« 小学生学力テスト実施のお知らせ | トップページ | 加藤一二三九段の特番を観て »

2017年7月 1日 (土)

帝国のたどる運命

ローマ帝国の領土は広大でした。今のイタリアを中心に、西ヨーロッパ、北アフリカ、中東諸国までを支配下に置きました。

しかし、その広い領土を維持するには多額の軍事費がかかります。そのため、増税を繰り返し、結果、経済が活力を失いました。軍事費が減れば、当然、各地の反乱や異民族の侵入に対処できません。こうしてローマ帝国は疲弊し、崩壊していきました。

歴史をみればわかるように、広大な領土を保有した帝国はすべて同じ運命をたどることになります。例外はありません。

地球規模のレベルでなくとも同じことが言えると思います。男のロマンもよいかもしれませんが、安易なエクスパンションは避けるべき。少なくとも私はそう考えています。

« 小学生学力テスト実施のお知らせ | トップページ | 加藤一二三九段の特番を観て »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帝国のたどる運命:

« 小学生学力テスト実施のお知らせ | トップページ | 加藤一二三九段の特番を観て »