« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

勉強しても偏差値が上がらない期間にモチベーションを保つコツ

B0118096_7204974 偏差値、特に国語、数学、英語のそれは一直線ではなく階段状に上がる傾向があります。つまり、一生懸命に勉強しても、偏差値が変わらない状態が続き、突然大幅に偏差値が上がり、また上がらない状態が続く。

勉強しても偏差値が上がらない期間にモチベーションを保つことが大切です。前に進んでることだけは間違いないのですから、決してやめてはいけません。

入試を目標にするだけでは、長期間モチベーションを保たせることは難しいと思います。そこで、志望校合格という大きな目標だけでなく、達成可能な小さな目標を設定するようにしましょう。人は達成可能な目標であれば本能として達成しようとするものです。そして、小さな目標でも達成できれば嬉しい。

小さな目標でも、達成できれば自信がついてきます。自信が持てるようになると、次の目標にもチャレンジする気持ちになります。その繰り返しが、偏差値が上がる時期までモチベーションを高く保つことを可能にします。

 

2017年7月30日 (日)

今日から夏期講習が始まります

今日から一関学習塾の夏期講習が始まります。

夏の頑張りは秋以降の「実り」に影響します。参加される皆さん、一緒に頑張りましょう!!

2017年7月29日 (土)

恐竜の色

昨日、金曜ロードショーで『ジュラシックパーク』が放送されました。

6500万年前までこの地球上を支配していた恐竜。博物館や図鑑などで色鮮やかな恐竜の姿を目にすることができますが、実は恐竜の色は想像でつけられています。

昔、『世界ふしぎ発見!』で出題されたとき、いい問題だなぁと思ったことを覚えています。たしかに化石からは姿を知ることはできても、色を知ることはできませんものね。

20130601203107_2 

2017年7月28日 (金)

見込みあり

多少古いことでも話が通じる子は見込みがある。

2017年7月27日 (木)

多様化の時代には

受け手の態度、受け手の感性が問われる。多様化の時代には。

2017年7月26日 (水)

クリームボックス

一関のファミマにもクリームボックスってあるんだね。

65e64f6d

2017年7月25日 (火)

邪馬台国論争の意味

邪馬台国は九州にあったのか畿内にあったのか。昔から議論されている問題ですが、いまだに決着がついていません。邪馬台国がどこにあったかはなぜそんなに重要なのでしょうか。

九州説をとれば、3世紀には北九州を中心とする小規模な統合体が生まれていた程度で、広範な統一はこれ以後ということになります。一方、畿内説をとれば、3世紀には西日本全体に及ぶ広域な政治連合が成立していたことになり(当時の大陸に渡るルートは北九州から対馬を経由するルートしかなかったため)、のちのヤマト政権につながることになります。

つまり、邪馬台国が九州にあったか畿内にあったかで、ヤマト政権による統一の時期が異なってくる。だから、邪馬台国がどこにあったかは重要なのです。

St1

2017年7月24日 (月)

アンチがいるのは

アンチがいるのは人気がある証拠。気にする必要はない。

2017年7月23日 (日)

12歳の頃の友人

映画『STAND BY ME』のラストシーンで、「12歳の頃の友人に勝る友人をもったことがない」というセリフが出てきます。感じ方は人によって様々かもしれませんが、私は本当にその通りだと思います。

青年期以降の友人関係には、好むと好まざるとに関わらず、どうしても打算がつきまとってしまうもの。本当に腹を割って話せる友人は、あの頃の友人を置いて他にいません。

私にとっても、12歳の頃の友人を越える友人が現れることはないでしょう。もう二度と。

O0580032111166955601_2

2017年7月22日 (土)

『パワーレンジャー』

映画『パワーレンジャー』が公開中です。もちろん元ネタは日本のスーパー戦隊シリーズ。

『パワーレンジャー』が放送を開始した1990年代前半のアメリカは、子供向け番組と言えばアニメしかありませんでした。そのため、実写映像でヒーローが活躍する番組自体が非常に新鮮で、放送開始当初から大ヒットしました。それは、10歳以下の子供の番組認知度が90%を超えるほどの高い人気でした。

政治家がスピーチにパワーレンジャーを呼んだり、おもちゃが入手困難になったりするなど、社会現象にも。その勢いはとどまるところを知らず、現在は、世界160カ国で放送されるようになっており、アメリカだけでなく、世界的にも人気の高い作品となっています。

石ノ森章太郎先生はさすがですね。

Hqdefault

2017年7月21日 (金)

知的であることと上機嫌であることの両立は可能だ

若いときには誰でも、『罪と罰』のラスコリニコフのような不機嫌な時期があるのではないでしょうか。少なくとも私はそうでした。

「知的な人は不機嫌である」というイメージがありますが、必ずしもそうだとは言い切れません。いやむしろ、本当に優れている人は他人に好印象を与える場合がほとんど。知的であることと上機嫌であることの両立は十分可能だと思います。

無意味なシャイさ、無意味な不機嫌さが成長を妨げているのだ。あの頃の私に会えたなら、そう言ってやりたい気分です。

2017年7月20日 (木)

ジャミラ

やさしい麦茶のCMで女の子が歌っている歌詞。

ママの怒った顔はシーサーに似ている

ジャミラの時もある

今の人たちにジャミラがどれだけ通じるか微妙なところですが、私的にはとても懐かしい。子どもの頃、風呂に入る前とかによくまねしたものです。

Bde2cea253c53497720ee32a998df8fce14

2017年7月19日 (水)

貴重な存在

男女問わず、年齢問わず、自分にはない発想をくれる人は貴重だ。

2017年7月18日 (火)

some と several の違い

some と several の違いがわかりますか。

辞書で調べると、おそらくどちらも「いくつかの」といった意味が出てくるかと思います。 ほとんど同じ意味なのに、なぜ some と several の両方が存在しているのか、その微妙な違いとは何なのでしょうか。

・ some ・・・ 正確な数はわからない(または数える必要がない)が「いくつかの」

・ several ・・・ 正確な数のめどがついていて、それがa few (2~3)よりは大きい数だが、たくさんとも言いがたい「いくつかの」

なお、 some は可算名詞(数えられるもの)にも不可算名詞(数えられないもの)にも使えますが、 several は可算名詞にしか使えません。

違いは以上ですが、自信がないときは some を使った方が無難です。ぜひ覚えておきましょう。

2017年7月17日 (月)

「鱗」

歌手・秦基博と漫画家・あだち充のコラボレーションによる「鱗」のスペシャルミュージックビデオが公開されました。MVはあだち充の人気マンガ『タッチ』とその26年後の物語を描いた『MIX』のコマ素材を提供する形で構成されています。

今、夏の甲子園予選が各地で行われていますが、『タッチ』と甲子園は切っても切り離せません。作者のあだち充さんは、あるインタビューで、上杉和也の死が「既定路線」だったことを告白していますが、言われてみれば、マンガのタイトルは『タッチ』。納得です。和也の死はタイトルにすでに暗示されていたんですね。

2017年7月16日 (日)

日本はなぜユダヤ人を助けたのか

17日に一関市大町のなのはなプラザで、リトアニア出身の女性を迎え、「ふれあい交流の夕べ2017」が開かれます。

リトアニアは第二次世界大戦中、外交官の杉原千畝がナチス・ドイツの迫害からユダヤ人を救うため、日本へのビザを発行した地として知られています。

ところで、日本はなぜユダヤ人を助けたのでしょうか。それは、日本が日露戦争の戦費調達のため、海外市場で国債を買ってもらおうとした際、ほとんど誰も相手にしてくれない中、ニューヨークのユダヤ系金融資本が多くの国債を買ってくれたからです。

日本がロシアに勝てるわけがないと思われているところで、いわゆる「ポグロム」で多くの仲間を失ったユダヤ人が日本を応援してくれた。このことから日本はユダヤ人に強い恩義を感じていたのです。

2017年7月15日 (土)

附中を目指す小学生、テスト中

一関一高附属中学校を目指す小学生、テスト中。その意識の高さ。素晴らしい。

SimSim_2

2017年7月14日 (金)

コウモリも

コウモリも暑いらしい。

170712_152650

2017年7月13日 (木)

ネット上で何かを発信する際には

最近、某女優がツイッターアカウントを開設。ファンから歓迎されている一方、これまで投稿された「痛すぎる」ツイートに戸惑っている人も多い、というニュースを見ました。

SNSを「バカ発見器」と呼ぶ人もいます。きつい言い方ですが、たしかに一理あると思います。

ネット上で何かを発信する際には、内容はもちろんのこと、文体にも気を配りたいものですね。

2017年7月12日 (水)

「ヒューマニズム」について

「ヒューマニズム」には、次の3つの意味があります。

1 人文主義。古典的教養に人間の理想像を求め、人間形成をはかる立場。

2 人道主義。人間性を尊重して、人類の普遍的な幸福を求める態度。

3 人間中心主義。人間本位の思想。

「ヒューマニズム」が評論に登場する場合、3の意味であることが多く、それは批判の対象になりやすい、ということをぜひ覚えておきましょう。

近代的な人間観によれば、人間とは理性を持つ存在のことであり、その意味で他の動物とはっきり区別されます。理性を正しく用いさえすれば、どんな問題でも解決できるのだという考えに基づいて、人間を頂点とするヒエラルキーが形成されていきました。こうして人間中心主義的な思想が近代の主流となっていったのです。

なお、「ヒューマニズム」には、どの意味においても、必然的に何かを排除してしまうおそれがあることにも注意が必要です。

 

2017年7月11日 (火)

宗像・沖ノ島、世界遺産に

ユネスコの世界遺産委員会で日本が推薦していた福岡県の「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」は8つの構成資産すべてが世界文化遺産に登録されることが決まりました。

沖ノ島では、古代から現代に至るまで、宗像大社の神職が国家の安寧を祈る祭祀を続けています。海水での禊は真冬であっても欠かすことはありません。

一般の人の入島は厳しく制限されており、一木一草一石たりとて持ち出してはいけないという掟は世界遺産に登録されたとしても絶対に変わることはないでしょう。近年は、世界遺産登録=観光地化の流れが加速していますが、沖ノ島は「立ち入ることができない世界遺産」という稀有な存在となるのです。

Aba4c435sl

2017年7月10日 (月)

日中・日ソ関係

問 下線部(日中・日ソ関係)に関連して、中国あるいはソ連との関係について述べた文として誤っているものを、次の①~④のうちから一つ選べ。(2004年 日本史1級)
① 1951年、日本が連合国48カ国との講和を実現したサンフランシスコ講和会議の際、中華民国政府を支持するアメリカと、すでに中華人民共和国政府を承認していたソ連との意見が対立し、中国の両政府とも、会議には招請されなかった。
② 1956年に調印された日ソ共同宣言では、平和条約締結の交渉を継承する、条約締結後に歯舞群島・色丹島を日本に返還する、という合意が形成されたが、そののち両国は領土問題などで対立し、日ソ間位は結局、平和条約は締結されなかった。
③ 1972年、ニクソン大統領の訪中後、田中角栄首相が訪中して日中共同声明を発表した。この共同声明には、戦争状態の終結と日中国交の正常化などが規定され、日中間の戦後処理には一応の決着がつけられた。
④ 1978年になってようやく日中平和友好条約が成立した。日中共同声明の発表から平和友好条約調印までに長い時間を要したのは、いわゆる「覇権条項」をめぐって、日本と中華人民共和国との見解が対立したからである。

サンフランシスコ講和会議に中華民国、中華人民共和国いずれの政府も招かれなかったのは、中華民国政府を支持するアメリカと、すでに中華人民共和国政府を承認していたイギリスの意見が対立したから。

難問の部類に入ると思いますが、歴検では繰り返し出題されているポイントなので押さえておきたいところです。難関大入試もそうですが、戦後も手を抜いてはいけません。

解答 ①

2017年7月 9日 (日)

十年以上続けられれば

かつて遠藤周作さんは「作家になりたかったら、毎日三時間、十年間書き続けていればなれる」と述べましたが、これは有益かつ示唆に富むアドバイスだと思います。

何か一つのことを十年以上続けられるというのは才能がある証拠です。普通は、飽きてしまったり、周りがそれを許さなかったり、様々な事情で十年も続けることはできないもの。

才能とは一瞬のきらめきのようなものだと思われがちですが、そうではありません。続けられるということ。それこそが才能そのものなのです。

2017年7月 8日 (土)

はかる

「はかる」という言葉には色々な漢字と使い方があるため、どれを使えばよいか迷うことがあります。なかでも迷うのが、「計る」「測る」「量る」の使い分けではないでしょうか。

「計る」は、時間や度合いを調べることです。また、数えて考えたり見積もるときにも使います。「時計」や「計画」という熟語から連想しましょう。

「測る」は、長さや深さ、高さなどを調べることです。また、能力などを調べるときにも使います。「測定」という熟語から連想すると、対象がわかりやすいかと思います。

「量る」は、重さや体積を調べることです。また、相手の気持ちを推測するときにも使います。「計量」や「推量」という熟語から連想するとよいでしょう。

原則はこういうことですが、それでも迷うものはあります。日本語って難しいですね。

2017年7月 7日 (金)

ついきゅう

「ついきゅう」には、「追求」と「追及」と「追究」があります。それぞれどういう意味なのでしょうか。

国語辞典によると、

「追求」=手に入れようとしてねばり強く追い求めること。

「追究」=(学問的に)不確かなことや不明なことをどこまでも探究すること。深く考えきわめること。

「追及」=責任・欠点などをどこまでも追いつめること。

という意味のようです。

「追求」は理想や幸福、利益など、「追究」は真理や謎など、「追及」は犯人や責任などに対して使うと、押さえておきましょう。「きゅう」に使われる感じの意味から判断してもよいかもしれませんね。

 

2017年7月 6日 (木)

不安やプレッシャーは自分が作り出す

不安やプレッシャーは自分が作り出す。平常心を保ちたい。それが難しいのだけれど。

2017年7月 5日 (水)

体が資本

急に雨が降ってきた帰り、塾から駐車場まで走ることがあります。たいした距離ではないのに結構疲れる。自分でも愕然とします。

運動をする体力はなくなったかもしれませんが、一つのことを集中的に考えたり、講習を乗り切るパワーはまだあります。

我々のような仕事でも、やはり体が資本だなぁと感じる今日この頃です。

2017年7月 4日 (火)

大人の学習のメリット

私と同様、歴検の新しい問題集に原稿を寄せた H さんは日本史と世界史の両方を学習することをすすめておられますが、できるならそうした方がよいことは言うまでもありません。

日本史にも「世界の中の日本」という視点が入っていますが、世界史を学習することで、より日本を相対化したり、国際情勢への理解を深めたり、ニュースの本質をつかめるようになると思うからです。

私も意識して、世界史関連の本を読むようにしています。世界史に関しては専門というわけではないので新たに知ることも多く、楽しめています。

しかし、世界史を受験するかどうかとなると、それはまた別の話。大人の学習のメリットの一つは試験に縛られる必要がないということです。ハードルをあまり高く設定せず、まずは気楽に始める。やりたくなったらやればいいし、やりたくなければやらなくてもよい。そのくらいのスタンスで十分だと思います。

2017年7月 3日 (月)

受験生の三者面談が終わりました

昨日、受験生を対象とした三者面談が終了しました。

中学受験、高校受験、大学受験を控えているご家庭の皆様、お忙しい中、時間を割いていただき、ありがとうございました!

生徒の皆さん、目標達成に向け、高い意識を持って頑張っていきましょう!

なお、塾生全員を対象とした面談は冬休み前に予定しています。その際には、またご協力をお願いします。

2017年7月 2日 (日)

加藤一二三九段の特番を観て

現役を引退された加藤一二三九段の特番をテレビで観ました。

史上最年少でプロ棋士となり、「神武以来の天才」と称された加藤九段。18歳でのA級八段、通算1180敗の最多敗戦の記録(それだけ長く活躍したという証)はおそらく破られることはないでしょう。

名人位まで獲得した棋士がC級2組で指すというのは、東の正横綱までなった力士が十両で相撲を取るようなもので、普通ありえません。

番組の中でご本人が「生きがい」という言葉を使っていらっしゃいましたが、加藤九段ほど将棋を愛している人はいないのではないか。番組を見てそう感じました。

R_3

2017年7月 1日 (土)

帝国のたどる運命

ローマ帝国の領土は広大でした。今のイタリアを中心に、西ヨーロッパ、北アフリカ、中東諸国までを支配下に置きました。

しかし、その広い領土を維持するには多額の軍事費がかかります。そのため、増税を繰り返し、結果、経済が活力を失いました。軍事費が減れば、当然、各地の反乱や異民族の侵入に対処できません。こうしてローマ帝国は疲弊し、崩壊していきました。

歴史をみればわかるように、広大な領土を保有した帝国はすべて同じ運命をたどることになります。例外はありません。

地球規模のレベルでなくとも同じことが言えると思います。男のロマンもよいかもしれませんが、安易なエクスパンションは避けるべき。少なくとも私はそう考えています。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »