生懸命やるなんて当たり前です。それすらクリアーできていないのでは話になりません。勝負はその先。

勉強して行動する。その総量こそが未来への可能性。勉強もしなければ行動もしなくなったら、この仕事をする資格はないですし、人間としてもおしまい。私はそんな風に考えています。

« 日本はなぜユダヤ人を助けたのか | トップページ | some と several の違い »

塾での日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝負はその先:

« 日本はなぜユダヤ人を助けたのか | トップページ | some と several の違い »