« 理系の視点を | トップページ | テスト勉強のやり方 »

2017年4月25日 (火)

反・反知性主義

エリートのみが知識を独占していた時代、反知性主義には一定の意味がありました。しかし、これだけ情報化が進み、大学が大衆化した現代において、反知性主義は危うい態度だと言わざるを得ません。

たしかに、YesかNoかといった二者択一や、理屈抜きの好きか嫌いかといった話はわかりやすいのかもしれません。しかし、あまりにも素朴な感情論や主観的な物の見方に重きを置く人々が多数となると、国全体が排外主義やエスノセントリズムの方向へと走ってしまいます。

もちろん科学や論理も万能ではありませんが、これらを必要以上に敬遠したり軽視するべきではありません。反知性主義の広まりは世界的な右傾化傾向と無関係ではない。私にはそう思えるのです。

« 理系の視点を | トップページ | テスト勉強のやり方 »

学問・資格」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反・反知性主義:

« 理系の視点を | トップページ | テスト勉強のやり方 »