« 私の仕事 | トップページ | NASAの発表 »

2017年4月13日 (木)

大学入試でみる自民党

今年の関西学院大学全学部入試日本史で、次のような問題が出題されました。

10 下線部 l (自由民主党)に関する記述として誤っているものを下記より選びなさい。
   なお、すべて正しい場合は「エ」をマークしなさい。
ア 田中角栄内閣はロッキード事件が発覚して退陣に追い込まれ、後継には三木武夫が就任した。
イ 竹下昇内閣はリクルート事件の疑惑の中で退陣し、後継首相の宇野宗佑も参院選の敗北によりわずか2ヶ月で退陣した。
ウ 新政党などに分裂した直後の衆院選で自由民主党は過半数割れして宮沢喜一内閣は退陣し、非自民8党派の連立政権が成立し、日本新党の細川護熙が首相となった。

田中角栄退陣の原因はロッキード事件ではなく金脈問題。ロッキード事件が発覚したのは退陣後。よくあるワナなので気をつけましょう。

解答 ア

Cze1ououuaauykr

« 私の仕事 | トップページ | NASAの発表 »

学問・資格」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学入試でみる自民党:

« 私の仕事 | トップページ | NASAの発表 »