« 勝負はその先 | トップページ | 貴重な存在 »

2017年7月18日 (火)

some と several の違い

some と several の違いがわかりますか。

辞書で調べると、おそらくどちらも「いくつかの」といった意味が出てくるかと思います。 ほとんど同じ意味なのに、なぜ some と several の両方が存在しているのか、その微妙な違いとは何なのでしょうか。

・ some ・・・ 正確な数はわからない(または数える必要がない)が「いくつかの」

・ several ・・・ 正確な数のめどがついていて、それがa few (2~3)よりは大きい数だが、たくさんとも言いがたい「いくつかの」

なお、 some は可算名詞(数えられるもの)にも不可算名詞(数えられないもの)にも使えますが、 several は可算名詞にしか使えません。

違いは以上ですが、自信がないときは some を使った方が無難です。ぜひ覚えておきましょう。

« 勝負はその先 | トップページ | 貴重な存在 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: some と several の違い:

« 勝負はその先 | トップページ | 貴重な存在 »