« 近年の新書について | トップページ | 筑駒生、岩手へ »

2017年5月17日 (水)

かなりすごいこと

一関市は、素粒子物理学の国際的な発展に大きな役割を果たしていくILC(国際リニアコライダー)の誘致に力を入れています。

世界の最先端をいく研究成果が一関市を含む東北から生み出されていくことになれば、国際的な学術研究拠点となって、世界各国から多くの研究者がこの地域に常駐することが予想されます。

また、ILCは新材料、超精密加工、超伝導技術など極限技術を駆使してつくります。それらの技術は、IT、バイオテクノロジー、ナノテクノロジー、医療、環境などのさまざまな先端的研究分野にも応用可能であることから、新たな産業の創出や関連産業の立地などを通じて、地域の経済活性化につながっていくことでしょう。

もし誘致に成功したら、かなりすごいことです。素粒子物理学は素人には難しいですが、私を含め、一関市民一人ひとりがもっと関心を持つことが大切だと思います。

1b690009


« 近年の新書について | トップページ | 筑駒生、岩手へ »

学問・資格」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

一関関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かなりすごいこと:

« 近年の新書について | トップページ | 筑駒生、岩手へ »